機械技術の広告掲載費用と評判まとめ

機械技術の広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、機械技術の特徴と、広告掲載するメリットを解説しています。製造業に向けて広告を打つ予定の企業は、下記を参考に施策を立てましょう。

機械技術の特徴

機械技術キャプチャ
引用元:日刊工業新聞公式サイト(https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0009)

機械技術は月刊誌として1953年に創刊。機械工業の技術や業界動向をまとめた専門誌で、現場の技術を向上させるのに役立てられています。また、生産現場で求められる知識やノウハウを各社の事例で紹介しているため、若手技術者から経営層に至るまで幅広い読者がいるのが特長です。

機械技術では、加工技術に関する知識を幅広く取り上げています。毎号特集も組まれ、工作機械・工具・計測機器・CADなど、応用事例や技術解説が分野に応じて掲載。また、多くの企業から関心を集めている部品生産についても、解説が掲載されているのが魅力です。

機械技術の広告掲載費用

  •  表紙1(カラー):707,300円(税込)
  •  表紙2(カラー):569,800円(税込)

機械技術の口コミ・評判

機械技術の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

機械技術に広告掲載するメリット

機械技術に広告掲載するメリットを確認していきましょう。

生産技術の職種に就く人達に広告を視認してもらえる

機械技術の職業別読者層は、金属加工が最も多く35.6%、次いで自動車・輸送車両が10.6%、精密機械が9.7%となっています(2021年8月時点)。機械技術に関する情報を取得できるとして、加工業や製造業に従事する読者に親しまれています。生産技術関連の職業に就く読者に対して、アプローチをかけられるのが最大のメリットです。

幅広い層にリーチできる

機械技術の役職別読者層は、部長や工場長12.2%・課長14.0%、係長や主任15.5%と程よくばらけているのが特長です。決定権を持つ読者から、現場で活躍する社員や研究者まで幅広い層に読まれています。色々な層に呼び掛けられるので、企業に向けての広告ではなく、社員の消費を促す広告も打ちやすいでしょう。

機械技術の広告掲載までの流れ

機械技術に広告掲載を依頼する場合は、日刊工業新聞社までお問い合わせください。資料の請求は、同社の公式ホームページから行えます。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

機械技術に広告掲載を依頼するのは、生産技術に携わる人達をターゲットにできるので、マーケティング戦略を立てやすいといえます。

せっかく戦略を打つなら、Webマーケティングの効果をさらに引き出せる施策を実施するのがおすすめです。下記のマーケティング施策も一緒に実施してみましょう。

  • ポータルサイトの広告掲載で、専門職だけでなく幅広い層にPRする
  • リスティング広告で、自社の公式ホームページやリスティング広告の認知度を上げる
  • ポジショニングメディアで自社のサービスを必要とするユーザーを抽出し、成約に繋げる

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ