イベント企画会社の集客戦略。自社の強みを伝え、他社に勝つための方法

イベント企画会社の集客戦略。自社の強みを伝え、他社に勝つための方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

イベント企画会社の集客の第一歩は、ユーザー企業を知ることから

イベント担当者の悩み・状況

  • 会社の方針で大きなプロジェクトの核となるイベントを開催することになった
  • イベントを成功させて新たな顧客を生み出したい
  • そもそもイベントって何から始めたらいいのかわならない

担当者のイベント運営経験があるかないかによって相談内容は違います。どちらにしても、イベント自体の運営を任せて自分たちはクロージング(成果出し)に専念したいと考えているので、運営をしっかり任せられる会社を探しています。

ユーザーのイベント会社の選び方は、Webサイトからどういう業種を扱っているかを確認し、自分たちの目指す目的を達成できる内容が期待できるか?過去実施のイベントを見るなどして判断されます。

イベント企画をする際に、ユーザーが最初に考えること

ユーザーが最初に考えるのは、そのイベント企画の目標・成果です。

何事にも目指す目標が決まらなければ適切な計画は考えられません。目的を達成させるためには自社にとって最適なイベント運営を目指し、その一つの選択肢としてイベント会社を真剣に考えます。

その時にイベント会社がユーザーに対して示すのは、イベント運営の流れを明確にし、担当者の頭の中を整理できるようにしておくこと。

  • 当日必要なもの、動員数
  • 当日前のアプローチ
  • 告知期間、手法
  • 告知に必要なもの
  • トータルでかかる予算
  • 企画・立案

目標達成までの道筋ができ、効果が見込めるか判断した結果、発注へとつながります。項目の全てではなくともほぼ不安が解消できる、あるいはできそうだという期待感がなければ新規の発注は増えません。

イベント会社はこんなポイントでユーザーに選ばれる

全国規模の大手会社、地域密着の会社、専門分野に特化した会社など、実施するイベントの特性に応じて判断されます。多くの場合一般の企業がイベント企画会社への依頼を考えるのは「展示会への参加」「セミナー開催」のシーンが多いので、この2つをもとに選ばれるポイントを解説します。

展示会へ参加するユーザーの選び方

展示会の場合ユーザーが紹介したいと思っている商品の、イメージに合う提案ができるかどうかにかかっています。名前の通り「展示」をするわけですから、ポイントはブースの作り方や商品の魅せ方。

イベント会社にお願いするということは、特に、場の作成を期待されていることほとんどです。ユーザーは一件のプロモーションにつき明確な成果目標はあれど、ブースについては漠然としたイメージを持っている場合があります。

イベント会社として、ユーザーが「これなら上手くいきそうだ!」と漠然としたイメージが固まる具体的な提案をしましょう。場の作成だけでなく展示会全体の流れを理解し、立ち上げから展示会後のアフターフォローまで提案できれば文句なく選ばれるはずです。

セミナー開催するユーザーの選び方

セミナー開催は集客のお手伝いから必要とされるケースと、運営に関してだけを求められるケースの大きく2つのタイプにわけられます。

セミナーの開催目的を理解し、ユーザーが求めている必要な項目を提案してくれる会社が選ばれます。会場の手配から動員、当日の顧客名簿管理、次のセミナーへの動員へのつなげ方まで、全体を把握して流れを作れるかどうかがポイントとなるでしょう。

セミナーの場合は単発で終わるよりも継続して実施されるケースが多いため、次の開催まで意識した提案を意識します。むしろ、継続して開催されることで自社にも継続して依頼をもらえるチャンスです。

すぐに成果を上げたいならイベント企画競合会社の集客方法、マーケティング施策を分析しよう!

競合会社の分析は方法だけでなく、予算感や強みの打ち出し方など様々なことを学べるので重要です。そしておさえておいて対策すれば、新規ユーザーを自社で獲得するチャンスも生まれます。

ユーザーのニーズに対して自社でできることが明確になったら、競合会社のマーケティングについて調査しましょう。競合会社はどのように自社の強みを伝えているか?力を入れてアピールしている点はどこか?どのようなメディアで伝えているかを分析します。

具体的には公式WEBサイト、ポータルサイト、Twitter、Facebook、Instagram、ダイレクトメール、メールマガジンなど。成功しているライバル競合企業について、徹底的に分析し、自社に置き換えるとどう展開できるかなどを考えて参考にしましょう。

イベント会社が競合会社に勝ち続けるたの集客・差別化戦略

競合他社の情報をリサーチしていて、自分たち同業でも数が多く調べ疲れませんか?もしそうだとしたら、ユーザーもイベント企画会社選びでは、情報が多すぎてどこがよいか迷ってしまっている可能性が高いです。

そんな時に効果的にアプローチする方法がバリュープロポジションを基点としたWEB戦略です。

バリュープロポジションとは

  • ユーザーが望んでいること
  • 競合他社は提供できない
  • 自社は提供できる

この3つが交わるところが自社にしか価値を提供できないポジション、その点をせめる戦略のことをバリュープロポジション戦略といいます。

イベント開催においては、近隣のエリアで〇〇の展示会のことなら自社が一番良い提案ができる、ユーザーが求めていて、なおかつ、競合他社に負けない要素を見つけるなど、勝てるポジションを把握し仕掛けていくことが大切です。

イベント企画会社の集客戦略まとめ

イベント企画会社の集客においては、如何に自社に依頼をすることのメリットを伝えることが大切です。

単純に、イベントにおける工数削減だけでなく、このイベント企画会社に任せれば成功率やよりよい提案をくれる、実績があるから安心して依頼が出来るといったユーザーがイベント企画会社を選ぶ上で
考えられる比較検討ポイントを突く必要があります。

このバリュープロポジションを意識したWEB戦略・集客のことなら全研本社の集客チームへご相談ください。7000件以上のWeb集客実績から、ユーザーに選ばれるイベント会社の集客を実現いたします。

お問合せはこちら

ページトップへ