基板実装機の集客に使える広告・マーケティング戦略とは

基板実装機の集客に使える広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スマートフォンの登場以来、基板の製造は長らく海外に移っており、国内業界は大きなダメージを受けていました。しかし、近年は需要が回復し、海外と国内の需要は横ばいの状態です。

第5世代移動通信システムである「5G」の需要が高まり、国内での基板実装機の需要はじわじわと伸びつつあります。しかし、需要が大きく伸びているわけではないため、積極的に集客施策を講じる必要があるでしょう。本記事では基板実装機のマーケティング戦略について解説してます。

基板実装機の広告・マーケティング方法

イメージ画像

具体的なマーケティング戦略を策定したら、自社の商品に適した集客施策を実施していきましょう。基板実装機の分野で業績を伸ばすために有効なマーケティング方法として以下3つを紹介します。

  • 自社ホームページ
  • リスティング広告
  • ポジショニングメディア

自社ホームページ

会社の情報を公開するためのツールとして、自社ホームページを抱える企業も多いでしょう。この自社ホームページもマーケティングツールとして役立ちます。

自社ホームページを上手く運用することで、自社のブランディングも可能です。ユーザーにとって有益なコンテンツを提供できれば、ファンの獲得も実現できるでしょう。
また自社ホームページはオリジナリティを盛り込みやすいので、他社との差別化を図る意味でも有用です。

リスティング広告

リスティング広告は検索結果の上部に表示される広告です。検索結果1位よりも上に表示されるので、ユーザーに見つけてもらいやすくなります

自社と関連のあるキーワードを検索した際に表示されるように指定でき、広告の出稿も低価格で行えます。基本的にクリック課金制なので、従来の広告のように最初から高額な費用が発生することもありません。
費用を抑えて広告を運用したいのであれば、リスティング広告を検討してみましょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
ポジショニングメディアは競合他社と自社の立ち位置を明確にできるメディアです。メディアにおいて差別化や独自化を図ることで、ユーザーに自社の立ち位置を伝えられます。

ポジショニングメディアを閲覧するユーザーは、自社の製品購入を検討している状態です。そこで他社製品と自社製品を比較し、自社の魅力を伝えることで成約や購入の確率が上がります
自社の強みを理解したうえで訴求する必要はありますが、有効なマーケティング手法のひとつです。ポジショニングメディアの詳細は以下よりご確認いただけます。

ポジショニングメディア
について詳しく

基板実装機の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

基板実装機の売上を伸ばすためにもマーケティング戦略の策定が必要です。ここでは、基板実装機の広告・マーケティングに役立つフレームワークとして、「STP分析」と「バリュープロポジション」の2つを紹介します。

STP分析で自社の市場を把握

STP分析はマーケティングにおける代表的なフレームワークであり、アメリカの経営学者であるフィリップ・コトラー氏により提唱されました。
STP分析は以下3つの要素から成り立っています。

  • Segmentation:顧客や市場を細分化する
  • Targeting:ターゲットを明確にする
  • Positioning:自社の立ち位置を明確にして訴求する

STP分析は「自社が誰に対して何を売り、訴求するのか」を明確にするためのものです。マーケティングを実施する際には、まず自社を取り巻く環境を把握しましょう。

バリュープロポジションを明確にする

バリュープロポジションはユーザーにとっての価値であり、自社だけの強みでもあります。顧客のニーズに寄り添った提案を行うには、バリュープロポジションの明確化が必要不可欠です。

バリュープロポジション=顧客が商品を買う理由」なので、顧客の目線で自社の価値を考えなければなりません。
他社との競争に勝ち抜くためにも、まずは自社だけの強みであるバリュープロポジションを明確にしておきましょう。

基板実装機の集客に使える広告・マーケティング戦略まとめ

イメージ画像

基板実装機業界は少しずつ需要が伸びているとは言え、受注を増やせなければ会社の存続に関わります。
他社との差別化を図り、自社の魅力を効率良く訴求するにはマーケティング戦略の実施が必要不可欠です。
しかし、自社でマーケティングの策定が難しい場合もあるでしょう。キャククルの運営元である全研本社では、これまで120業種以上の集客実績があります。
広告・マーケティングに課題を抱えている企業様は、お気軽に全研本社までお問い合わせください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ