オンラインイベントプラットフォーム7社を徹底比較してみた!

オンラインイベントプラットフォーム7社を徹底比較してみた!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

昨今のコロナ禍の情勢により、オンラインイベントが活況を見せています。そんな中で登場したのが、オンラインイベントプラットフォームです。

本記事ではオンラインイベントを開きたい方に向けて、オンラインイベントプラットフォームを提供している会社7社の特徴や実績についてまとめました。

さらにこのページでは、オンラインイベントプラットフォームを導入するメリット、自社に合わせたオンラインイベントプラットフォームの選び方やプラットフォームの種類について解説しています。

オンラインイベントへの出展を検討している方は、ぜひご参考にしてみてください。

オンラインイベントプラットフォームとは

オンラインイベントプラットフォームイメージ画像

オンラインイベントプラットフォームとは、オンラインイベントや展示会に必要なシステムやツール、申込参加者の情報などを、一元的に管理するシステムです。

基本的な機能として、参加者のイベント入場時の認証機能やセミナーの関連資料のダウンロード機能、参加者と出展者のコミュニケーションを促進するアンケートやチャット機能が備わっています。

では早速、オンラインイベントのプラットフォームを見ていきましょう。

オンラインイベントプラットフォーム7選

オンラインイベントプラットフォームの特徴や料金、サービスの口コミ評判をまとめました。自社に適したプラットフォーム選びにぜひお役立てください。

フォーム名 特徴
HubSpot マーケティング全般やセールスのサポートが充実、用途に合わせた仕様の選択が可能
SMP リアル展示会とオンラインを組み合わせたハイブリッド形式のイベント開催にも対応
EventBASE 出展者と来場者、来場者同士が集まれる、独自の「交流ラウンジ機能」が備わっている
EventHub 参加者同士のマッチングを促進するQRコードチェックイン機能でビジネスチャンスを創出
eventos イベント用スマホアプリの作成機能も備わっている、パッケージ型汎用プラットフォーム
EventRegist-enavle 様々な動画配信プラットフォームに対応したサービス
EventPlus Online アンケートなどイベント中に双方向のコミュニケーションを行えるプラットフォーム

キャククル掲載バナー

HubSpot(ハブスポット)

HubSpotキャプチャ画像
引用元:HubSpot公式サイト(https://www.hubspot.jp/)

HubSpotの特徴

アメリカに本拠地を置くグローバル企業「HubSpot」が展開するデジタルマーケティングプラットフォームです。

オンラインイベントはもちろん、マーケティングやセールス、サポートなど、幅広い業務で活用するために、メインの仕様を選べるプランになっています。

動画作成をはじめ、チケット管理や顧客フィードバックなど、オンラインイベントやセミナー、展示会に必要な機能が備わっていて便利です。

無料版にはチケット作成ボットやチケット管理機能、チャット機能、レポート機能などが付いているので、まずは使用感を試したいという方は申し込んでみると良いでしょう。

日本語によるサポート体制も整っており、質問や不明点があれば電話での問い合わせにも対応しています。

導入時には専門の認定パートナーによるアドバイスを受けられるので、他社のSFAやMAからの移行もスムーズです。

HubSpotの料金

  • Marketing Hub:5,400円/月~
  • Sales Hub:5,400円/月~
  • Survice Hub:5,400円/月~
  • CMS Hub:2,700円/月~
  • Operations Hub:5,400円/月~

※税不明。すべてStarter価格
料金参照元:HubSpot「製品とプラン」(https://www.hubspot.jp/pricing/marketing?products=marketing-hub-starter_1&term=annual)

HubSpotの口コミ

業務効率化が進んで、より生産的な業務に時間を割けるようになったうえに、手動の作業が激減したためヒューマンエラーはほぼゼロになりました。
引用元:HubSpot導入事例「Operations Hubの活用で煩雑なスプレッドシート管理を脱却し、オペレーションの効率化と最適化を実現~株式会社マネーフォワード~」(https://www.hubspot.jp/case-studies/moneyforward)

特にビジネスイベントでは、参加者がのちにイベント主催者になることが多々あるため、満足度の向上は新規顧客を獲得するという観点からも重要なのです。実際にお問い合わせフォームでは、問い合わせの理由に『以前に参加したイベントで使ったことがあるから』という回答がいくつも寄せられました。
引用元:HubSpot導入事例「マーケから営業、ヘルプセンターまでの顧客情報を一元化。一気通貫の体制で得た成果に迫る~イベントレジスト株式会社~」(https://www.hubspot.jp/case-studies/eventregist-new)

HubSpotの企業概要

会社名 HubSpot Japan株式会社
所在地 【東京オフィス】東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル9F
URL https://www.hubspot.jp/

SMP(シャノンマーケティングプラットフォーム)

SMPキャプチャ画像
引用元: SMP公式サイト(https://www.shanon.co.jp/)

SMPの特徴

2Dイベントから3DCGを駆使したバーチャル展示会まで、さまざまなオンラインイベントのマーケティングを支援してくれるシャノンマーケティングプラットフォーム(SMP)。

大規模カンファレンスやフォーラムを開催できるサービスも提供しており、複数の講演セッションごとの申込管理や当日ライブ、イベント後のアンケート、閲覧履歴など、さまざまな機能に対応しています。

主催者が管理する出展者の提出情報や来場者の申込・行動履歴など、イベント関係者すべてをの情報をクラウド上で一括管理することが可能。

リアル開催の展示会やリアルとオンラインを組み合わせたハイブリッド形式のイベント開催にも対応しており、会期中から会期後まで充実したサポート体制です。

SMPの料金

  • イベントマーケティングシステム:個別見積り
  • マーケティング利用:100,000円/月~

※税不明
料金参照元:SMP「主な製品の価格」(https://www.shanon.co.jp/price/)

SMPの口コミ

コロナを機にオンラインにスムーズにシフトできたのも、セミナー運営基盤が整っていたことが大きいと思います。
引用元:株式会社シャノン導入事例「株式会社アドバンテッジリスクマネジメント」(https://www.shanon.co.jp/case/professional-service/armg/)

様々なシステムを連携させるためのカスタマイズをシャノンを活用することで実現できました。マイページの作り込みや、ダッシュボードへの集約といった面では、営業の人をはじめ、シャノンのスタッフの方々に親身に相談にのっていただきました
引用元:株式会社シャノン導入事例「富士通株式会社」(https://www.shanon.co.jp/case/information-telecommunications/fujitsu/)

SMPの企業概要

会社名 株式会社シャノン
所在地 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F
URL https://www.shanon.co.jp/

EventBASE(イベントベース)

EventBASEキャプチャ画像
引用元: EventBASE公式サイト(https://web-eventbase.com/)

EventBASEの特徴

数百社が参加する大規模な展示会から1社開催の小規模なイベントまで、大小さまざまなイベントを開催できるEventBASEのプラットフォーム。

リアル会場とオンライン会場を併催するハイブリッドイベントにも対応しており、いつでも顧客とつながることができる環境を整えられます。

出展者と来場者、来場者同士が集まれる、独自の「交流ラウンジ機能」が備わっており、顧客相談会やウェビナーなど、使い方次第で活用の幅を広げられる点も魅力です。

ブースを開くと、出展担当者と即ビデオ通話を開始できる「ブースビデオ通話機能」付いており、興味や関心を持った見込み客を逃すことなく、アプローチすることができます。

そのほか、告知や案内機能などイベント前に必要な機能や、参加者情報のKPI管理といったイベント後の計測・検証に必要な機能なども網羅的に備わっている点でも、成果を出しやすいオンラインイベントプラットフォームです。

EventBASEの料金

EventBASEの料金は公開されていませんでした。導入を検討される方は、株式会社ストラーツに直接お問い合わせください。

EventBASEの口コミ

EventBASEでは、会社名や名前などの【透かし】の設定ができることで、スクリーンショットによる一般に向けた情報解禁日以前の情報漏洩を防止ができたことはとても評価しております。
引用元:EventBASE事例「株式会社円谷プロダクション様」(https://web-eventbase.com/case_study/わかりやすい導線設計で、従来より来場者数は300/)

オンラインプラットフォームというものを初めて使用させていただいたので、やり方などが全く分からない状態でのスタートでしたが、丁寧にご対応いただき大変ありがたかったです。
引用元:EventBASE事例「株式会社エクシードコネクト様」(https://web-eventbase.com/case_study/オンラインでのイベント開催、次回も前向きに!/)

EventBASEの企業概要

会社名 株式会社ストラーツ
所在地 東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル2F
URL https://web-eventbase.com/

EventHub(イベントハブ)

EventHubキャプチャ画像
引用元: EventHub公式サイト(https://eventhub.jp/)

EventHubの特徴

シンプルな操作でオンラインイベントや展示会、ウェビナーなどに関わるプロセスを、一元管理できるプラットフォームです。経済紙や週刊誌、イベントニュースサイトなど、さまざまなメディアに取り上げられた実績も持っています。

チケット管理や参加者管理、動画配信、アンケートなどの機能のほか、ハイブリッド開催に必要なチェックイン機能も搭載。3Dを使ったバーチャルイベントにも対応しており、主催者、参加者相互の体験や満足度を高める工夫がされています。

出展者と参加者のコミュニケーション機能も充実しているのが特徴で、会場内の参加者同士のマッチングを促進するQRコードチェックイン機能は、オフライン展示会や採用イベントなどでも活用可能です。

EventHubの料金

EventHubの料金は公開されていませんでした。導入を検討される方は、株式会社EventHubに直接お問い合わせください。

EventHubの口コミ

申し込み後にログインすると、すぐに視聴画面が出てくるので迷うことがないわかりやすさも、参加率が高かった要因の1つだったと思います。
引用元:EventHub導入事例「株式会社SmartHR」(https://eventhub.jp/casestudy/smarthr/)

参加者からは「様々なwebセミナーに参加してきたが、本セミナーはとても見やすかった」「パネルディスカッションもわかりやすく、質問も簡単にできて良かったです」とシンプルで使いやすいという利便性やオンラインでも参加者同士の交流がしやすいと評価していただいています
引用元:EventHub導入事例「Sansan株式会社」(https://eventhub.jp/casestudy/sansan-box-zoom/)

EventHubの企業概要

会社名 株式会社EventHub
所在地 東京都千代田区神田紺屋町15 グランファースト神田紺屋町ビル5F
URL https://eventhub.jp/

eventos(イベントス)

eventosキャプチャ画像
引用元:eventos公式サイト(https://eventos.tokyo/)

eventosの特徴

イベント用スマホアプリの作成機能も備わっている、ユーザーの使いやすさを重視したパッケージ型汎用プラットフォームです。

外部ツールを使わず簡単にオンライン商談ができるMTG機能や、イベントの状況をリアルタイムで把握できるダッシュボード機能、参加者同士のコミュニケーションやマッチングを加速させるマッチングチャットなど、イベントをスムーズに進行するための機能が充実

カスタマイズ次第で、オンラインイベントはもちろん、リアルイベントの参加者もサポートできます。

CSSアップロード機能を使用すれば、自社ページのデザイン調整も自由。自社らしさを追求したデザインに変更が可能です。

使いやすさとイベントの見映えの両方にこだわりたい方に向いているプラットフォームと言えます。

eventosの料金

eventosの料金は公開されていませんでした。導入を検討される方は、bravesoft株式会社に直接お問い合わせください。

eventosの口コミ

eventosを利用した企業の直接の口コミはありませんでしたが、導入事例で評価が記載されていました。

プレミアムスポンサーブースにQRコードを設置して、ブース体験後にQRコードを読み取ってもらうスタンプラリーを「eventosスタンプ」機能で実現しました。楽しみながら回遊を増やすことに成功し、ブース担当者並びにイベント主催者より高い評価をいただきました。
引用元:eventos「ASIA BEAUTY EXPO 2022 導入事例」(https://eventos.tokyo/case/2369/)

オンラインブースのhtml化やアクセスログデータの提供など、出展者オプションという形でテクニカルサポートを行い、結果として主催者業務の削減と、出展者の満足度向上を実現いたしました。
引用元:eventos「JAPAN PACK 2022 導入事例」(https://eventos.tokyo/case/1650/)

eventosの企業概要

会社名 bravesoft株式会社
所在地 東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル6F
URL https://eventos.tokyo/

EventRegist-enavle(イベントレジスト-エネイブル)

EventRegist-enavleキャプチャ画像
引用元:EventRegist-enavle公式サイト(https://eventregist.com/)

EventRegist-enavle(イベントレジスト-エネイブル)の特徴

オンライン・オフラインを問わず法人主催のイベントを行うことができるEventRegist-enavle。YouTube、Facebooklive、zoomといった様々な動画配信サービスとの連携など動画配信に特化したプラットフォームです。

オンライン配信の機能では参加者とコミュニケーションできるようにインタラクティブコミュニケーションツールやビジネスマッチングシステムを用意。イベント配信からすぐに商談に進めるような仕掛けが多いのが特徴です。

また、イベントページの作成、参加者情報の把握、配信後のデータ分析なども可能です。動画配信を軸にオンラインイベントを行いたいと考えている場合に検討してみるとよいでしょう。

EventRegist-enavle(イベントレジスト-エネイブル)の料金

  • 550,000円〜:機能利用費(必要な機能を選択)+連携サービス利用費(イベント申込人数により変動)

EventRegist-enavle(イベントレジスト-エネイブル)の口コミ

EventRegist-enavleを利用した企業の直接の口コミはありませんでしたが、導入事例で評価が記載されていました。

無料版でもそこそこ使えて、イベントの申込・受付の管理に良い。参加者が、当社主催にどんなイベントに参加したのか履歴がとれるので、簡易的なマーケティングツールとしても使える。
引用元:IT review「イベントレジストの評判を全1件のユーザーレビュー・口コミで紹介」(https://www.itreview.jp/products/eventregist/reviews)

使用感については、内部の者に視聴者としての感想も聞いてみたところ、評判が良かったので、他のイベントでもenavleを導入する話が進んでいます。特に、視聴者が、enavleのプラットフォームの中で他の情報に遷移できることが良かったと思います。
引用元:イベントレジスト「[イベントレジストご利用事例] インフォバーングループ/TOAワールド・ショーケース2021」(https://info.eventregist.com/case-study/toawsc2021)

EventRegist-enavle(イベントレジスト-エネイブル)の企業概要

会社名 イベントレジスト株式会社
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 千駄ヶ谷ファースト2階
URL https://eventregist.com/

EventPlus Online(イベントプラス)

EventPlus Onlineキャプチャ画像
引用元:EventPlus Online公式サイト(https://eventplus.io/ja/)

EventPlus Online(イベントプラス)の特徴

EventPlus OnlineはマーケティングツールやSNSと連携してオンラインイベントが開催できるプラットフォームです。オンラインイベント、リアルイベント、ハイブリッドイベントの3つの形態に対応。イベントからすぐに商談に繋げられるよう、個別のオンライン会議室の機能も付いています。

イベントの施策として世論調査やアンケートなどの機能があるなどイベント内で双方向のコミュニケーションができる体制を整えています。来場者の滞在時間を増やすための工夫として滞在時間が長くなるとポイントやレベル上がるといったゲームのような機能も盛り込まれています。

また、イベントブースの状況をリアルタイムでみられるリアルタイムヒートマップもあるため、自社のブースの状況を常に把握できます。イベント後のROI(投資利益率・投資収益率)の測定情報やリアルタイムで測定した情報を元に今後のイベントに向けたリード獲得法を提示してくれる点も大きな特徴です。

プラットフォームの導入前に実際の機能を試すことができるデモもあるため、気になる場合はこちらも併せて活用してみるとよいでしょう。

EventPlus Onlineの料金

EventPlus Onlineの料金は公開されていませんでした。導入を検討される方は、Pinmicro株式会社に直接お問い合わせください。

EventPlus Onlineの口コミ

EventPlusの口コミは公開されていませんでした。

Pinmicro株式会社の企業情報

会社名 イベントレジスト株式会社
所在地 東京都千代田区神田神保町2-20-13Y’s Coral Build 5F<
URL https://pinmicro.jp/

オンラインイベントプラットフォーム導入時の留意点

最後に、オンラインイベントプラットフォーム選びやでおさえておくべきポイントや留意点についてまとめてみました。会社選びの際に、参考にしていただければと思います。

オンラインイベントプラットフォームを導入するメリット

まずはじめに、オンラインイベントプラットフォームを導入するメリットについて整理しておきます。何事でもそうですが、メリットだけを見るのではなく、デメリットも把握しておくことが大事です。

イベントの運営を管理できる

オンラインイベントプラットフォームを導入すると、イベントの企画から当日の運営、イベント後の見込み顧客へのフォローといった一連の流れを一元的に管理できるようになります。

オンラインイベントで使われるチケットの販売やプロモーション、アンケート機能などのツールがバラバラだと、効率的な管理ができません。

オンラインイベントプラットフォームなら、イベントの運営に関わる業務を集約して管理できるので、イベント運営が効率化されるメリットがあります。

参加者(視聴者)との交流を図りやすい

オンラインイベントプラットフォームを導入すると、イベントに参加した人とコミュニケーションをとりやすくなります。

イベント開催ツールにはリアルタイムのアンケート機能などがついており、それらを活用すれば参加者の興味や反応を確認したり、参加意識を高めたりすることが可能。

また、リマインド機能やフォローアップメールを自動送信する機能を活用して、ウェビナーなどの視聴忘れを防ぐこともできます。

参加者(視聴者)のデータを取れる

オンラインイベントプラットフォームの中には、参加者のデータを分析する機能がついているものもあります。

イベントの申込数や実際の参加者数から関心度を測る、PV数や交流履歴などのデータを数値化して今後のイベントに活かすなど、取得したデータを改善のためのPDCAに活用できます。

無料のオンラインイベントプラットフォームを導入するデメリット

オンラインイベントを主催する側は、配信ツールを使いこなして、万が一のトラブルに対応できるようにしておく必要があります。

無料版のプラットフォームだとサポート機能が十分でない可能性があり、機能やツールの使い方のノウハウがなければ、運営に戸惑ってしまうかもしれません。

また、無料版は参加者の人数や配信時間に制限があります。

参加者と主催者、どちらの満足度を高めるためにも、無料版はあくまでもプラットフォームの使用感を試すものとし、イベント本番時には有料版で十分に環境を整えるようにしましょう。

オンラインイベントプラットフォームを選ぶポイントとは?

次に、オンラインイベントプラットフォームを選ぶポイントについてです。

参加者がログインしやすいか

オンラインイベントでは、多くのユーザー(リード)を集客することが最も重要です。

ダウンロードやアカウント情報の事前登録が必要など手続きが煩雑なプラットフォームだと、参加のハードルを高めてしまい、集客には繋がりません。

URLを送信するだけでログインできるなど、参加者が簡単にログインしやすいプラットフォームを選ぶようにしましょう。

イベントに必要な機能が備わっているか

オンラインイベントプラットフォームには、イベント作成やプロモーション、決済機能といったイベント開催前に必要な機能がいくつかあります。

さらに録画機能やチャット機能といった「イベント開催中に使う機能」、アンケートや効果分析などの「イベント後に活用する機能」と、さまざまな機能があります。

自社の目的に合わせて、オンラインイベントフォームに必要な機能が備わっているかをチェックしましょう。

必要なツールの数に応じて料金が変動するプラットフォームもあるので、ミニマムに予算を抑えたい場合などは機能を絞り込むのひとつの方法です。

サポート体制が整っているか

イベント配信中にトラブルが起きてしまうと、せっかく集客したユーザーの離脱を招くことになります。

配信トラブルなどに迅速に対応できるよう、テクニカルサポートが充実しているプラットフォームを選ぶことをおすすめします。

汎用プラットフォームと専用プラットフォームの違い

オンラインイベントプラットフォームには、大きく分けて「汎用プラットフォーム」「専用プラットフォーム」の2種類があります。

汎用プラットフォーム

汎用プラットフォームは、MAツールを主体に必要なツールを組み合わせたプラットフォームのこと。ユーザーのセグメントがしやすく、イベント参加者を新規顧客と既存顧客に分けて対応が可能です。

また、外部データや分析ツールとの連携がしやすいため、イベント後のフォローやマーケティング活動への活用に向いています。

専用プラットフォーム

オンラインイベント専用に構築されたプラットフォームで、イベントに必要な機能が搭載され、パッケージ化されています。

参加者の申込、動画配信、チャットや問い合わせなどのコミュニケーション機能がセットになっているので、オンラインイベントやオンライン展示会ですぐに活用できるのが特徴です。

ただし、イベント後の参加者を顧客に紐づけたりフォローしたりする際には、プラットフォームからのデータ出力が必要。顧客管理やイベント後のマーケティング活用よりも、まずはイベント開催を目標としている企業に向いています。

専用プラットフォームの中には、さらに以下のような種類があるので見ていきましょう。

映像配信プラットフォーム

専用プラットフォームの中でも、とくに映像配信機能がメインになっているプラットフォーム。

特定のユーザーにのみ動画コンテンツを配信したり、動画コンテンツを管理・分析したりする際におすすめです。

ウェビナーツール

ウェビナーツールとは、ウェビナー(Webセミナー)で使うことを前提に開発された専用ツールです。

レコーディング機能や投票機能、クレジットカードでの支払い機能など、ウェビナー運営に役立つ機能が整っています。

世界的に利用されているウェビナーツールとしてメジャーなものは、「Zoom」や「Microsoft Teams」などです。

Web会議システム

映像や音声でのやり取りだけでなく、資料の共有ができるコミュニケーションツールです。

主にクラウドサービスが一般的で、ネット回線につながっているパソコンがあればどこでも接続できるため、専用機器が必要な「テレビ会議システム」とは異なります。

テレビ会議システムよりも安価な費用で手軽に導入できるのがメリットです。

オンラインイベントプラットフォームまとめ

オンラインイベントイメージ画像
オンラインイベントプラットフォームは、オンラインイベント・展示会に必要なシステムや機能が集約された便利なツールです。

汎用プラットフォームか、専用プラットフォームかによって使える機能や管理方法、イベント後のフォローアップなどに違いがあるのを理解した上で、自社に合わせたプラットフォームを選ぶようにしましょう。

また単独の施策としてオンラインイベントを開催するというよりは、自社ホームページやSNSとの連携、集客のためのメディアとの連携、Web広告や受け皿となるLP(ランディングページ)との連動など、マーケティングプランをしっかり立ておくことが重要です。

オンラインイベントによる集客と連動させるマーケティング施策を検討している、Web集客そのものに課題を抱えているといった方は、以下フォームよりご相談を受け付けています。

Web集客に関する
お問い合わせ・ご相談はこちら

ページトップへ