ガス発生装置の広告・マーケティング戦略とは

ガス発生装置の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ガス発生装置の企業に向けて、集客方法を紹介していきます。広告・マーケティング施策の効果が得られない企業は、下記を参考にして実施していきましょう。

ガス発生装置の市場について

イメージ画像

ガス発生装置の市場は、産業用ガス発生装置が2021年から2027年にかけて、年平均成長率7.7%上昇していく見込みです。中東やアジアの新興地域で需要が高いため、産業用ガス発生装置の市場は今後も堅調に推移していくでしょう。

しかし、実験室用ガス発生装置の市場は、新型コロナウイルスの影響で縮小傾向にあります。ただ、一時的に不況の影響を受け売上が減少したものの、2021年から2026年にかけて、年平均成長率14.2%で成長する予測となっています。

ガス発生装置の市場は好調な動きを見せている

ガス発生装置の市場は、新型コロナウイルスの影響を多少受けたものの、今後も好調な動きを見せていくと予想されます。
好調なうちに新規顧客を開拓するためにも、計画的な広告・マーケティング戦略でポジションを確立すると良いでしょう。マーケティングに力を入れていない企業は、この機会に戦略を立てて長期的に施策を実施していきましょう。

ガス発生装置の広告・マーケティングに役立つ考え方

イメージ画像

ガス発生装置の広告・マーケティング戦略に役立つ考え方を紹介していきます。ガス発生装置の売り上げが伸び悩んでいる企業は必見です。

1. STP分析(segmentation・targeting・positioning)

STP分析とは、自社が狙うターゲット・ポジショニングを明確にできる分析方法です。ガス発生装置を販売する際のターゲットが、定まっていない企業は取り組む価値があります。

市場を細分化して、自社が狙うターゲットを決め、市場内でのポジションを確立させる方法を考えます。
ターゲットを決めて置かないと、広告やマーケティング施策を打っても不発に終わる可能性があるので注意しましょう。

2. バリュープロポジション

バリュープロポジション
バリュープロポジションは、他社と横並びのPRを止められる画期的な考え方の一つです。競合にはない自社が提供できる価値の中で、顧客が本当に求めている価値を洗い出します。
顧客が求めている価値を全面的にPRすれば、自社製品の購買意欲が高い層を集客できるようになります。

ガス発生装置の広告・マーケティング方法

ここからは、ガス発生装置の販売に役立つ広告・マーケティング方法を紹介していきます。マーケティング施策に行き詰っている企業は、下記を参考にしてみましょう。

1. 展示会に出展する

都市を中心に開催されている展示会に出展し、実機を見てもらうのも一つの方法です。普段はかかわりのない業界とも繋がりができるため、新規顧客を開拓するのに向いています。
今はオンライン展示会も多く開催しているので、地方にある企業も出展しやすいでしょう。

2. ホームページを一新する

ガス発生装置の納入事例などを掲載すると、より分かりやすいホームページになります。今まで取引がある業界だけでなく、他の業界からも声をかけられる可能性があるでしょう。
ホームページのレイアウトや動線は専門家に任せると、より消費者が分かりやすい操作性の高いサイトにできます。

3. ポジショニングメディアを導入する

ポジショニングメディアは、バリュープロポジションの考え方を取り入れたサイトです。消費者に自社・競合の情報を見比べてもらい、自社ならではの魅力を知ってもらいます。
自社に関心を持っている人達を集客できるので、成約率の向上が図れるでしょう。

ポジショニングメディアを導入した企業様からは、実際に下記のような喜びの声をいただいております。

  • 自社製品に関心を寄せてくれる人が増え、アポ率が3倍以上に増えた
  • 自社が求めるターゲットを集客でき、受注単価が2.5倍に増加した
  • 競合と自社製品の違いを理解してくれるので、成約までの時間が3分の1になった

下記のリンク先で詳しく解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。
ポジショニングメディア
について詳しく

ガス発生装置の集客施策でお悩みなら…

イメージ画像

ガス発生装置の市場は、今後も堅調に推移していく見通しです。好調に推移している今だからこそ、余力があるうちにマーケティング施策を講じる必要があるでしょう。

キャククルの運営元である全研本社では、120業種以上の集客施策をサポートしてきた実績があります。特に、バリュープロポジションを活かしたポジショニングメディアを得意としております。
ガス発生装置の集客施策でお悩みの企業様は、ぜひ全研本社までご相談ください。

【無料】ポジショニングメディア
の導入相談はこちら

ページトップへ