画像ラボの広告掲載費用と評判まとめ

画像ラボの広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、画像ラボの特徴と広告掲載のメリットなどをまとめています。集客を図るために、画像ラボへ広告掲載を考えている人は必見です。

画像ラボのキャプチャ

引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=5089)

画像ラボの特徴

画像技術の専門誌で、若手から中堅技術者までをターゲットにしている

画像ラボは画像技術の専門誌です。若手技術者から中堅技術者までをターゲットとしており、画像入力や画像処理、解析や画像通信技術など様々な技術を紹介しています。FA・OA・HA分野の解説がメインで掲載されています。

画像技術者が知っておきたい基礎に加えて応用知識も解説している

画像ラボでは、画像技術者が知っておきたい基礎知識と、技術を磨くための応用知識を分かりやすく解説しています。指南書として若い層から中年層まで読まれているのが特徴です。また、展示会や業界の動向を特集ページで紹介しているので、流行を押さえたいと考える学習意欲の高い人達に愛読されています。

30年以上親しまれている画像処理を効率化できる専門誌

画像ラボは1990年1月1日に創刊され、30年以上にわたって親しまれる専門誌です。発行部数が2万部と、専門誌としてはかなり多く刷られています。画像処理の仕事を効率化するために、様々な現場で役立てられているのが特徴です。

画像ラボの広告掲載料金

  • 表紙頁(4色)1回掲載550,000円(税込)
  • 表2頁 (4色)1回掲載440,000円(税込)
  • 表3頁 (4色)1回掲載407,000円(税込)

画像ラボの口コミ・評判

画像ラボの広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

画像ラボに広告掲載するメリット

機械・電気機器の業界に従事する読者が多く、BtoB向け広告を打ちやすい

画像ラボの職業別の読者層としては、機械・電気機器、大学・官公庁、輸送用機器・精密機械の業界に従事する人が過半数以上を占めています。画像処理に関する専門誌のため、機械や電気機器関連の業界の人に読者が多いです。BtoB向けの製品を扱う企業にとっては、ターゲット層が多く集まる媒体なので広告を打ちやすいでしょう。

関東・近畿エリアに比較的ターゲットを絞れる

画像ラボの地域別読者層は関東と近畿に集中しており、関東が47%近畿が24%と、2つのエリアだけで7割近くを占めています。上記2つのエリアに住んでいる人に対して、自社製品をアプローチしたい場合に重宝するでしょう。

画像ラボの広告掲載までの流れ

画像ラボに広告掲載を依頼する場合は、ラフが前々月末までの締め切りで、完版・データが前月5日、ポジが前月10日までに入稿が必要です。出稿形態に関しては相談可能なので、日にちに余裕を持って日本工業出版株式会社に問い合わせをしましょう。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

集客する際は、1カ所に広告掲載するだけでは効果を継続させるのは難しいといえます。広告掲載で関心を持つ人が一時的に増加するので、その機会を逃さず顧客をつかんでおくことが重要です。画像ラボの広告掲載と併せて、下記の施策も検討してみましょう。

  • BtoB向けの広告サービスに登録する
  • 対談や特集で自社を取り上げてもらい、自社製品を深く知ってもらう
  • 自社ホームページに沢山コンテンツを用意して、問合せ数を増やす
  • ポジショニングメディアで自社の強みをアピールし顧客を誘導する

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ