冷却機器の集客に使える広告・マーケティング戦略について

冷却機器の集客に使える広告・マーケティング戦略について
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、冷却機器の広告やマーケティングに役立つフレームワークについて紹介していきます。集客や経営の土台にもなる考え方ですので、ぜひ目を通してみてください。

冷却機器の広告・マーケティング方法

イメージ画像

2019年には世界の冷熱機器市場の約半分のシェアを占めたほど、アジア太平洋地域での発展が著しかった冷却機器(チラー)市場。

しかし、新型コロナウイルスの世界的な流行によって各国政府がロックダウンしたことを受け、データセンターやヘルスケア、製造業などのさまざまな業界で冷却機器の需要が減少し、製品の生産停止も相次ぎ、市場の成長は大きく阻害されてしまいました。

このような状況は、新型コロナの終息が見えない2021年中も継続すると見られています。世界的な需要減少が続くなかで冷却機器産業が生き残るためには、どのような戦略が求められるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

「自社の強み」が伝わるサイトをつくる

会社ホームページは、事業内容や会社の紹介をするだけが役割ではありません。企業のオリジナリティを発揮して、競合との差別化を図るために役立ちます。
今や多くの企業がマーケティングツールのひとつとして、積極的にホームページを活用しているのです。

技術文書やデータなどを盛り込んで、分かりやすく紹介されているコンテンツを制作するのがおすすめです。視覚に訴えやすい動画コンテンツなども良いでしょう。
テキストのみのページよりもユーザーにインパクトを与えることができるほか、情報を取り入れやすい利点があります。

市場に合わせたSEO対策をする

ユーザーを効率的にサイトへ誘導する施策がSEOです。SEO対策ができていると、自社ホームページや自社コンテンツが検索画面の上位に表示されるようになるため、効率的な集客につながります。

最近は検索エンジンの進化によって、テクニカルな方法だけでは上位表示されなくなりました。サイトの質が良く、ユーザーにとって有益な情報を分かりやすく示せているかが上位表示のカギとなります。
ユーザー満足度の高いコンテンツをあらかじめ丁寧につくっておくことが大切です。

ランディングページで入口をふやす

自社サイトの大幅なリニューアルが難しい、ゼロから構築し直すのが難しいような場合には「ランディングページ」と呼ばれる製品・サービスに特化したWeb上の「チラシ」のようなサイトを用意しておくのも効果的です。

ランディングページでは、自社の強みや魅力を全面に打ち出して製品・サービスをアピールできるほか、ダイレクトに成約や問い合わせへとつなげられるメリットもあります。
また、対策キーワードに結びつけて集客を狙うので、ホームページとは別のキーワードで流入してくるユーザーが増える可能性が高まります。

集客の入口を増やすことによって、幅広いターゲットに認知されやすくなるのも魅力です。

自社の強みで集客するポジショニングメディアをつくる

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
自社の強みが伝わるコンテンツを制作し、自社と親和性の高いユーザーを集客するマーケティング施策です。
「ポジション」という名のとおり、市場や業界での自社と競合他社との「立ち位置」をユーザーに分かりやすく示すため、ユーザーは「自分(自社)が欲しい商品はこれだ!」と選びやすくなります。

また、競合他社との比較検討ではなく、「自社の製品・サービスの魅力」を十分に理解したユーザーからの問い合わせや反響が得られるため、成約の確度が高く、ミスマッチになるケースもあまりありません。
ポジショニングメディアの詳細は以下よりご確認いただけます。
ポジショニングメディア
について詳しく

冷却機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

イメージ画像

ビジネスを展開するうえで、自社そのものや販売する製品・サービスがどの位置にあるかを知ることは必要不可欠です。
まずは市場を知り、競合を洗い出し、市場における自社の立ち位置を明確化していきましょう。

自社にマッチする市場を可視化する「STP分析」

STP分析とは、市場の細分化をあらわすセグメンテーション(Segmentation)、狙う市場を決めるターゲティング(Targeting)、自社の立ち位置を明確にするポジショニング(Positioning)の頭文字をとって名付けられた分析方法です。

マーケティング理論で知られる経済学者のフィリップ・コトラー氏が提唱したことで知られており、業種や商材を問わず活用できます。

冷却機器であれば、自社の得意分野が活かせる市場タイプを選定する、海外を視野に入れた市場をセグメントするなど、市場の選定からはじめましょう。
そこからさらに、その市場でニーズがあり、かつ自社が提供できる強みは何か、競合他社との違いは何かを考えていきます。

自社の強みを明確にする「バリュープロポジション」

バリュープロポジションとは、顧客にとって価値があり、競合には提供できない「自社の強み」を明確にしていくフレームワークです。
考えられる顧客や市場ニーズから、自社の製品・サービスで提供できる唯一の価値を洗い出していきます。

バリュープロポジションを明確化する際には、必ず「唯一の」価値を示すことが大切です。
ユーザー目線に立ってユーザーの行動を客観的に把握し、それに応じた自社の価値が何かを導き出していきます。

冷却機器の広告・マーケティング戦略なら

イメージ画像

新型コロナの影響で需要減少の傾向にあった冷却機器市場ですが、ワクチンの普及によって2022年以降は市場動向も徐々に回復していくと予想されています。
自社や製品・サービスが市場のどの位置にあり、どんな価値を提供できるかをあらためて振り返ってみることも大切です。

キャククルの運営元である全研本社では、これまで120業種以上の集客をお手伝いしてまいりました。「自社の強みが分からない」「なかなか集客につながらない」といった悩みや課題をお持ちの方は、ぜひ全研本社にご相談ください。ユーザーに選ばれる、成約までを見据えた戦略的なWebマーケティングをご提案いたします。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ