工作機械業界が抱える課題と具体的な解決策について徹底解説

工作機械業界が抱える課題と具体的な解決策について徹底解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

工作機械製造事業を営んでいる企業のなかには、「今後の事業展開について大きな不安を抱えている」などの悩みを持つ経営者も少なくありません。

工作機械業界において経営状態の回復や事業規模の拡大を図るためには、まず工作機械業界が抱える課題についてしっかりと向き合うことが重要といえるでしょう。

ここでは工作機械業界が抱える課題の概要と具体的な解決策について紹介します。

工作機械業界の現状と動向

工作機械業界における国内需要は、減少傾向にあるといえます。日本国内の工作機械受注実績は、2016年の段階で約5,300億円。2016年の実績数値は、前年対比で9.5%のマイナスとなっています。
 参考:工作機械統計 | 一般社団法人 日本工作機械工業会(https://www.jmtba.or.jp/machine/data)

日本国内における工作機械業界の需要減少の背景に、製造業市場での競争力の激化をきっかけに日本産業の発展を目指す政策「生産向上設備投資促進税制」が大きく関わっています。

「生産向上設備投資促進税制」は、2014年1月~2017年3月末にかけて適用された税制のことを指します。

製造企業・業者が「生産向上設備投資促進税制」を適用することにより、自社設備(製造ラインの拡大/各種機械の導入 など)への投資に対して税制優遇措置を受けることが認められていました。

そのため「生産向上設備投資促進税制」の実施期間中は、工作機械の発注が大幅に増加しました。しかし「生産向上設備投資促進税制」の期限が近づくにつれて、段々と工作機械の発注数が減少してきました。

つまり「生産向上設備投資促進税制」の期限(2017年3月末)が工作機械業界の2016年度実績数値に反映していることになります。

なお工作機械業界の国内需要は減少傾向にあるものの、海外需要については回復の見通しが立てられています。また海外需要の回復にともない基盤となってくる国が中国です。

2017年に中国企業・工場の機械投資活動が復活したことにより、自動車工場やスマートフォン製造工場からの受注が大幅増加しています。また中国以外の国々に関しても、航空機メーカーや自動車メーカーなどを中心に受注数の増加が見受けられます。

そのため今後、工作機械業界にて売り上げ向上を図るうえで、海外市場への意識を高めることが求められているといえるでしょう。

工作機械業界3つの課題と解決策

工作機械業界3つの課題と解決策
工作機械業界にて売り上げ向上や販売促進を狙うにあたり、まずは工作機械業界が抱える課題と効果的な解説策について理解を深めておきましょう。

ここでは工作機械業界3つの課題と具体的な解説策について詳しく解説していきます。

世界市場から取り残される可能性がある

工作機械業界の大きな欠点・デメリットとして、「景気の動向に影響されやすい」といった特性が懸念視されています。そのため景気の影響を受けやすい特性をできる限り緩和するためにも、海外市場を視野に入れた経営戦略が必要不可欠になってくるのです。

日本国内の工作機械企業は、自社製品の品質や機能性に重きを置くことで工作機械市場を切り開いてきました。ただし現状のまま性能面や品質面の高さのみに固執し続けた場合、海外市場から取り残されてしまう危険性があるといえます。

世界規模の需要を獲得していくためには、新興国への市場開拓が必要不可欠です。さらにはさまざまなニーズをくみ取った製品を開発し続けることが求められます。

海外市場からの取り残しを回避するためにも、世界を見据えた経営・マーケティング戦略の取り入れを心がけましょう。

IoTやAIを活用が遅れている

工作機械業界の発展にともなって、IoTやAIを上手く活用することが求められます。近年ビジネス全般において、IoTおよびAIの導入が推奨されている傾向にあります。それは工作機械業界も例外ではありません。

IoTやAIを活用したビジネス戦略が多くの人からの注目を集めている流れを、インダストリー4.0【第四次産業革命】と呼びます。

ただし日本国内の工作機械業界は、インダストリー4.0【第四次産業革命】に乗り切れておらず、IoTやAIの導入に関しても世界から大きな遅れを取っています。

そのためIoTおよびAIを活用した新たな製造・生産システムの開発に着手したうえで、海外市場に対して自社の存在感を積極的にアピールしていくことが、事業拡大成功への鍵になってくるといえるでしょう。

国内の工作機械業界各社の連携は必須

日本国内における工作機械業界全体の技術向上にともない、もっとも重要なポイントになってくるのが競合他社との綿密な連携です。

たとえば近年では、産業用ロボットの世界4大メーカーとして有名なファナックは他社が取り扱う工作機械とのネットワーク接続が可能となる「フィールドシステム」の実現・稼働に向けて動き始めています。

他社が販売する工作機械とのネットワーク接続を可能とするためには、工作機械のシステム共有が必要不可欠です。つまり大手工作機械メーカーを筆頭に、工作機械業界全体での協力体制を強化していかなければなりません。

言葉を返せばIoTやAIなどを上手く活用できる工作機械を開発した後、国内外へ積極的にアピールしていくためにも、日本国内の工作機械メーカーが互いに知恵を絞り合うことが求められているのです。

工作機械業界の課題解決以外にマーケティング戦略も必要

工作機械業界の課題解決以外にマーケティング戦略も必要
工作機械業界では先述した課題に対応する・応える戦略や製品(強み)が必要になることはもちろん、自社製品の強みや魅力などを適切なターゲットに伝えるためのマーケティング戦略が売り上げ向上または販売促進の鍵を握っているといえます。

以前の日本市場(高度経済成長期)は、テレビ・冷蔵庫・洗濯機をはじめとした家電製品や自動車などが次々に売れていました。

しかし現代の日本においては、少子高齢化の影響で経済情勢が落ち込み、またバブル崩壊・リーマンショックの到来などにより国内ユーザーの購買意欲が大幅に低下しています。

また現代社会には、さまざまな種類の製品やサービスが溢れています。つまり他社との明確な差別化を図れる製品の開発・販売が求められているといえるのです。

ただし斬新的かつ先進的な製品を開発できたとしても、日本および世界への認知度が低ければ、自社製品の販売促進または売り上げ向上につながりません。

そのため他社との差別化を図れる製品の開発と並行して、効果的かつ効率的なマーケティング戦略の取り入れを検討することが重要だといえるでしょう。

工作機械業界における課題やマーケティング戦略の取り入れについてお悩みなら全研本社へ

工作機械業界における課題やマーケティング戦略の取り入れについてお悩みなら全研本社へ
現代の工作機械業界には「海外市場からの取り残し」や「IoT・AIの導入遅れ」「国内企業間の連携不足」など、さまざまな種類の課題が課せられています。

また工作機械業界の課題を解決へと導くうえで、競合他社との差別化を図れる製品の開発はもちろんのこと、大きな成果を獲得できるマーケティング戦略の取り入れも重要なポイントのひとつになってきます。

キャククル運営元の全研本社では、お客様の事業内容や目標などを考慮したうえで、成約率の高いマーケティング戦略をご提案させていただきます。

特に自社の強みを打ち出したマーケティング戦略を実施したい、競合他社に埋もれない施策をお探しでしたらお力になれますのでお気軽にご相談ください。

マーケティング戦略のご相談はこちら

ページトップへ