熱源設備の集客に活用できる広告・マーケティング戦略とは

熱源設備の集客に活用できる広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、熱源設備の市場の動向とマーケティング戦略に有用なフレームワークなどについて解説しています。

熱源設備関連での集客を図る広告戦略などを考えている方は、以下を参考に施策を検討・実施してみてください。

また具体的なマーケティング施策として、各業界で集客効果を発揮している「ポジショニングメディア」についてもあわせて紹介しています。

導入した企業では「商談率が8割を超えた」「契約までのリードタイムが1/3に短縮できた」「受注単価が2.5倍にアップ」といった成果も実感されており、着実に成約につながる施策となっています。

この記事の後半で詳しく紹介しておりますので、集客施策に悩んでいるという方は、ぜひご覧ください。

熱源設備の市場動向は?

熱源設備の市場は、富士経済によると、2030年度には2018年度比の104.6%まで拡大する見通しです。

継続して販売するサブスクリプションのストック型ビジネスに限っては、2030年度は2018年度比の129.0%に上昇すると見られています。

ただし、売り切り契約のフロー型では、2030年度は2018年度比の96.3%と減少する予測となっているので注意が必要です。

参照元:富士経済グループ「空調・熱源関連ビジネス市場を調査」(https://www.fuji-keizai.co.jp/file.html?dir=press&file=20037.pdf)

市場の成長は鈍化していく可能性がある

上述した通り、現在売り切り型のビジネスを行っている企業は、今後需要が下がっていく可能性を考慮して、早急に対策に乗り出すことが大切です。

また、サブスクリプション型のビジネスでも解約するケースもあるため、市場の拡大が鈍化していく可能性を視野に入れて動く必要があるでしょう。

早めにマーケティング戦略を考え実施しておくと、市場規模が小さくなった際にも安定した顧客獲得が可能になります。

熱源設備の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

マーケティング戦略を考える際に役立つフレームワークとして、STP分析とバリュープロポジションについてご紹介します。

マーケティング施策では自社ならではの強みや差別化ポイントを明確にすることが大切です。フレームワークを活用し、改めて自社のことを見直す機会にしてみてください。

適切な広告掲載やマーケティング戦略を実施して、早い段階から市場内での自社のポジションを確立しておきましょう。

1.STP分析で狙うべき市場を明確にする

STP分析は、フィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワークです。

市場を細分化し、細かく分けた情報から自社が狙う市場を選定して、顧客を獲得するためのポジションを市場内で確立する手法です。その名の通り、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングのSTPそれぞれの視点で自社のおかれた状況を分析することで、競合と自社の棲み分けを図ります。

熱源設備の市場は東京オリンピックの開催にあわせて、大都市圏で好調な動きを見せていました。

しかし、今後はオリンピックにあわせた建築ラッシュが終わり、新築の需要は一時停滞することが予想されます。ただ、2011年頃の建設ラッシュで建てられた建築物の改修の際に、熱源設備を入れ替えるところが増えていく見通しのため、市場の動向を把握しておくことが大事です。

市場の動向を予測し細分化すると、自社が狙うべきターゲット層が明確になるでしょう。

  •  S:市場の細分化
  •  T:細分化したデータをもとに狙う市場を選定する
  •  P:市場内で顧客を獲得するためのポジションを確立する

2.バリュープロポジションキャンバスで自社の強みを打ち出す

バリュープロポジションキャンバスは、自社と競合を棲み分けるためのフレームワークです。

バリュープロポジションとは、他社には提供できない価値で、顧客のニーズと合致する自社が提供する価値を指します。顧客が求めているのは商品やサービスではなく、困っている状況を解消したり、私生活を豊かにしたりするための道具です。

企業視点だけでマーケティング戦略を立てると、良い製品であっても売れる製品にはなりません。バリュープロポジションで自社の強みを洗い出すと、ユーザーに対して本当に訴求すべきアピールポイントが明確になるでしょう。

熱源設備の広告・マーケティング方法

これより先は、熱源設備を売るためのマーケティング方法を紹介していきます。何の施策に費用を投じるべきか悩んでいる企業は、下記を踏まえて施策を実施してみましょう。

ホームページを作成・一新する

ホームページを制作したものの、手つかずになっている企業は、この機会に再度見直してみてください。
ホームページが山のようにある現代では、「わかりやすさ」が重要です。

自社の製品に興味を持ってくれたユーザーがホームページに訪れたものの、求めている情報がなかったり、どこにあるかわかりにくい場合には、数秒でサイトを離れてしまうこともあります。

そのため訪れた瞬間に製品の強みが伝わる、もしくはどこを見るべきかがわかりやすいホームページにつくり変えましょう。

また、情報が少な過ぎると比較検討すらしてもらえない恐れがありますので、事例や資料など詳細を確認できるようにすることも大切です。

Web広告を活用する

情報収集や比較検討にはインターネットをつかうことがいまや当たり前です。
熱源設備の会社を検索するユーザーがどのような検索ワードを使用するかを考えて、リスティング広告などを出稿するのも有効です。

リスティング広告はGoogleなどの検索結果に表示される広告枠です。即効性は期待できますが、クリックごとにコストがかかりますので、予算管理は注意しておきましょう。

また熱源設備の情報が集まっているポータルサイトなどがあれば、情報を掲載したり、バナー広告枠を購入するなどでも、ニーズのある顧客に自社を認知してもらいやすくなるでしょう。

ただしWeb広告は入り口にすぎません。たどり着いたホームページなどの情報がわかりにくければ、結局成約につながらず、かけた広告費が無駄になってしまいます。Web上で確認できる自社の情報がわかりやすく魅力的か、しっかりと見直しておきましょう。

自社と相性の良い顧客を集客できるポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、自社ならではの強みや差別化ポイントを競合と比較できるような形で見せ、市場内での自社のポジション(立ち位置)をわかりやすくユーザーに伝えることができるメディアです。

コンテンツSEOによって熱源設備を求めるユーザーを広く集客。その中で自社と相性の良いニーズを持つユーザーだけが問い合わせてくれるようになります。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

企業側としては「〇〇といえば自社」という強みを伝えられ、ユーザー側は「自分のニーズにあう製品はこれだ」と納得して選ぶことができる、win-winのマーケティング戦略になっています。

ポジショニングメディアを見て問い合わせたユーザは、すでに自社の強みを認知しているユーザーです。そのため商談率や成約率も高まる傾向があります。

実際にポジショニングメディアを導入している企業様からは、以下のような成果を実感する声もいただいております。

  • 自社に魅力を感じた人が問い合わせてくれるため、商談率が80%を超えた
  • 直ぐに打ち合わせや商談に入れるようになり、契約までの期間が1/3になった
  • 購買意欲が高まっているユーザーを集客でき、受注単価が2.5倍にアップした

新しいマーケティング施策を実施したい、自社にとって効果的な集客戦略を導入したいという方は、ぜひ詳細もご覧ください。
ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

マーケティング・営業戦略でお困りの企業はご相談を

キャククルを運営する全研本社では、クライアント独自の強みを軸とした集客・マーケティング戦略の提案を得意としています。

いままでに120業種を超える様々な業界のクライアント企業を支援してまいりました。
専門性の高い製品や、ニッチな市場であっても効果的なマーケティング戦略を実施することが可能です。

熱源設備の市場でしっかりと自社のポジションを確立し、安定した集客経路をつくっておきましょう。

市場の中での認知度が低い、うまく集客ができていない、反響があっても成約につながらないといったお悩みや課題があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ