熱処理加工の広告・マーケティング戦略とは

熱処理加工の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、熱処理加工市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

熱処理加工のマーケティング戦略の課題

熱処理加工の市場は金属熱処理や生産ラインの統合、また新興諸国からの需要増加によって拡大しています。特に金属熱処理の市場規模は、2020年から2024年にかけて164億1,000万ドルに拡大し、この4年間で毎年約4%成長する予測です。

別のレポートでは2020年から2025年までの5年間に収益面で、毎年約5.3%の成長を見せるとも予想されており、市場規模は7億7,700万ドルに達するとも言われています。これらのレポートから熱処理加工業界は順調に成長していると伺うことが可能です。

一見すると活況市場ですが、熱処理加工にもさまざまな課題があります。例えばエネルギーの高騰や需要の多様化により、省エネルギーかつ効率的な加工技術が求められるでしょう。

熱処理加工業界では求められる技術が高度化しており、環境問題にも対応できる技術の開発が必要とされています。

熱処理加工の広告・マーケティング戦略に役立つフレームワーク

順調に市場を拡大する熱処理加工業界にも広告・マーケティング戦略は重要です。ここではマーケティング戦略に役立つフレームワークとして、STP分析とバリュープロポジションについて紹介します。

ターゲット市場と自社の立ち位置を見極めるための「STP分析」

STP分析
STP分析は「マーケティング原理」「マーケティング・マネジメント」などの著書を生み出してきたアメリカのフィリップ・コトラー氏により提唱された手法です。

自社の市場を細分化したうえでターゲットを選定し、市場での自社の立ち位置を見極めることを目的としています。

STP分析には以下3つの要素があります。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):細分化した中から狙う市場を決定
  • Positioning(ポジショニング):狙う市場での自社の立ち位置を明確化

3つのステップで分析を行う際には「ユーザー視点」に立つことを忘れてはいけません。ユーザー視点で市場のニーズを分析できれば、自社の強みを打ち出して競合他社との戦いを避けながら製品の売上げアップも可能です。

バリュープロポジションで自社の強みを見つける

バリュープロポジション
ニーズにマッチした商品を生み出せなければ、ユーザーの手に取ってもらうことすらできません。そこで重要な考え方となるのがバリュープロポジションです。

バリュープロポジションとは自社が提供できる価値とユーザーが望む価値が重なる部分のことを表しています。自社がバリュープロポジションを見い出せたと思っていても、ユーザーにとって競合他社との差がなければ最後は価格競争になってしまうでしょう。

企業はライバルを徹底調査したうえで、競合他社にはない自社だけの強みを打ち出す必要があります。バリュープロポジションを明確にすることで営業効率や単価を上げられるので、妥協しない徹底的な分析が大切です。
下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、ぜひダウンロードをしてみてください。

熱処理加工のマーケティング戦略

マーケティングに役立つ2つのフレームワークであるSTP分析とバリュープロポジションを活用して、市場と自社を分析したら、次の段階として広告施策を実施していきます。

自社ホームページで製品を紹介する

自社のホームページを作り込み商品紹介を行えば、広告代わりとしての機能を果たしてくれます。

製品がズラッと並んだ紹介ページは言わばパンフレットのようなもの。営業マンが自ら足を運ばなくとも、検索エンジンを経由してユーザーが問い合わせをしてくれる可能性が高まります。

インターネットが身近な存在となった現代では、自社ホームページは必要不可欠です。

ランディングページで特定のペルソナに訴求

STP分析とバリュープロポジションでターゲットを絞り込めていれば、ランディングページの作成により特定のペルソナに対して製品の訴求が可能です。

ランディングページにたどり着くユーザーは製品との親和性が高く、効率的な成約につなげられます。作成には費用と時間がかかりますが、作成してみる価値はあるでしょう。

市場にマッチするSEOの実施

ホームページやランディングページを使った広告施策を行う場合、SEOは切っても切り離せない存在です。

SEOでは検索エンジンに「熱処理加工 製品」などと、入力した際の検索結果で上位表示を目指します。なぜなら上位に表示されるほど多くのユーザーに製品を知ってもらえるからです。

SEOには時間と手間がかかり、すぐに効果を上げられるものではないですが、マーケティング戦略では必須の手法となっています。

リスティング広告の出稿

あまり時間をかけずに広告の効果を得たい場合には、リスティング広告の出稿が適しています。

リスティング広告を出せば検索結果の上部に広告を表示させられ、費用は広告がクリックされた際にしか発生しません。市場規模によって費用に偏りはありますが、ユーザーとの接触を増やすという意味では有用です。

ポジショニングメディア

自社商品を理解した顧客を獲得できない、他社と比較前提の反響が多い、そもそも受注に至らない反響が多いとお悩みでしたらポジショニングメディアで解決することが可能です。

ポジショニングメディアは、熱処理加工マーケットに特化をしたWebメディアを立ち上げ、緻密な市場環境分析をもとに取るべきターゲットに響くマーケットを選定。
選定後には取るべきターゲットに自社の魅力を感じてもらえるような訴求に仕上げ、自社にあった顧客の集客を実現することができます。

もし自社が熱処理加工マーケットでどのようまマーケティング戦略や見せ方をすべきか迷っている場合でも、ポジショニングメディア制作においては市場調査や分析、そのアウトプットまで全て行うため、今後のマーケティング戦略の参考にすることも可能です。

ポジショニングメディアとは?

【まとめ】熱処理加工の広告・マーケティング戦略とは

熱処理加工は今後の成長が期待される業界であり、市場の拡大が見込まれています。しかし課題となる点も多く、環境負荷の小さな技術を開発しながら自社製品の強みを伸ばしていかなければなりません。

そこで必要となるのがSTP分析やバリュープロポジションなどのマーケティング戦略です。ですが、ノウハウがないために自社で適切な戦略を立てることは難しいという場合もあるでしょう。

広告・マーケティング戦略に関してお悩みの方はお気軽に全研本社までご相談ください。貴社にとって適切な市場を分析し、製品の魅力を伝えられる集客施策をご提案いたします。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ