AI業務自動化展への出展料金と特徴をリサーチ

AI業務自動化展への出展料金と特徴をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では、AI業務自動化展の特徴や展示会に出展するメリット、出展料金について調査してまとめています。AI業務自動化展への出展を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

AI業務自動化展の特徴

プレス技術のキャプチャ画像引用元:AI業務自動化展(https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp/about/ai.html)

AI業務自動化展は日本最大級のIT専門展であり、商談を目的として開催されています。

「RPS業務代行ロボットを導入したい」「自社の課題を解決できるAIを開発したい」などの課題を抱えた来場者に、自社の製品やサービスを直接訴求できるのが特徴です。

AI業務自動化展には、以下のような製品を扱う企業が出展しています。

  • 感染症対策AI
  • RPA・業務代行ロボット
  • チャットボット
  • OCR・文書電子化
  • データ分析AI
  • 画像/言語処理AI

来場者に自社の製品を実際に目で見て手に取ってもらえるので、製品の訴求から商談までをスムーズに行えるのが特徴です。

AI業務自動化展の出展料金

AI業務自動化展の出展料金

AI業務自動化展の出展料金については、公式ホームページに詳細が記載されていませんでした。そのため、詳しい料金を知るためには、資料請求を申し込まなければなりません。
出展資料から得られるのは以下のような情報です。

  • 出展概要
  • 会場レイアウト図
  • 出展費用 見積
  • 前回 結果報告書

AI業務自動化展への出展を検討している担当者の方は、まずは無料の出展資料を請求して詳細を確認しましょう。

AI業務自動化展の出展資料の請求

AI業務自動化展の口コミ・評判

AI業務自動化展に関する口コミ・評判は見つかりませんでした。

しかし、AI業務自動化展には当年度の予算を持った来場者が多数集まっており、自社の製品やサービスを効率良く訴求できる機会です。

展示会は招待制のため、企業の顧客になる可能性が高い厳選された来場者ばかりが集まっています。また、開催時期が4月ということもあり、新年度の着任したキーマンとの商談機会も広がっているでしょう。

AI・業務自動化に関する製品やサービスを扱う企業は、ぜひ出展を検討してみてください。

AI業務自動化展に出展するメリット

AI業務自動化展に出展するメリット

AI業務自動化展に出展するメリットには以下の2つがあります。

  • AI・業務自動化を求める企業のキーマンに直接アプローチできる
  • 開催期間内に商談を成立させられる可能性がある

AI業務自動化展では来場者を厳選しており、自社の見込み客になり得る来場者に直接アプローチできるのが魅力です。製品やサービスを直に触ってもらえるので、出展企業としてもメリットやベネフィットを訴求しやすいでしょう。

また、商談ブースも用意されており、興味を持ってくれた来場者とそのまま商談に入れる可能性もあります

新規顧客を開拓したい企業は、AI業務自動化展に参加してみましょう。

AI業務自動化展の出展までの流れ

AI業務自動化展の出展までの流れは、公式サイトに記載されていませんでした。ここでは、RX Japan株式会社が主催する他の展示会の流れを紹介します。

  1. 展示会に出展の申込を行う
  2. 契約・出展ブース位置の決定
  3. 出展社専用サイトのオープン
  4. 出展社・製品情報の登録
  5. 出展社幹部向けの特別セミナー開催
  6. お客さまへの招待券の送付
  7. 商談アポイントの設定
  8. 製品搬入・ブース設営
  9. 展示会当日

AI業務自動化展も同様の流れであると考えられますが、詳しくは出展資料を請求して確認する必要があります。また、出展申込は出展可能なスペースがなくなり次第終了なので、出展を検討している方は早めに連絡しておきましょう。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

AIやチャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に会するAI業務自動化展への出展は、パートナーを探す企業に自社の製品やサービスを知ってもらうための有効な手段です。

しかし、ユーザーの情報検索心理をふまえると、本当にここが良いのか確認しようとする情報検索や、ここ以外にもいいところがないのかと考えて比較する情報検索などといった様々な心理があります。

安定的なリード獲得、商談機会創出のためにも、他の施策も検討しておき、ときには複数の施策を組み合わせながら戦略を練ることが大切です。

その様々な情報検索に応じて、以下を行なうのも一手です。

  • AI・業務自動化に特化した他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを利用した指名検索対策
  • 商圏内ユーザーへアプローチするためのSEO対策
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

安定的なリード獲得、商談機会創出のためにも、展示会以外の他の施策も検討してみましょう。

キャククル運営元の全研本社は、これまでに120業種・7600社以上のWeb集客・マーケティング支援をしてまいりました。自社のマーケティングに関することは、ぜひ全研本社にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ