「機械と工具」の広告掲載費用や評判をリサーチ!

「機械と工具」の広告掲載費用や評判をリサーチ!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

今回は、機会と工具への広告掲載について調査しました。「機械と工具」は専門性が高く、幅広い現場で購買されていまます。そんな機械と工具の広告掲載費用や、口コミ・評判をリサーチしてまとめています。また、広告掲載のメリットや、あわせて実施したい集客施策もご紹介しています。

機械と工具キャプチャ画像
引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/user_data/mk_top.php?category_id=178)

機械と工具の特徴

機械と工具キャプチャ画像

「機械と工具」は、1957年に創刊した生産加工技術専門の月刊誌です。2010年に休刊したものの、翌年にリニューアル創刊となりました。誌面では、生産加工・ものづくり技術に関する記事を幅広く取り扱っており、製造業やものづくりに携わる技術者や研究者に向けた情報発信ツールのひとつとして多くの現場で購読されています。

「機械と工具」は、生産加工の基本技術やスキルアップ講座、国内外の最新情報、業界動向など、業界関係者の興味関心に応える内容が充実している点が特徴といえます。

主な購読者は、メーカーや企業の技術管理部門、現場管理部門が過半数です。また、研究開発部門や営業管理部門などでも購読されています。

具体的な生産加工分野でみると、輸送機械および関連部品での購読割合が最も多いようです。そのほか、金型、工作機械、産業機械および関連部品などの分野をはじめ、生産加工・ものづくりの幅広い現場で購読されています。

参照元:機械と工具 -広告掲載・料金表- | 大日広告社(https://www.dainichiad.co.jp/html/baitai/1030.php)

機械と工具の広告掲載料金

機械と工具キャプチャ画像

表1(4色) 528,000円
表2ページ(4色) 396,000円
表3ページ(4色) 374,000円
表4ページ(4色) 418,000円
表2・目次対向ページ(2色) 154,000円
本文・表3・奥付対向ページ(1色) 121,000円
1ページ(4色) 385,000円
1ページ(2色) 132,000円
1ページ(1色) 110,000円
1/2ページ(1色) 71,500円

※上記の金額は、1回掲載あたりですべて税込です。

※複数回掲載(6・12回)には、割引料金が適用されます。

参照元:機械と工具 広告料金表(https://www.nikko-pb.co.jp/photos/press/p19.html)

機械と工具の口コミ・評判

「機械と工具」の広告掲載に関する口コミ・評判は、見つけることができませんでした。

機械と工具に広告掲載するメリット

機械と工具キャプチャ画像

「機械と工具」は、様々な分野の生産加工現場で購読されている雑誌媒体です。生産加工技術の基本から最新情報まで、幅広い情報を取り上げているので、生産加工に携わる多くのメーカーや企業、技術者、研究者などが購読しています。こうした専門性の高い雑誌媒体に広告掲載することは、温度感の高いリード(見込み顧客)の興味関心をひきやすいのがメリットです。

広告内容を工夫し、自社の強みやこだわりといった魅力を前面に押し出していけば、自社の認知度アップや問い合わせ件数増加なども大いに期待できそうです。

機械と工具の広告掲載までの流れ

「機械と工具」の広告掲載までの流れについて、公式サイトでの記載を見つけることができませんでした。広告掲載を検討している方は、公式サイト上の専用フォームよりお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

機械と工具キャプチャ画像

「機械と工具」は、生産加工技術分野に携わる、様々な職種の購読者を有する専門雑誌媒体です。専門性の高い分野であるため、専門機器類に求めるクオリティは高いかもしれません。なので、そのニーズに応えることができれば、温度感の高いリードの獲得が期待できます。そのためには、自社の商品やサービスの有用性や優位性などを効果的に訴求できるような広告が必要です。

しかし、雑誌媒体の広告を見ただけで、商品やサービスを購入・契約するというケースは稀かもしれません。特に専門機器や工具などは、安いものではなく、そのスペックや使い勝手などによっては、経営に影響を与える場合も考えられます。購入する側の心理を踏まえれば、様々な角度からより多くの情報を集め、検討したうえで選択したいと思うのが自然ではないでしょうか。

昨今はインターネットが急速に普及し、パソコンやスマートフォンから手軽に情報収集ができるようになっています。そのため、集客施策もデジタル化の波にうまく乗りながら展開していくことが成功のカギです。その一例には以下のようなものが挙げられます。

  • 生産加工技術に特化したポータルサイトへの掲載で認知度アップを図る
  • グーグルマイビジネスを活用した、指名検索対策を行う
  • 適切なSEO対策を講じ、商圏内ユーザーに積極的にアプローチする
  • 自社の強みや魅力を伝えやすいポジショニングメディアで、受注に近いリードを創出し、集客につなげる

これからの集客施策は、雑誌媒体を切り口とし、Webサイトやポータルサイトでより多くの情報発信を行っていくというような、ハイブリッドな戦略もひとつの方法なのではないでしょうか。

自社のスタンスに合った集客施策を実施し、よりよい経営につながるような集客戦略を構築していきましょう。

下記のページでは、「商談率8割超え」「客単価が2.5倍」を実現した集客施策を含めた、製造業のマーケティング施策について解説しています。こちらもぜひご参考にしてみてください。

製造業の集客戦略
マーケティングのポイント

ページトップへ