メタバースを活用したイベント開催方法や事例、プラットフォームを解説します

メタバースを活用したイベント開催方法や事例、プラットフォームを解説します
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

コロナ禍になってリアルイベントの数が減少している昨今。以前のような人を入れたリアルなイベントを行いたいと考えている企業も多いのではないでしょうか。そんな時に活用すると良いのがメタバースイベントプラットフォームです。

メタバースイベントプラットフォームは、リアルイベントに近い形で展示会や説明会などをオンライン上で開催できるサービスです。VRなど高度な技術を用いることで自社製品のPRを臨場感を用いて行うことができます。

今回はそんなメタバースイベントプラットフォームについて解説するとともに、利用可能なメタバースイベントプラットフォームについて紹介します。

メタバースとは

meta_verse
メタバースとは英語の「Meta」と「Universe」を掛け合わせた造語です。主にインターネットなどを用いて構築される「仮想世界」や仮想空間でのコミュニケーションを指します。また、ユーザーが仮想空間で自身の分身である「アバター」を用いてゲームやコミュニケーション、さらにはビジネスを行うことも可能です。

メタバースは現在オンラインゲームを中心に活用が進んでいます。その例が以下の通りです。

  • フォートナイト:ゲームでありながら、ユーザ同士が交流する場としても機能するメタバース
  • あつまれどうぶつの森:アバターがゲーム内の動物や他のアバターと交流するメタバース

ビジネスにおいては、たとえば三越伊勢丹によるバーチャル伊勢丹新宿店の開設といった応用が見られます。また、メタバースは企業のリモートワークのオフィスとしての役割も担うなど多岐に活用が広まっています。

近年ではMicrosoftがTeamsをバーチャルオフィスにすると発表するなどメタバースは注目を集めています。メタバース活用した展示会を行うケースも増えてきており、今後メタバースはビジネスでの活用が増えるでしょう。

メタバースのイベントの特徴

メタバースイベントの大きな特徴はオンラインの利便性とリアルに近いコミュニケーション体験を組み合わせられる点です。来場者は自身の分身であるアバターを用いて会場内を自由に歩き回ったり、他の参加者と仮想空間でコミュニケーションを行うことができます。

参加者は会場にいるかのような感覚で参加できるため、臨場感をあふれる形でイベントを開催できるでしょう。また、会場内には、商談ブースやセミナールームなど、用途に応じた部屋を作成できるため、自社のニーズに応じたイベントを行えます。

キャククル掲載バナー

メタバースでイベントを行うメリット

merit
ここではメタバースを活用してイベントを行うメリットについて紹介します。

どこからでも参加できる

メタバースのイベントはオンライン上の仮想空間で実施されるため、場所を問わずどこからでも参加できます。従来のようにイベント出展のために、地方から東京に出るといった移動がなく、インターネットの使用できる場所ならどこからでも参加可能なため多くの人をイベントに呼び込むことも可能です。

さらに、これまでは国内をターゲットにしていた企業も、オンラインとなれば海外とも取引ができるようになるため、ビジネスのチャンスを拡大できるでしょう。

臨場感を提供できる

メタバースは従来のWeb会議やオンラインイベントに比べて臨場感を演出できる点がメリット。アバターや他の参加者の様子をリアルに見ることができる点や、実際のオフラインでのイベントのように見せることができます。従来のイベントでは、登壇者が話したり、双方向のコミュニケーションを行うことができますが、オフラインのようなイベント会場で参加しているような臨場感を味わうことはできません。

一方で、メタバースはブースに近づくと音声が大きく聞こえることや、会場を360度見回すなど実際のブースのように体験できるような仕掛けも可能。これらの点から、メタバースを活用したイベントを自社の製品やブランディングが印象に残る形で行えるため、商談や受注の獲得に効果的です。

参加者同士のコミュニケーションが取りやすい

メタバースは、自分自身の分身であるアバターを用いてコミュニケーションを行います。アバターは自由に見た目が変えられるため、理想の姿の自分を用いたコミュニケーションを行うことができます。また、アバターは自分自身の顔を出すことなく話せるため本音が言いやすく、周りを気にせず多く発言できる効果もあります。

さらに、アバターには表情や仕草などで感情を示す機能もあるため、実際のコミュニケーションに近いような会話が可能です。このようにメタバースは参加者同士の距離が近いため、現実に近いコミュニケーションを行える点がメリットです。

準備の手間がかからない

メタバースでイベントを開催することで準備の手間が省けます。従来のオフラインイベントでは会場のブースを設営したり、資料を印刷して設置するなど大きな手間がかかります。しかし、メタバースはオンライン空間のためこういった手間は一切不要。

イベントで使用するアプリやツールは、プラットフォーム内でリンクを共有するだけで参加者に使ってもらえます。また、配布物も事前にメールなどで送付したり、ダウンロードリンクを設置すればいいだけなので、手間なくスムーズなイベント準備が可能です。

メタバースイベントを行うデメリット

demerit
メタバースイベントはメリットだけではなく、下記のようなデメリットもあります。

参加者が多くなると回線に負荷がかかる

メタバースは従来のzoomやWebexといった会議ツールとは異なり、回線負荷がかかりやすい点がデメリットです。音声通話、動画、そしてアバターの動きをインターネットを用いてやり取りするため、通常よりも回線負荷がかかりやすくなります。

例えば、同じブースに複数の人が同時に集まった場合、回線の負荷がかかってしまい、動作が不安定になってしまう可能性があります。そのため、ブースを細かく分けるなど回線の負荷をかけない工夫が必要です。

高性能なコンピューターが必要となる

メタバースでは通信環境に加えて、コンピューターの性能も重要です。上記で述べたように、メタバースは負荷のかかる動作を数多く行わなければなりません。そのため、パソコンの性能が低いと動作が止まってしまい、正常なイベントを開催できなくなってしまいます。

アメリカのIT会社インテルの幹部によると、社会のあらゆるやりとりがメタバース上で行われる「メタバース時代」への移行には、コンピューティング機能は現在の1000倍が必要です。メタバースを活用したイベントには高性能なコンピューターが求められることがわかります。高性能なコンピューターが必要になると費用もかかる可能性があるため注意が必要です。

来場者に離脱されやすい

メタバースイベントはオンラインで手軽に参加できる点がメリットですが、一方で離脱されやすい傾向があります。オフラインのイベントではチラシや販促のためのグッズを配り、来場者に向けての呼びかけを行うことができますが、メタバースのイベントではそれができません。

資料を自らダウンロードしてもらう必要があるなど、来場者の行動がカギとなるため、来場者に資料をダウンロードしやすくするなどの工夫が必要です。

メタバースイベントの開催に使えるプラットフォームを紹介

metaverse-network
メタバースイベントを開催できるプラットフォームをピックアップして調査しました。プラットフォーム選びの比較検討材料として参考にしてみてください。

DOOR by NTTXR

DOOR by NTTXR
画像引用元: DOOR by NTTXR公式サイト(https://door.ntt/)

DOOR by NTTXRはNTTが提供しているメタバースイベントプラットフォーム。アプリやソフトウェアを使用せずすべてブラウザで行えるため、様々なデバイスからイベントに参加することができます。

豊富なテンプレートから自社に合わせたブースを作成することが可能です。ルームの定期監視などNTTの技術を活用した高いセキュリティのもとイベントを行えます。DOOR by NTTXRではこれまでに、展示会や著名人を招いたファンイベントやセミナー、講演会、学校の授業など多岐にわたるイベントが行われています。

1対多数のコミュニケーションに加えて、多対多のコミュニケーションもスムーズに行うことが可能です。また、アバターに加えて、自分の顔をWebカメラでリアルタイムに表示できるなど、場面に応じてアバターの機能を使い分けができる点が特徴です。同時接続人数は1ルーム25人までとなっていますが、部屋を複数に分けることで大人数でのイベント開催も行えます。

料金は無料で使用できるため、導入しやすいでしょう。

企業情報

  • 運営会社:日本電信電話株式会社(NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION)
  • 住所:東京都千代田区大手町一丁目5番1号 大手町ファーストスクエア イーストタワー
  • 公式サイトURL:https://group.ntt/jp/nttxr/

cluster

cluster
画像引用元: cluster公式サイト(https://cluster.mu/)

クラスター株式会社が提供しているメタバースイベントプラットフォーム「クラスター」。スマートフォン、パソコンなどアプリやソフトウェアをダウンロードすることで、様々なデバイスで利用ができます。

行いたいイベントに応じてCreator Kitを使用することで仮想空間のカスタマイズが可能です。アニメのようなキャラクターのアバターの制作や現実に近いような景色を表現できる背景も揃っています。

clusterの運営会社は手間のかかる会場のデザイン、演出、配信の運営までをワンストップでサポートしているため、簡単に導入を行えます。これまでに、横浜DeNAのバーチャルハマスタなど多数のイベントをサポート。用途に応じ、会議や採用セミナーなど場面に適したサービスの提供を行っているため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

費用については記載がありませんでしたので直接お問い合わせください。

企業情報

  • 運営会社:クラスター株式会社
  • 住所:東京都品川区西五反田8-9-5 FORECAST五反田WEST 10F
  • 公式サイトURL:https://corp.cluster.mu/

めちゃイベント

めちゃイベント
画像引用元:めちゃイベント公式サイト(https://hashilus.co.jp/products/mechaevent/)

めちゃイベントは株式会社ハシラスが提供しているメタバースイベントプラットフォームです。社内のメタバースイベントを得意としています。どのデバイスからでもWebブラウザを用いて社内コミュニケーションの活性化や社員のエンゲージメント強化を図ります。

めちゃイベントは他のサービスとは異なり、数千人規模まで同じバーチャル空間に入室が可能。また、Web会議ツールの課題としてあげられる、グループに分かれての雑談やワークショップ、レクリエーションのやりづらさを解決する多くの機能が盛り込まれています。

主な機能は以下の通りです。

  • 近づくと動画が再生される
  • テキストアナウンス
  • 動画ライブ配信
  • テキストチャット

PCとブラウザだけで完結するため、手間のかかるIT部門との調整なども必要ありません。社内イベント向けとしていますが、活用方法によっては展示会の開催も可能です。無料のトライアルやデモもあるためこちらも併せて活用してみてください。

費用については記載がありませんでしたので直接お問い合わせください。

企業情報

  • 運営会社:株式会社ハシラス
  • 住所:東京都北区田端新町1-20-5
  • 公式サイトURL:https://hashilus.co.jp/

バーチャルキャスト

バーチャルキャスト
画像引用元:バーチャルキャスト公式サイト(https://virtualcast.jp/)

教育やイベント、3D制作など多様なメタバースサービスを提供するバーチャルキャスト。ビジネスにおいては、VR教育システムやイベント、さらには接客システムとしてメタバースプラットフォームを提供しています。

主な特徴はキャラクターやカスタマイズ性。VR空間内には自分の作ったアイテムを持ち込むことが可能で、キャラクターや背景も簡単変更できます。さらに、3Dデータ投稿共有プラットフォーム「THE SEED ONLINE」と連携することで、新しいキャラクターなどをVR内で買って、すぐに使える即売会も行うことができます。

これまでの実績として、バーチャルマーケットや体験型のイベントしてVRキャンプを提供。他にも、教育現場への提供としてN高等学校にVR教育システムを導入した実績があります。バーチャルキャストは3Dを活用した生放送や動画の実績も持っています。イベントに加えて、接客もメタバースで行いたい場合に導入してみると良いでしょう。

バーチャルキャストの費用は以下の通りです。

  • コンシューマー(一般の方向け):無料
  • ビジネス(Vtuberを活用した企業プロモーションや映像制作):初期費用198,000円+月額費用98,000円
  • エンタープライズ(プロフェッショナルな映像制作や、高度な演出):初期費用:298,000円+月額費用:298,000円〜

企業情報

  • 運営会社:株式会社バーチャルキャスト
  • 住所:北海道札幌市中央区北一条東4-1-1 サッポロファクトリー1条館
  • 公式サイトURL:https://corp.virtualcast.jp/

V-expo


画像引用元:V-expo公式サイト(https://v-expo.jp/)

V-expoは株式会社m-Labが提供しているレンタルメタバースイベントスペース。「だれでもかんたんに低コストでメタバースイベントが開催できるサービス」を掲げ、メタバースイベントスペースを提供しています。

ブラウザで利用が可能なため、VRデバイス、PC、スマートフォンといった様々なデバイスに対応可能。独自の機能として距離感と方向性のある音声システムを採用しているため、臨場感あふれるイベントを開催できます。

またV-expoではWebカメラと画面共有を駆使したセミナーの開催も可能。これまでに、キャリアセミナーや国産SaaS Expoなどを行った実績があります。会場をレンタルするだけなので、最短で5分でイベントの開催を行うことができます。イベントのプランは以下の通りです。

  • 展示場プラン:収容人数無制限
  • イベントレンタルプラン:人数や用途に合わせた会場選択
  • カスタマイズプラン:要望・用途に応じた機能やCG

さらに、イベントのあとの懇親会スペースとして懇親会Barを設置し、イベント後に商談も行えます。アバターにはコミュニケーションをしやすいようにリアクションも備えているため、コミュニケーションを取りやすいでしょう。

費用は5500円~と低価格で始められる点もメタバースイベントを始めやすいのではないでしょうか。

企業情報

  • 運営会社:株式会社 m-Lab
  • 住所:東京都中央区銀座1-16-7銀座大栄ビル5階
  • 公式サイトURL:https://m-lab.inc/

ZIKU

ZIKU
画像引用元:ZIKU公式サイト(https://ziku.inc/)

ZIKUは主にビジネス向けのメタバースイベントプラットフォームです。主催者と出展社、来場者を3D空間上のアバターでつなげることを目的としています。「ZIKU」では来場者がアバターで会場内を歩き回り、様々な出展担当者と双方向の会話ができます。

豊富なテンプレートの中から、3Dの展示ブースを簡単に作成することができます。また、動画配信とも連携し、バーチャル空間での講演動画配信も行えます。バーチャル空間の作成とともに、Webでのイベントサイトも同時に作成できるため、手間のかかる面倒な準備もスムーズに進められる点が特徴です。

イベント後には来場者行動履歴を元に、興味度がわかる仕組みが付いているのもサービスの魅力の1つ。リアルイベントと組み合わせたハイブリッドイベントにも対応しているため、幅広く活用を行えます。

ZIKUの費用は以下の通りです。

  • 初期費用:50万円
  • 小中ブース:15万円
  • 大ブース:45万円>/li>
  • 来場者(1000人ごと):20万円
  • オプション:1講演につき:3万円

企業情報

  • 運営会社:株式会社ジクウ
  • 住所:東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F
  • 公式サイトURL:https://ziku.inc/

Medical Verse

Medical Verse
画像引用元:Medical Verse公式サイト(https://xrcloud.jp/medicalverse/)

医療業界に特化したメタバースプラットフォームのMedical Verse。大人数が同時接続可能なバーチャル空間の医療ビジネスを支援しています。独自に開発した技術で1000名の同時接続が可能

イベントの登壇者と参加者の間で双方向のコミュニケーションが行えます。ブラウザやアプリなど自分の使用したい環境でサービスを利用できる点も大きな特徴です。主な活用事例として学会や講演会、懇親会があげられます。事前に登録したメールアドレスを活用した名刺交換機能もあるため、ビジネスとして活用しやすい設計になっています。

費用については記載がありませんでしたので直接お問い合わせください。

企業情報

  • 運営会社:monoAI technology株式会社
  • 住所:神戸市中央区京町78 三宮京町ビル3階A号室
  • 公式サイトURL:https://monoai.co.jp/

OVice

OVice
画像引用元:OVice公式サイト(https://ovice.in/ja/)

バーチャルオフィスやバーチャルスクール、バーチャルモデルハウスを展開しているoVice株式会社。

メタバースプラットフォームではこれまでにバーチャル介助犬フェスタやオンライン展示会を開催した実績があります。また、キャノンのバーチャルオフィスの実現支援や東日本税理士法人のリモートワーク環境の整備も行いました。スクール分野では京都橘大学や大阪の国公立大学など様々な学校の授業を支援。これまでに2000社を超える企業がサービスを導入しています。

周辺の状況を視覚的にわかりやすくしている工夫やリアルのような会話が行えるアバターがサービスの特徴です。また、GoogleドライブやYouTubeといった他のサービスと連携しやすい点も特徴です。

イベントの参加URLから誰でもが簡単に参加できるため、面倒な準備の手間が省けられます。専任のスタッフがこれまでの事例を元に適切な支援を行ってくれるので、初めて依頼する際に検討してみると良いでしょう。

費用については記載がありませんでしたので直接お問い合わせください。

企業情報

  • 運営会社:oVice株式会社
  • 住所:石川県七尾市本府中町エ113B
  • 公式サイトURL:https://ovice.in/ja/

Synamon

Synamon
画像引用元:Synamon公式サイト(https://www.synamon.jp/)

SynamonはPCスマホ・VR機器などのマルチデバイスに対応したメタバースイベントプラットフォーム。同時に100人がアクセスが可能なので、大人数向けのイベントも問題なく行えます。

メタバース空間上でファンのエンゲージメントを向上を実現するために、NFT(偽造が不可能なデジタルデータ)を活用できる仕組みや機能、継続的な利用を前提としたUX設計など様々な機能を提供しています。

また、用途やイベントの規模に応じて「Large」「Ritch」「Parallel」の3つの空間の構築が可能。また、テーマに沿ったテンプレートがあるため、自社の行いたいニーズに併せた形でサービスを利用できます。

メタバースを活用したブランディングを行いたいと考えている場合におすすめです。費用についてサイト内の資料からご確認いただけます。

企業情報

  • 運営会社:株式会社Synamon
  • 住所:東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル 2階
  • 公式サイトURL:https://www.synamon.jp/

V-booth

V-booth
画像引用元:V-booth公式サイト(https://www.itp.co.jp/v-booth/)

オンライン展示会のプラットフォームとして数多くの会社に活用されてきたV-booth。3Dブースを簡単に作成できるほか、アンケートや商談申し込みフォーム機能など、ビジネス活用に特化したメタバースイベントプラットフォームとなっています。

サービス特徴として、用途に応じてブースのサイズを変更できるなどのカスタマイズ機能が挙げられます。ブースのデザインも規模に応じて3つから選べるため、自社の要望に応じての利用が可能です。

ユーザー個別のアクセス状況が履歴として残るため、イベント終了後には営業に活用できる顧客管理ツールとしても利用できます。これまでに京都府看護協会や株式会社プラッツなど様々な業種、業界向けの展示ブースを制作した実績があります。

費用は以下の通りです。

  • 標準:45万円
  • Wide:60万円~
  • Jumbo:95万円~
  • Private Show:75万円~

企業情報

  • 運営会社:株式会社ITP
  • 住所:京都市中京区丸太町通小川西入
  • 公式サイトURL:https://www.itp.co.jp/

メタバースを活用したイベント事例

メタバースイメージ画像
以下では、メタバースを活用したイベント事例について紹介します。

日産ショールーム

日産ショールーム
画像引用元:日産ショールーム公式サイト(https://www.nissan-global.com/JP/INNOVATION/DESIGN/DESIGNWORKS/VR-CROSSING/)

日産自動車では、メタバースのプラットフォーム「VR Chat」を活用してメタバース上に車のバーチャルギャラリーを設置。ニッサンインテリジェントモビリティの発信拠点として日産の様々な車種を見ることができます。

日産は他に新車発表会や自社に関する講演なども実施。ショールームに行くのが煩わしいユーザーとのコミュニケーションの場としてバーチャル環境のショールームを提供しています。

トーコン社員総会

トーコン社員総会
画像引用元:トーコン公式サイト(https://tokon.co.jp/news/info/10250/)

株式会社トーコンでは社内コミュニケーションの可能性を追求するために、メタバースを活用した社員総会を実施。当日は170名の社員がリアルタイムで参加するなど大盛況のイベントでした。コロナ禍の中で、従業員同士の関係構築や結びつき強化のために実施した社員総会。開催後のアンケートでは、とてもよかったと回答する割合が68%と好評価となりました。

このようにメタバースを社内で活用する動きも増えてきています。

メタバースイベントプラットフォームを活用するなら

digital

選ぶべきメタバースプラットフォームは、行いたいイベントの規模や他の要望によって異なります。メタバースイベントで成果を得るには、自社のニーズに合わせたサービスを選ぶことが大切です。

自社のニーズに合わせたサービスをえらぶにはまず、イベントの規模や必要な機能、そしてイベントのそもそもの目的も明確にしましょう。そういった要点を明確にした上で、自社にあったメタバースイベントプラットフォームを探しましょう。

メタバースイベントプラットフォームと併せてWebでの施策を

contact_us

ここまでメタバースイベントプラットフォームについてみてきました。メタバースは多くの可能性を秘めていますが、解決できない課題もまだ多いのが現状です。そのため、メタバースイベントの活用のほかにオウンドメディアの運営やコンテンツマーケティングといったWeb施策がおすすめです。

当メディアキャククルを運営している全研本社では120以上の業界で8,000を超えるWebマーケティング支援実績を上げて参りました。得意としているのはクライアントの強みを活かしたマーケティング戦略の立案とメディア制作です。

また、メディアの制作に加えて成果につなげる広告の運用にも対応可能です。
メタバースイベントプラットフォームを活用したイベントと合わせて、Webで集客を行いたい、自社のブランディングを行いたいなどをお考えでしたら、全研本社にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ