エネルギー機器メーカー向け広告・マーケティング戦略の立て方

エネルギー機器メーカー向け広告・マーケティング戦略の立て方
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、エネルギー機器メーカーの市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

エネルギー機器メーカーのマーケティング戦略が変化

円グラフ
エネルギー機器メーカーは、近年ではマーケティング戦略を変える必要に迫られています。コロナ禍をきっかけにして、業界に大きな変化が起こっているからです。

コロナ禍による営業機会の減少

コロナ禍によって、対面での営業の機会が激減しました。感染リスクを減らすために取引先への訪問を控えるケースが多く、また顧客の側もそれを望んでいるからです。

しかし多くのエネルギー機器メーカーは、対面の営業を繰り返しながら取引を進めていくのが主流でした。これまでような営業ができなくなったことに、うまく対応できていない会社も少なくありません。

広告・マーケティング戦略をオンラインにシフトする必要がある

今後は広告やマーケティング戦略を、オンライン中心にしていく必要があります。人との接触をなるべく避ける傾向が続く中で、情報収集の中心がWebに移っているからです。

顧客は展示会などに足を運ばなくなった一方で、Webでの検索などで情報を集めています。顧客に自社の製品を知ってもらうには、オンラインのマーケティング戦略が必要なのです。

広告戦略に欠かせないコンテンツマーケティング

パソコンやタブレットで検索
Webでの広告戦略で有効なのが、コンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングでは、有益な記事などのコンテンツを届けることで、見込み客に自社製品について知ってもらうのが目的です。見込み客が記事に価値を感じれば、自社への信頼にもつながる点がメリットです。

エネルギー機器はBtoBビジネスであり、商品が高額な場合が多いです。購入までの検討期間が長く、情報を集める担当者と決裁者が一般的に別だという特徴もあります。

こうした点を踏まえると、コンテンツを読んだ見込み客にいきなり購入を促すのではなく、まずはお問い合わせにつなげる方法が有効です。お問い合わせを受けた営業パーソンが、見込み客を丁寧にフォローしていくことで、購入にまでつなげやすくなります。

エネルギー機器メーカーにおいて有効な広告・マーケティング戦略

メリット・注意点
Webでのマーケティング戦略をどう立てれば良いのか、迷ってしまうことも多いでしょう。そこでエネルギー機器メーカーが取り組むべきWeb集客の施策を紹介します。

ユーザーの受け皿となる「公式サイト」

まず取り組むべきなのは、「公式サイト」を整えることです。何らかのきっかけで自社のことを知った見込み客は、より詳しい情報を得るために公式サイトをチェックするでしょう。そこで自社に対して良い印象を持ってもらうことが大切です。

公式サイトを訪れた人が見たいページにすぐにアクセスできるように、会社情報や製品一覧、お問い合わせフォームなど、ページをわかりやすく整理しておきましょう。古い情報がそのままになっていると、見込み客からの信頼を失うことになるので、公式サイトはこまめな更新が必須です。

企業の印象を左右する「LP広告」

「LP(ランディングページ)広告」は、マーケティング戦略において重要です。LPを利用すれば、商品のメリットや導入事例など、見込み客が購入を検討する際にチェックしたい情報を、漏れなく伝えられるからです。

エネルギー機器は一般に検討期間が長いため、見込み客は他社の商品の情報も見て、自社商品と比較するだろうと考えておくべきです。LP広告では、自社商品ならではの強みが、ひと目で伝わるように意識しましょう

見込み客を獲得するのに役立つ「オウンドメディア」

自社の「オウンドメディア」を運営することで、多くの見込み客を集められます。見込み客が関心を持ちそうな記事を集めたメディアを作ることで、自然に自社のことを知ってもらうのがねらいです。

エネルギー機器の購入を検討している会社は、Webで積極的に情報収集をしているため、オウンドメディアにアクセスする可能性が高いです。記事内であえて宣伝をしなくても、「こんなに良い記事を書いているのはどんな会社だろう」と見込み客に興味を持ってもらえれば、オウンドディアは成功です。

競合との差別化に有効な「ポジショニングメディア」

「ポジショニングメディア」とは、業界内での自社の立場や強みを発信するメディアです。オウンドメディアと比べると、自社と相性の良い見込み客を集めやすいというメリットがあります。

たとえば自社が風力発電機器に強みがあるとします。その場合は「風力発電機器を選ぶ際の注意点」「他の発電方法にはない風力発電のメリット」などのコンテンツを充実させることで、自然に風力発電の導入を検討している見込み客を集めることが可能です。
ポジショニングメディアとは?

Web広告の吟味や差別化がマーケティング戦略の鍵

ソーラーパネル
エネルギー機器は、じっくりと検討されたうえで購入されるという特徴があります。商品を知ってもらうだけでなく、他社と比較した際に自社を選んでもらえるように、自社の強みを伝えられるマーケティング戦略を立てましょう。

対面での営業が難しい現状では、Webでの広告活動がますます重要になっています。全研本社では、ポジショニングメディアなど様々な施策のアドバイスを行っています。マーケティング戦略にお悩みであれば、ぜひご相談ください。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ