【5分で理解】分離・ろ過装置の集客に使いたい広告・マーケティング戦略とは

【5分で理解】分離・ろ過装置の集客に使いたい広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

分離・ろ過装置の業界の動向と、広告・マーケティング戦略について紹介していきます。また、優れた集客効果が期待できる「ポジショニングメディア」も、あわせて紹介していくので、集客施策を行うときの参考にしてください。

分離・ろ過装置の市場について

イメージ画像

分離・ろ過装置は、化学処理・製薬・バイオテクノロジー・燃料・バイオ燃料といった具合に様々な業界で活用されています。市場は、今後も堅調に推移していくと予測されています。
特に新型コロナウイルスの影響で、分離やろ過装置の需要は高まっているため、新規顧客を獲得するチャンスだといえるでしょう。

堅調に推移している今がマーケティングを始めるチャンス

分離やろ過装置の需要が高まっている今が、マーケティングを始めるチャンスだといえます。マーケティング戦略はトライアルアンドエラーで、一朝一夕には効果が得られません。好調な動きが見えている今のうちに始める事で、需要が低下したときに耐えられる企業を目指せるでしょう。

分離・ろ過装置の広告・マーケティングに役立つ方法

分離・ろ過装置の広告・マーケティングに役立つ方法を紹介していきます。マーケティング戦略を始める際は、以下を活用すると方向性を見失わずに済むのでおすすめです。

1.STP分析

STP分析は、分離・ろ過装置の市場を見極めるうえでも有用な分析方法です。ただやみくもにマーケティングを行っても、費用に見合うだけの効果を得るのは難しいでしょう。見切り発車をする前に市場を細かくリサーチしておくと、自社が戦うべき市場を明確にできます。

  • S(セグメント)「年齢・気候・動向など、様々な条件で市場を細分化」
  • T(ターゲティング)「いくつもの条件に分けた中で、自社が勝てる市場を決定」
  • P(ポジショニング)「強みを明らかにして、市場内での自社の立ち位置を確立する」

2.バリュープロポジション

バリュープロポジション

バリュープロポジションとは、他社には提供できない価値、かつ、顧客のニーズと合致する自社が提供する価値を指します。

バリュープロポジションは、自社と競合の違いを明確にし、購買意欲の高い層を集客するための分析方法です。
ホームページを開設しても問い合わせばかりで、成約に繋がらないと困っている企業は少なくありません。
自社製品の強みが明確になっていないと、製品の特徴を知るために、問い合わせをする人が増えてしまいます。まだ比較検討すらしていない層が大半を占めると、営業に時間を取られ効率が低下する恐れも。

その点、バリュープロポジションを利用すれば自社の強みを明確にできるので、比較検討前の問い合わせ数を減らし、購買意欲の高い層の集客が可能です。

分離・ろ過装置の広告・マーケティング方法

イメージ画像

分離・ろ過装置の広告・マーケティング方法を紹介していきます。広告戦略やマーケティング戦略を実施する際は、下記から優先的に取り組んでみてください。

1.ホームページに分離・ろ過装置についての事例を掲載する

自社製品の魅力を正しく伝えるためには、ホームページに事例を掲載するのが一番手っ取り早いといえます。
既に事例を掲載している企業は、写真・文書を使ってより内容を掘り下げて紹介してみましょう。写真のみ、文書のみではクライアントに自社製品の魅力をアピールするのは難しくなります。

また、事例を詳しく掲載すると、思わぬ業界から注文が入るケースもあります。業界の知識がない人が見ても、一目でメリットが伝わるホームページに仕上げることが大切です。

2.ポジショニングメディア・オウンドメディアを導入する

分離・ろ過装置のような専門性の高い製品は、ポジショニングメディアやオウンドメディアを導入することも一つの手です。
ホームページだけでは掲載しきれない情報も、これらを導入すると発信できるようになりますし、自社製品について知ってもらうきっかけにもなります。

ポジショニングメディア

バリュープロポジションで明確にした強みを、アピールするためのサイトです。競合・自社を一度に紹介し、自社製品の強みをPRします。
自社製品が持つ機能や特徴に興味を持った人達が問い合わせするので、成約に繋げられる可能性が高まります。以下のリンク先で、詳細や導入事例を掲載しておりますので、ぜひご確認ください。

ポジショニングメディアとは?

オウンドメディア

自社製品や自社の取り組みをPRするためのサイトです。
ホームページやポジショニングメディアで興味を持ってくれた人達に、より深い内容を伝えることができます。自社のファンになってもらえるので、受注単価のアップが期待できるでしょう。こちらも以下のリンク先で、詳細や導入事例を紹介しております。

オウンドメディアとは?

分離・ろ過装置の集客にお悩みの企業様はマーケティング施策の検討を

イメージ画像

新型コロナウイルスの影響もあり、分離・ろ過装置の業界は好調な動きを見せています。投資できる体力がある今のうちに、リピーターを掴むためのマーケティング戦略を立てることをおすすめします。

キャククルの運営元である全研本社では、これまで120業種以上の業界のマーケティング施策を支援してまいりました。
バリュープロポジションを使ったマーケティング施策も得意としておりますので、経営課題を抱えている企業様はぜひご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ