制御機器市場の広告・マーケティング戦略とは

制御機器市場の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、制御機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

制御機器業界のマーケティング戦略の課題

2019年度までは停滞気味であった制御機器業界ですが、パンデミックの影響により各方面でオートメーション化が推進。制御機器の需要が高まることで回復の兆しを見せています。

制御機器を用いたファクトリーオートメーション市場は特に伸びており、2020年~2027年までの8年間で8.6%を超える成長が見込まれる状況です。

従来の工場からスマート工場への転換

技術の進歩が進むにつれて、製造業界ではロボットの採用が年々増加しています。

従来の工場では人の手で生産が行われていましたが、製品の量産が求められる近年ではスマート工場への転換を実施する企業も少なくありません。

この現状を受けて世界のファクトリーオートメーション市場は、順調に成長していくと予測されています。

オートメーション化推進による高い需要

2020年に新型コロナウイルスが世界中に広まったことを受けて、多くの人々が在宅勤務を実施しています。この状況でも円滑に組織運営を行うために、製造業におけるファクトリーオートメーション化が以前よりも推進されるようになりました。

2018年にはすでに422,271ユニットの産業用ロボットが設置されていますが、2022年までにさらに12%の増加が見込まれています。

制御機器の広告・マーケティング戦略に役立つフレームワーク

順調に成長することが見込まれる制御機器業界ですが、関連企業が増加しつつあるため市場での生き残りが重要です。

ここでは広告・マーケティング戦略に役立つフレームワークとして、STP分析とバリュープロポジションについて紹介します。

「STP分析」による市場の把握と立ち位置の明確化

STP分析
STP分析は市場を細分化したうえでターゲットを選定し、自社の立ち位置を明確かするためのマーケティング手法です。

「マーケティングの父」として知られるフィリップ・コトラー氏により提唱され、多くの企業で取り入れられています。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):細分化した中から狙う市場を決定
  • Positioning(ポジショニング):狙う市場での自社の立ち位置を明確化

STP分析の進め方は上記3つのステップに分かれています。

ここで最も重要になるのは「ユーザーの視点」に立って分析を行うことです。的確にユーザーのニーズを分析できれば、自社の強みを武器に他社との競合を避けられます。

製品の強みを見つけるためのバリュープロポジション

バリュープロポジション
バリュープロポジションとは「自社が提供する価値」と「ユーザーが真に求める価値」がマッチすることを表します。つまり自社だけが提供できる製品の強みであり、そこには競合他社が付け入る隙はありません。

ユーザーのニーズを丁寧に分析して、バリュープロポジションを見出しましょう。市場と自社の強みを見出すことができれば、自社製品の良さを理解したユーザーの元に効率良く製品を届けることができます。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、ぜひダウンロードをしてみてください。

制御機器のマーケティング戦略

PTS分析やバリュープロポジションを用いて自社の状況や市場を把握したら、次のフェーズとして広告施策を行っていきましょう。

ホームページでのユーザーへの訴求

自社の製品をユーザーに訴求するにはホームページの整備が必要です。新しい製品の導入を検討する際に、検索エンジンを利用して探す方は多いでしょう。

見込み客を効率的に誘導するには、検索ユーザーに自社のホームページを見てもらうことが有効です。製品の強みや自社の実績を掲載したホームページを作り込むことで、ユーザーに対して信頼性の提示もできます。

ランディングページ作成による狙い撃ち

特定の製品を押し出して販売したい場合には、ランディングページの作成も効果的です。

製品の詳細や強みだけでなく、製品を使用した際のベネフィットまで訴求したページであれば、購入意欲の高いユーザーを狙い撃ちできます。

ランディングページの作成には最低でも30万円ほどの資金が必要ですが、ニーズにマッチしたものを作成できれば自動の営業マンとして販売台数を伸ばすことも可能です。

SEOへの取り組み

検索エンジンから自社のホームページを閲覧してもらうには、SEOへの取り組みも重要になります。

しかし狙ったワードで自社のホームページを表示させるには、戦略と高度なテクニックが必要です。社内で取り組めないと感じるのであれば、SEOを外部に委託することもひとつの方法でしょう。

また、製造業におけるSEO対策はコンテンツSEOが欠かせません。
ホームページの調整による上位表示も実施しやすいのですが、更なる流入を増やし、さまざま層から集客をしていくとなるとコンテンツの力が必要となります。

リスティング広告の出稿

SEOの実施とともに大きな効果に期待できる手法にリスティング広告の出稿があります。こちらは知識やテクニックがなくても、検索結果1位の上部に広告を掲載できるため、ユーザーに効率良く閲覧してもらうことが可能です。

SEOの実施が難しいと感じる場合には、リスティング広告の出稿も検討してみましょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは特定市場において専門的なWebメディアを作り、その商材カテゴリーを導入するユーザーを集中的に集客できる場を作ってしまう施策です。

Webメディアという特性を活かし、自社商材の特徴や魅力を打ち出し、あくまでも自社と親和性の高いユーザーや興味を持ってくれたユーザーに絞って反響を獲得することができます。

メリットとしてはとにかく成約につながる反響を獲得できるという点であり、すでに自社商材を前向きに導入検討しているユーザーが商談相手となるので営業リードタイムの改善や客単価の改善が可能になります。

現状のWeb戦略や営業戦略の中でより質を重視した戦略方針があるのであれば、マッチする施策といえるでしょう。

ポジショニングメディアとは?

【まとめ】制御機器の広告・マーケティング戦略とは

新型コロナウイルス流行によるオートメーション化推進を受けて、制御機器の市場は回復が見込まれています。需要が高まれば競争も激化するため、各企業はマーケティング戦略や広告施策に注力することが必要です。

しかし「自社が狙うべき市場を選定できない」「広告施策と言っても自社で成果を出すのは難しい」という場合もあるでしょう。このようにマーケティング戦略や広告施策の悩みを抱えているのであれば、キャククル運営元の全研本社までお気軽にご相談ください。

貴社に適した市場の分析から集客施策までご提案させていただきます。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ