製造業界のリスティング広告で集客成果につなげる考え方

製造業界のリスティング広告で集客成果につなげる考え方
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

リスティング広告の概要や特性

リスティング広告は、早めに集客を増やしたいときにとても役に立ちます。

しかし、リスティング広告を実施しても出稿キーワードに関するノウハウがなかったり、ホームページやランディングページが原因で集客が伸び悩んでいることもあります。

ここでは、リスティング広告について特性やメリットを解説します。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンとユーザー検索キーワードと連動した広告のことを言います。

検索キーワードは、競合他社がたくさん入札している人気キーワードはクリック単価が増える傾向があります。

そのため、効率的なリスティング広告運用はしっかりと自社商材に興味を惹いてくれるユーザーを集客するということを考えると集客しやすくなります。

製造業の検索キーワードはかなり細かく設定することで広告費用を抑えながら、反響も取ることができるようになります。

製造業がリスティング広告を取り入れるメリット

リスティング広告を実施すると、ある程度まで集客を増やすことができますが、他にもさまざまなメリットがあります。

即効性を期待できる

検索エンジンのみを利用した場合、充実したWEBサイトを作らなければなかなか検索順位を上げることはできません。そのためにはSEO対策も必要ですし、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

一方でリスティング広告は数日もあれば広告出稿を始めることができます。早めにホームページやランディングページにアクセスを集めたいときには有効です。

広告出稿に必要な予算が組みやすい

出稿対象となる検索キーワードから検索数を算出して、シミュレーションを立てることでおおまかな必要出稿予算を組むことができます。

また、広告予算が限られている場合にはその広告予算内だけで広告出稿をする設定が可能です。

広告文言の自由度が高い

好きなタイトルで掲載できるのも、リスティング広告の魅力です。通常の検索エンジンの場合、決められたアルゴリズムによって検索結果が表示されるため、企業のアピール力が軽減してしまいます。

集客を増やすためには、ユーザーが求めている文章や伝えたい文章が重要になりますから、広告文言の自由度が高いリスティング広告は、集客アップにおいて大きなメリットになるでしょう。

製造業のリスティング広告にまつわるポイントと考え方

製造業のリスティング広告にまつわるポイントと考え方
リスティング広告と言っても、企業や取り扱う商材によってポイントと考え方が異なります。

また、リスティング広告を出稿すれば反響が取れるわけではなく、様々な要因が集客成功の可否を左右します。

【ニッチな業態の場合】
リスティング広告のポイントと考え方

ニッチな業態であれば、対象となる検索キーワード市場が少ないケースがあります。

そのため、集客できる母数が減る分リスティング広告で使える費用がそこまで膨らむことがありません。

そこで集客率を高めるためには、リスティング広告の出稿以外にSEO対策も同時に行い、獲得できる母数を最大化していく必要があります。

さらに母数を広げたいという場合にはコンテンツSEOによって自社商材を取り入れたら解決できるであろう課題を持っているユーザーにアプローチをするという方法もあります。

【引き合いから受注までを長期間要する業態の場合】
リスティング広告のポイントと考え方

成約までの期間は出稿キーワードと関係があります。

例えば、該当する分野の商品に関して情報収集している層とその中でもより自社に合った商材を探している層とでは問い合わせ率やその後の成約までの流れが変わってきます。

リスティング広告で問い合わせを獲得した際には、どのようなキーワードから反響が取れたのかを確認をしておくことで、顧客が持つニーズを踏まえて営業をすることができます。

【工場の稼働率が頻繁に変化する業態の場合】
リスティング広告のポイントと考え方

現状や未来の受注状況に合わせたリスティング広告を出稿することで高稼働率を維持する、ということも実現が可能です。

集客がうまくいった際には、工場の稼働率もパツパツ。また、受注ができたとしても顧客が望むタイミングで製造ができなければ受注率が低下します。

そのような際にはリスティング広告の出稿を一時的にやめてしまうということも可能です。

製造業の集客でリスティング広告と併用して行いたいWeb施策

リスティング広告と併用して行いたい施策
リスティング広告だけではなかなか効果を得られないときに最適な施策について解説します。取り入れることで集客力向上にも繋がりますから、ぜひ併用して行ってみてください。

SEO対策

リスティング広告の出稿に合わせて行っておきたいのがSEO対策です。

リスティング広告は反響が取れても取れなくてもクリックされた分だけ広告費を支払うのに対して、

SEO対策の場合はクリックされた分だけ広告費を支払うなんてことはありません。

もちろんSEO対策費用は必要になりますが、決められたキーワードだけに広告出稿という形ではなくてそのサイトやページに関連するキーワードで検索をされた際に上位表示されるため、アクセス数を増やしやすくなります。

また、コンテンツSEOを展開することで潜在層の獲得が可能です。潜在層は今すぐ客ではないものの、将来的に検討してくれる顧客であり、検索母数が大きいのも特徴。

そのためにリスティング広告で潜在層にアプローチをするのはニーズが薄いユーザーのクリックを生むだけなので費用対効果が悪い傾向があります。

但し、コンテンツSEOであれば上位表示してしまえばあとはいくらクリックをされても費用がかかりませんので、検索母数が多い潜在層へのアプローチ施策としてコンテンツSEOは相性がよいのです。

コンテンツマーケティング
のご相談はこちら

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは有効市場内において、自社と競合の違いをユーザーに伝え、親和性の高いユーザーだけを効率的に集客できるWebメディアです。

市場内でもどのような商材なのかをしっかり認知させることができるため、競合とは違いどのようなサービスなのかというブランドポジションを築き上げることができます。

ユーザーとしても導入検討において情報収集が難航している中、このような違いが分かるWebメディアが存在すれば参考にした上で自分に合ったサービスを検討することができます。

ポジショニングメディアに関する詳細や導入事例に関してはこちらからご覧ください。

ポジショニングメディアについて
詳しく知る

オンライン展示会に出展する

集客は、WEBサイト以外でも行えます。なかなか成果が出ない場合はオンライン展示会を利用してみるのも良いでしょう。もちろん、リアルなイベントに出展するのもOKです。

WEBサイトは、検索エンジンの上位にこないと興味を持ってもらいにくいですが、展示会なら人が集まりやすいですし、お客さんと直接会話もできるのでアピールのチャンスにもなります。

近年はコロナの影響でオンライン展示会を行っている企業も増えていますから、ある程度の効果は期待できるでしょう。

また、お客さんが興味を持ちやすい・オフラインの出展よりも、コストがかかりにくい・遠方の方でも参加しやすいというメリットもあります。

特にリスティング広告で成果が出にくいという方は、取り入れてみてください。

製造業のリスティング広告は工夫が必要

製造業のリスティング広告は工夫が必要
製造業がリスティング広告を取り入れる場合、対策すべきキーワード市場の選定から現状のWebサイトから見直す必要があるなど、事前にやっておくべきことが多くあります。

リスティング広告を出稿すればアクセス数を増やすことはできますが、受注まで考えた広告出稿ができなければ売上に結び付きません。

全研本社では製造業をはじめ、120業種以上の分野においてWeb集客を支援してきた実績がございます。

ナショナルクライアントへのWeb集客支援案件もあれば、業界内でもニッチ商材でなかなか親和性のあるユーザーを集客できないというお悩みを解決してきた経験もございますので、お悩みでしたらお気軽にご相談くださいませ。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ