画像処理市場の広告・マーケティング戦略を知る

画像処理市場の広告・マーケティング戦略を知る
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、画像処理市場の市況を踏まえ広告・マーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

画像処理市場について

画像処理システムは、省人化対策と高品質要求によって2016年度から急速に需要が拡大している市場です。

画像処理装置やカメラ、基板実装を中心とした業界は、2019年に米中貿易摩擦の影響を受け、縮小。その後、自動車・食品・薬品・化粧品関連などさまざまな業界においてスマートフォンをベースとした画像処理や人手不足による省人化システムのニーズが高まっていることを受け、拡大傾向にあります。AI・ディープラーニング応用製品に関しては、米中の貿易摩擦の影響が少ないことから、さらに需要が伸びる可能性大。

注目したい市場としては、スマートフォンにアプリやモジュール式のパーツ装着し、コードの読み取りなどができる「スマートフォン活用画像センサー」、食品メーカーの異物混入防止を目的に導入される「食品用X線検査装置」が、食の安全に対するニーズと共に増加しています。また、小型化かつ精密化する電子部品の需要を受け「共焦点レーザー顕微鏡」や、工場で目視検査の代わりに使える「ディープラーニング活用型画像処理ソフトウェア」も導入が加速しています。

需要が高く、競争力の高さが問われる市場の中で勝ち抜いていくためには、市場の見極めや自社のポジションをどこに持っていくのかを明確にしたマーケティング戦略が必要でしょう。

画像処理の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

市場が拡大傾向にある画像処理業界では、自社の強みを理解し、ターゲットを絞った営業活動が功をなすでしょう。マーケティング視点をおさえた市場分析を意識しましょう。

売るための販売戦略「STP分析」

STP分析
競合他社に負けることなく売るための販売戦略として行いたいのが「STP分析」です。STP分析とは、アメリカのマーケティング論に長けているフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワーク。

具体的にどのような考え方で進めるのかを確認しましょう。

  1. S:セグメンテーション→市場の細分化
  2. T:ターゲティング→細分化した市場のなかからターゲットとする市場を選定
  3. P:ポジショニング→ターゲットとした市場で自社の立ち位置を明確化

STP分析を行う際に大切なのは、ユーザーの視点から考えることです。

画像処理のセグメンテーションであれば、処理装置やカメラ、キーコンポーネンツ、AI・ディープラーニング応用製品、デバイス関連、基板実装関連などにカテゴリーで分けることができるでしょう。また、アプリケーション別に産業用、軍事用、商業用という区分けも可能です。

すでに、得意分野として受注している案件など思い当たる節はありませんか?自社の得意分野を基盤とし市場を細分化すると、自社が狙うべき部分が見えてくるでしょう。

消費者とのズレをなくすバリュープロポジション

バリュープロポジション
もう1つのフレームワークは、バリュープロポジション。製造する企業側が考える強みと、ユーザーが考える購入の決め手となった強みのズレをなくすことが目的です。

多数ある画像処理システムを扱うメーカー。そのなかでもユーザーが使用を決めるポイントとなるのは、自分が求めるニーズに沿っているかどうかです。他社にはない強みを、どのように提供できるのかを思考していきましょう。バリュープロポジションを確立すると、他社との差別化を図れます。価格競争に左右されることも少なくなるでしょう。

ユーザーのペルソナをいくつかあげ、細やかに分析することをおすすめします。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介しています。よろしければダウンロードをしてみてください。

画像処理市場の広告・マーケティング方法

狙うべき市場や自社の強みの見せ方が明確になったら、マーケティング分析した結果を活かして広告施策に取り組んでいきましょう。以下に具体的な方法をご紹介します。

顧客が欲しい情報を与えられる自社ホームページ

自社ホームページは、単なるパンフレット代わりではありません。自社が打ち出したい強みを前面に出したものにすることで、Web上の営業マンの役割を狙えます。

ホームページに訪れたユーザーは、自社のホームページに欲しい情報があるのか、ユーザーが抱えている課題を解決できる製品やサービスを提供してもらえるかを探っています。

「ここであれば安心できる!」と感じさせる企業としての信頼を示しましょう。他社との違いがわかる強み、実績例などがあれば申し分ありません。

また、顧客の個人情報と引き換えにダウンロードできる商材資料やホワイトペーパーをより多く準備すると、反響が取れる確率が上がります。

ぜひ自社ホームページに訪れているユーザーを分析してニーズがある資料を設置していきましょう。

ランディングページを売れるチラシの代わりに

ホームページでは打ち出しづらい、ホームページはコーポレートサイトとして持っていたいという企業の場合は、ランディングページを作成するのもおすすめです。

安いものであれば30万円程度で制作可能。売れるランディングページを作成するには、問い合わせや資料請求までの導線の計算が必要不可欠です。

妥協せず作り込んで初めて、売れるランディングページになるのです。また、初期の制作段階で丁寧に作り込めば、一定期間は使いまわしができてコストカットにも貢献できるでしょう。

ポジショニングメディアで成約に近い顧客を獲得

ポジショニングメディアはホームページなどとは違い、自社商材カテゴリーや親和性のある特定市場で立ち上げる専門Webメディアです。
専門Webメディアであるため、その商材カテゴリーに興味のあるユーザーのみが集まりやすくなります。

また、Webメディアという特性を活かして自社商材の特徴や魅力ポイントを打ち出すことで、さらに自社商材と親和性のあるユーザーを集中的に集客することが出来ます。

そのため、反響率の高いユーザーを集客できるだけでなく、成約に近い反響が取れることから確度の高い商談を創出したい方針であればマッチした施策です。

ポジショニングメディアを詳しく知る

対策市場を限定したSEO対策

自社が狙いたい市場が選定できている場合、そこに向けてのSEO対策が大事です。

SEO対策をする魅力は、ユーザーが検索するキーワードを選定、検索した際に検索エンジンの上位に表示するようにできること。上位表示されるとユーザーへの露出度を上げ、認知度向上に役立ちます。
自社が得意としている、また売り出したいジャンルでSEO対策をすれば、自社が打ち出したキーワードを求めているユーザーを集客することができるでしょう。

【まとめ】画像処理市場の広告・マーケティング戦略とは

市場が拡大している画像処理市場のマーケティング戦略。価格競争だけでは限界があり、事業を続いていくには困難です。確実にユーザーを掴んでいくために、狙うべき市場や見せ方のコツを知るのが、いつまでも業界でより売れていくコツとなります。

もしマーケティング戦略を展開している中で

  • 「他社との差別化を図り方がわからない」
  • 「どのように市場に打ち出せばいいのかわからない」
  • 「勝てる市場を見つけたいがうまく戦略を立てられない」

といったお悩みがあればお気軽にご相談ください。

キャククル運営元全研本社では製造業をはじめ120業種以上へのWebマーケティング支援実績がございます。
ご案内の際には貴社のWeb市場環境を分析したうえで最適なWebマーケティング施策をご案内させていただきます。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ