検査装置の広告・マーケティング戦略とは

検査装置の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ものづくり大国といわれるほど、日本製品の質の高さは世界中で評判です。その高い品質を保つために重要となるのが、検査装置の存在。検査装置には外観検査やX線検査、ウェーハ検査などさまざまな装置があり、製品の数だけ検査装置の種類があるといっても過言ではありません。

日々発展していく技術のなかで、今後検査装置の市場はどのような動きを見せるのでしょうか。

本記事では、

この記事では、検査装置市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

今後の検査装置の市場について

総合マーケティングビジネス会社である「富士経済」によると、世界中で広がる自動化や高品質へのニーズにより、検査装置の市場は拡大傾向にあると予想されています。

なかでも2017年に立ち上がったディープラーニング活用型画像処理ソフトウェアは市場を急速に拡大。また、食品の安全性に対するニーズの高まりから、食品用X線検査装置などの検査装置も国内外を問わず市場を拡大しています。

2019年には米中貿易摩擦などの影響はあったものの、検査装置の市場は2021年以降も引き続き拡大していくことが見込まれています。

検査装置の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

AIを活用した検査判定補助など自動化も進んでおり、今後ますます市場が拡大していくことが予想される検査装置業界。ここからは、検査装置を取り扱う業界へ向けたマーケティングに役立つフレームワークを詳しく紹介していきます。

「STP分析」で勝てる市場を明確にする

STP分析
STP分析とは、マーケティング論で有名なフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワークを指します。

・セグメンテーション(S)
市場を細分化

・ターゲティング(T)
細分化した市場から自社が狙う市場を選定

・ポジショニング(P)
その市場の中で顧客を獲得(勝てる)できる立ち位置を明確化

検査装置であればその技術を生かせる分野の選定や、海外マーケットの選定から始めていくのもいいでしょう。

「バリュープロポジション」で自社の価値を整理する

バリュープロポジション
どんなにすごい技術を持っていたとしても、顧客にとって「利益になるもの」だと感じてもらえなければ、製品やサービスが売れることはありません。そのためユーザー目線で自社の価値をひとつずつ洗い出していく必要があります。

例えば、品質検査における生産性の向上や、簡単に操作できるユーザビリティなどです。バリュープロポジションを明確にすることは、顧客にとって「唯一の価値」を作りあげる大切なプロセスとなりますので、手を抜かずにじっくりと分析していきましょう。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、ぜひダウンロードをしてみてください。

検査装置業界の広告・マーケティング方法

検査装置市場において狙うべき具体的な市場やターゲットはすでに決まっているが、なかなか成果に結びつかないという場合、新たな広告戦略を練る必要があります。ここからは、新たな顧客獲得のために、もう一歩踏み込んだ具体的なアプローチ方法を紹介していきます。

得意分野が伝わるホームページ

今や自社サイトは立派なマーケティングツールとして活用していくもの。

自社ホームページへ訪れるのは何らかの目的を持って貴社指名で検索をかけてきたユーザーなので、積極的に強みを打ち出していきましょう。

ユーザー側が仕事を依頼するにあたり欲しい情報としては、自社の強みや今までの検査実績、会社としての信頼度が打ち出されていれば申し分ありません。

加えて、サイトのなかに新しい商品や技術情報を発信できるコンテンツを構築しておくと、より自社の魅力を伝えることができます。

ランディングページを作成する手も

自社ホームページは既にあり、コーポレートの役割を果たしているという会社は多いと思います。自社サイトを一から構築し直すのが難しい場合や、コーポレート的な役割に徹したい場合は、ランディングページを制作することも検討してみましょう。

ラインディングページとは「商品・サービスの販売に導く」ことに特化したページのこと。自社の商品やサービスを買ってほしいターゲットに向けて作成していくため、企業のホームページよりも、セールスとしての意味合いが濃いのが特徴です。

ラインディングページは自力で作成することが難しく、業者を依頼するのが一般的です。また、成果につなげるためには常に改善し続ける必要があるため、予算はもちろんのこと、運用できる担当者がいるかも確認しておきましょう。

市場に合わせたSEO対策

ここで大事な要素となるのが、市場に合わせたSEO対策。SEO対策は効率的にユーザーアクセスへと導く重要な要素となるため、ここでも慎重にキーワード選出を行うのが理想です。

特定のキーワードで検索結果の上位表示を獲得できれば、安定的な集客効果を得られます。ですが、安定的な集客効果を維持させるためには、ユーザーの満足感が得られるようなコンテンツ作りが重要となります。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアはWebメディア上で自社商品やサービスの強みや特徴を展開し、自社と親和性の高いユーザーのみを効率的に集客していくWebマーケティング施策です。

ユーザーとしても、どの検査装置に特化をしたWebメディアでどんな検査装置を選べばいいのかがわかるため、購入しやすくなります。
裏を返せば、購入につながる自社ターゲットの反響が取れるため、受注率の向上や単価の改善にもつながります。

また、市場分析から選ばれる強みのアウトプット分析まで一気通貫で依頼することができるため、Webユーザーにどんな強みを見せればいいのか分からない場合でも見せ方がわかるのも大きなメリットです。

ポジショニングメディアとは?

検査装置の広告・マーケティング戦略とはまとめ

高品質へのニーズや自動化への動きなど、検査装置市場は今後も新たな需要を生み出しながら市場を拡大していくことが期待されます。業界内で自社の価値を確立させるためには、広告戦略が重要なカギを握っていると言えるでしょう。

自社が選ばれる市場を分析してWebマーケティングを仕掛け、収益アップを図りたいというお考えがあれば、全研本社へお気軽にご相談ください。
貴社にとって最適なWebマーケティング施策をご案内させていただきます。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ