電波新聞の広告掲載料金は?口コミ評判もチェック

電波新聞の広告掲載料金は?口コミ評判もチェック
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

電波新聞は、電機業界では貴重な日刊紙です。ここでは、電波新聞の特徴や広告掲載におけるメリット、広告掲載の流れなどを掲載しています。
電波新聞キャプチャ画像

引用元:電波新聞公式HP(https://www.dempa.co.jp/)

電波新聞の特徴

電波新聞は、電子工業のニュースをビジネス・技術の両サイドから取り上げています。産業界で話題のIoT・AI・ロボット・自動運転を支える技術と動向を紹介しており、国内外から注目されている情報紙です。同紙では、連日のように有力の企業や製品情報が登場するため、電子工業以外の業界で働く人からも関心を集めています。

特集企画が多いので個人で読んでいる方も多い

電子工業の業界で注目されている分野や製品について、年間180本も企画を行っています。地域に特化した情報も掲載している地方版もあるため、都心の情報だけでなく、地元にいる方でも自分に深く関係する情報を入手できるのが特徴です。

平日に発行されている日刊新聞

電波新聞は、平日に発行されている日刊新聞です。創刊は1950年で70年以上にわたって、電子工業の今を伝え続けています。これから成長する分野に焦点を当てた特集が多いため、新しい技術・製品・業界動向を知りたい際に役立つでしょう。

電波新聞の広告掲載料金

電波新聞の広告掲載料金の一例を紹介します。

月間最低段数 契約広告料金 ※税不明 不定期広告
年間契約広告 6カ月間契約広告 1段当たり
1面 1 292,000円 320,000円
中面 1 174,000円 206,000円 241,000円

※引用元:株式会社明広社公式HP(http://www.meikosha.com/images/pdf/05.pdf)

電波新聞の口コミ・評判

電波新聞の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

電波新聞に広告掲載するメリット

ここからは、電波新聞に広告掲載するメリットを掘り下げて紹介しています。電子工業の業界に広告掲載を予定している企業は、下記をぜひ参考にしてください。

エレクトロニクス業界を全方位カバーしている

電波新聞の読者の勤め先は、流通・小売・製造・開発・販売・マーケティングと多岐にわたります。エレクトロニクス業界を支える幅広い層が読んでいるので、各方面に広告を見てもらいたい企業や幅広い業界に認知してもらいたい企業に使い勝手が良いといえます。

紙面・オンラインどちらも確認している読者が多い

電波新聞では新聞を購読すると、オンライン購読ももれなく付いてきます。新聞とオンラインのセットか、もしくはオンラインのみの会員か、2つのプランに絞っているのでどちらも確認している読者が多いのです。新聞・オンラインの両方を併せたプランが月額5,955円(税込)で、オンラインのみのプランが月額4,950円(税込)と差額が1,000円弱と少ない事も、両方の読者が多い理由の一つでしょう。広告を新聞に載せてもオンライン版に載せても、一定の反響が期待できます。

発行部数が29万5,000部と多い

電波新聞はニッチな情報紙ですが発行部数が29万5,000部と多く、事業所や工場、店舗、官庁、自宅など電子工業以外の人の目にも触れます。幅広い層に向けて情報発信ができるため、自社・ブランドの認知度向上に一役買うでしょう。広告契約に関しては、年契約・6カ月契約・不定期広告と3種類あるので、自社の予算とマーケティング戦略を考慮して掲載頻度を決められます。

電波新聞の広告掲載までの流れ

広告掲載する場合は、電波新聞の営業部まで連絡しましょう。連絡の際にどの場所に出稿するか、料金形態はどうなっているのか、詳しく説明を受けられます。説明や確認のあった後に、入稿データの送付を行い出稿する運びです。入稿データのガイドラインについては、電波新聞公式HPから確認してください。制作時の注意事項・動作アプリケーション・EPS保存時の設定など、詳しい制作手順が掲載されています。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

電波新聞は、電子工業関連の会社や人に向けて情報を発信できるため、範囲を決めずに広告を打つよりも多くの反響を期待できるでしょう。自社やブランドの認知度が低い場合は、オンライン版を含め新聞に広告を掲載して、認知力をアップするのが一つの手です。

しかし、ユーザーの情報検索心理を考えると、本当にここを選んでいいのか検証する情報検索、他にもっといいところがあるのではと考えて比較をする情報検索と様々な心理があります。

  • 電子工業に強いポータルサイトへの掲載で更なる認知度向上をはかる
  • グーグルマイビジネスによる指名検索対策
  • SEO対策で商圏内ユーザーを狙う
  • ポジショニングメディアで、自社の立ち位置を確立し自社製品を希望する方を集客する

集客力を上げるためにも、上記を組み合わせてマーケティング施策を練っていきましょう。

製造業の集客・広告戦略まとめ

ページトップへ