工業炉の集客に使える広告・マーケティング戦略を調査

工業炉の集客に使える広告・マーケティング戦略を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、工業炉の広告・マーケティング戦略や集客に役立つフレームワークを紹介しています。

工業炉の広告・マーケティング方法

イメージ画像

新興国の深刻なエネルギー不足の問題から、需要拡大が見込まれる工業炉市場。しかし、SDGs達成へ向けて再生可能エネルギーへのシフトが進められている昨今、先進国では火力発電の規制が強まり、火力発電工業炉では需要の減少が続いています。

一方で「脱炭素」の考えが世界的に広がり、化石燃料の代わりに水素やアンモニアによって燃焼を起こす工業炉の技術開発が活発になってきました。これらの燃焼技術が発展すれば、今後の工業炉マーケットは大きく動くこととなるでしょう。以下で具体的な事例を解説します。

自社の強みが伝わるホームページづくり

会社ホームページでもユーザーニーズを踏まえつつ、自社ならではの強みや価値を示すことが大切です。
事業内容や会社概要を紹介するだけのパンフレット代わりではなく、自社の強みを全面に明確に打ち出して、営業ツールとしても役立てましょう。

独自性があり、コンテンツ内容が充実しているホームページであれば、他社と差別化を図りながら集客にもつなげられます

また、ホームページを訪れるユーザーがどんなキーワードで流入しているかをこまめにチェックする作業も重要です。流入するキーワードから、これまでは目を向けてこなかった市場や顧客、ニーズが判明することもあります。

市場に合わせたSEO対策をする

ユーザーを効率的にサイトへ誘導するSEO対策も忘れてはなりません。SEO対策ができていると、自社ホームページや自社が制作したコンテンツページが、検索画面の上位部分に表示されるようになります。

ユーザーがどのような検索キーワードで流入しているか、エリアや業種、商品名、サービス内容などを組み合わせて、サイトへの流入率を高めましょう。
例えば、工業炉であれば「工業炉 商圏エリア名」「工業炉 特注」「工業炉 自社の技術名」などが考えられます。

自社サイトを訪れるユーザーがどんな情報を求めているかのニーズを見据え、ユーザー目線でキーワードを設定するのがポイントです。

自社を必要としているユーザーを集めるポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

自社の強みを知り、必要としているユーザーを集めるマーケティング施策に「ポジショニングメディア」があります。
競合他社と比較検討しているユーザーに対して独自の強みや価値を伝えることで、それを必要とするユーザーをマッチングさせ、かつ成約につなげることを目的とした集客メディアです。

ポジショニングメディアでは、特定の地域やジャンルに特化して、複合的な情報を発信します。
ランキングサイトなどの偏りのある比較ではなく、競合他社の情報も自社と同じ目線で情報を掲載する「客観的で公平性のあるメディア」なので、信頼性が高まります。

あくまでも自然な流れで差別化を図りつつ、自社の強みや価値を強くアピールできるので、購入や成約に近いユーザーを集客できるのです。

ポジショニングメディアはさまざまな業界に応用できるのが特徴で、製造のほかにも不動産や美容医療、保険、学習塾・専門学校、金融、エステ・サロンなど、120業界以上ですでに導入されており、実績を挙げています。
下記のリンクでは、ポジショニングメディアについてより詳しく紹介しておりますのでぜひチェックしてみてください。

ポジショニングメディア
について詳しく

工業炉の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

STP分析:市場での立ち位置を把握する

STP分析とは、アメリカの有名な経済学者「フィリップ・コトラー」が提唱した市場を把握するためのフレームワークです。
市場を細分化して自社が狙うべき顧客を定め、自社の市場における立ち位置を明確にして、自社にマッチする市場はどこかを導きましょう。

工業炉製造のようなBtoB事業の場合、STP分析を次のように考えていきます。

  • 「S」セグメンテーション(Segmentation)…企業スペックに焦点を当てて市場を細分化
  • 「T」ターゲティング(Targeting)…市場を選別してターゲットとなる企業を選定
  • 「P」ポジショニング(Positioning)…市場や競合の特性から自社独自の立ち位置を決める

どんな技術を使い、どこに使われる工業炉かなど細かく市場を絞り込み、自社の得意分野を活かせる市場はどこか、将来的に切り開けそうな市場があるかなどを把握したら、そこから狙うべき顧客を選定していきます。

STP分析によって、自社と競合他社とのちがいは何か、自社の強みはどこにあるかが分かるようになるのです。

バリュープロポジション:自社の価値を明確化

バリュープロポジションを一言であらわすと「自社のみが提案できる価値」です。
バリュープロポジションを見つけることは、顧客が製品やサービスを購入する「理由」を明確にすることになります。

選定した市場にいる顧客のニーズから、自社の製品・サービスで提供できる「唯一の価値」を洗い出し、市場における自社の唯一のポジションを明らかにしましょう。
このとき、顧客(ユーザー)の目線に立って自社の強みを見つめ直すのがポイントです。

バリュープロポジションを決める要素は1つとは限らないため、複数の要素を掛け合わせて独自の価値を生み出すこともできます。
競合との争いから脱出するためのマーケティング施策として、重要視されているフレームワークのひとつです。

工業炉の広告・マーケティング戦略なら

イメージ画像

化石燃料に依存しない次世代エネルギー炉の開発が求められている工業炉市場。水素の燃焼技術が確立されつつある現在、製造業のさまざまな分野で動向が注目されています。

数ある競合のなかから選ばれるためには、自社製品・サービスの認知度を高めるマーケティング施策はもちろん、「自社の強みや魅力を理解するユーザー」を集客できる仕組みづくりも大切です。

自社にとって最適なユーザーに対し効率的なアプローチをするために、まずは自社や製品・サービスが市場のどの位置にあり、どんな価値を提供できるかをあらためて振り返ってみてください。

自社のポジショニングをあらためて見直したい、集客につながるマーケティングを展開したい企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ全研本社にお任せください。
ユーザーに選ばれる、成約までを見据えたマーケティング戦略をご提案いたします。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ