製造業の経営改善の方法とは?戦略のポイント・アイデアを解説

製造業の経営改善の方法とは?戦略のポイント・アイデアを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

このページでは、製造業における経営課題と経営改善のための有効な施策について紹介しています。

業績不振、IT化、人材難、グローバリゼーションなど様々な不確定要素に包まれる中、製造業の会社はどのように経営を行い困難を乗り越えていけばいいのか?ぜひ参考にしてみてください。

また採用・集客ともに効果的マーケティング戦略もあわせてご紹介しています。具体的な経営改善策のひとつとして、今後の対策を検討されている方はぜひご覧ください。

製造業の経営課題

製造業の経営課題

経営改善は、経営課題があるからこそ行われるものです。製造業の経営課題にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に取り上げてみましょう。

少子高齢化による人手不足

製造業が抱える経営課題の一つは、少子高齢化による人手不足です。日本は先進国の中でもトップレベルで少子高齢化が進んでいるといわれ、その影響で労働人口も減少の一途をたどっています。

専門的な知識やスキルが求められる製造業においては、人材の確保がより一層困難になっています。

IT化の遅れ

生産管理システムやSCADA(監視制御システム)など、IT化への遅れも製造業が抱える経営課題の一つです。

製造業に限ったことではありませんが、日本の企業はその多くがITを積極的に活用する環境を整備しておらず、業務効率化や生産性の向上といった、IT化による恩恵を受けることができていません。

技術継承が難しい

労働人口の減少により人手不足が深刻になる中、技術継承の困難さも浮き彫りになっています。とりわけ製造業の長期的な安定運営は技術とノウハウの継承によって成り立ちますが、その継承を行うための人材が不足しているのです。

技術継承こそが製造業を支える基盤であるなら、この問題は製造業における喫緊の経営課題として取り組まなければなりません。

製造業の経営改善策とは

製造業の経営改善策とは

製造業における上記の経営課題を踏まえ、どのような経営改善策を取り得るのか、具体的な施策をご紹介します。

PDCAサイクルを取り入れる

製造業だけの話ではありませんが、経営改善の施策は単に実行して満足するのものではありません。

綿密な計画のもとに施策を実行し、結果に対する評価・分析を行い、不備があれば改善を施し、そしてまた計画し→実行し→評価し→改善を行う…というサイクル(PDCAサイクル)を取り入れる必要があります。

すなわち、種々の施策に対して絶えず評価や調整を行い、成長を促すようなサイクルを導入することにより、ムダのない効果のある経営改善を進めていくことができます。

いままで課題解決に様々な対策を実行しているかと思いますが、やりっぱなしになってしまっていることはありませんか。
些細な改善だとしても効果的な可能性もあり、振り返ることでより効果が高まったり、全社的な改善に波及することもあります。

人材活用に流動性と柔軟性をもたせる

人手不足は製造業が抱える慢性的な経営課題ですが、これを解決するための一つの方法は、人材活用の手法に流動性や柔軟性をもたせることです。

例えば、時期に関わらず全工程・全業務を正規雇用者で対応しようとするのではなく、繁忙期には業務の一部をアウトソーシングしたり、派遣スタッフ・外国人労働者を活用するなど、人材活用の仕方に幅を持たせておくことができれば、急激な景気拡大や労働人口の減少により人手不足にも対応することができます。

ただし技術の継承という面も大切ですので、会社の核となる人材を獲得するための採用施策も並行するとよいでしょう。

産業用ロボットやIT技術を導入する

人手不足の問題を解決する手段としては、産業用ロボットやITシステムの導入も大変有効です。

各種の業務を自動で処理する産業ロボットやコンピューター、生産管理システム、監視制御システムなどIT技術を活用することによって、一定の業務領域において省人化を進めることができ、人手不足を解消できると同時に自動化による生産性を高めることができます。

しかも副次的なメリットとして、過重労働や人材育成費用の低減、技術継承問題の改善も可能になります。

産業用ロボットといえば、対応可能な業務領域が限定されている、大型サイズのロボットしかなく大工場にしか導入できない、といった問題がありましたが、近年は技術の進歩によりロボットの小型化と低コスト化が進んでおり、中小企業でも導入しやすくなっています。

Webマーケティングを活用する

数ある経営改善手法の中で、取り組みやすいのがWebマーケティングです。
Webマーケティングとは、インターネットを駆使して行うマーケティング戦略のことです。

純広告やリスティング広告、SNSの運用、アフィリエイト、コンテンツマーケティング、オウンドメディアなど様々な施策があります。Webマーケティングの利点は、情報発信できる射程範囲の広さと配信スピードです。

オフラインで行う広告や宣伝戦略は、ヒト・モノを動かすのに多くの時間と手間を要しますが、Webマーケティングなら短時間で準備を整え、情報配信をスピーディーかつ幅広いユーザーに向けて行うことができます。

業種を問わずグローバル化やネット化が進む中、ターゲットを細かく設定して効率の良いマーケティングを行うことができるWebマーケティングの導入は、製造業の経営改善においても必須の要件といえるでしょう。

採用・集客に効果的なWebマーケティング戦略とは

採用・集客に効果的なWebマーケティング戦略とは

採用・集客の両面に有効なマーケティング戦略として、「ポジショニングメディア」というものがあります。

ポジショニングメディアとは、市場内での自社のポジション(立ち位置)を明確に示すことで、自社の強みや魅力とニーズがマッチするユーザーに知ってもらい選んでもらうためのメディアです。

他社と比較をしながら自社ならではの価値を見せるため、「〇〇といえば自社」というポジションをユーザーに認知してもらうことができます。

以下はある商品を例にしたポジショニングメディア導入の効果を示したイラストです。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

このようにポジショニングメディア上で自社のポジションが伝わることで、ユーザー側は「自分にあった会社・商品はこれだ」と納得して選ぶことができます。

そのためポジショニングメディアを経由したユーザーは、自社との親和性が高くお問い合わせや購入などの成果になりやすい質の高い見込み客になる特徴があります。

これは集客だけでなく採用活動においても同様です。自社ならではの働く環境や魅力が伝わることで、面接や採用になりやすく、かつ自社とマッチして定着してくれる人材を狙って集めることが可能です。

ポジショニングメディアを活用するメリット

市場における自社の立ち位置を明確にできる

ポジショニングメディアを導入するメリットの一つは、特定市場における自社のポジションを確立できることです。

自社の特徴はなにか?他社とどこがどう違うのか?自社でなければ提供できない「価値(強み)」はなにか?といった、企業としてのパーソナリティについて、ポジショニングをメディアを通じて鮮明に打ち出していくことができます。

そしてこの取り組みを通じて、幅広いユーザーに向けて自社の存在意義を認知してもらえるのです。

契約の成約率を高めることができる

ポジショニングメディアは、自社の特徴と強みをWebサイトを通じて明示し宣伝するためのWebマーケティングの一種です。

種々の情報発信はターゲットを細かく絞って行われるため、自社の特徴にマッチする顧客に見つけてもらいやすく、商談率や成約率の向上が期待できるほか、契約に至るまでのリードタイムを短縮できる効果も期待できます。

早く効率よく集客を行い、迅速に売り上げを伸ばし経営改善を図るための施策として有効です。

顧客単価を上げて収益を伸ばせる

ポジショニングメディアを通じて、市場における自社の独自性や優位性を明示することができれば、自社商材と親和性の高いユーザーを集客できるだけでなく、顧客ロイヤリティの上昇も期待することができます。

顧客ロイヤリティとは、自社製品に対して顧客が抱く忠誠心や帰属意識のことです。この顧客ロイヤリティが高まれば高まるほど、価格競争とは無縁になり、顧客単価を上げて収益を伸ばすことができるようになります。

実際にポジショニングメディアを導入した企業からは

  • 競合と比べた上で自社に興味を持ってもらい契約までのリードタイムが3分の1に短縮できた
  • 自社の商品・サービスを理解してくれる検討者が増えて商談率が8割以上になった
  • 自社商材と費用感の合う検討者が増え、受注単価が2.5倍に増えた

といった、効果を実感したという声もいただいています。

利益の確保や人材獲得は、経営改善においても重要な要素です。
その改善策として、ぜひポジショニングメディアの導入・活用も検討してみてください。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

まとめ

今回は、製造業における経営改善の施策について紹介させていただきました。製造業が抱える経営課題には様々なものがあり、経営改善を行う際は、一つ一つの課題に適した施策を選択し実行すべきです。

最後にポジショニングメディアという施策を紹介しましたが、Webマーケティングは経営改善策として取り組みやすい上に、集客や人材獲得、ITの遅れなど、製造業特有の経営課題の解決にも大きな貢献を果たします。

経営改善策にお悩みであれば、まずは自社の強みを改めて整理し、Webマーケティングを積極的に活用してみてください。

製造業の経営改善をマーケティングで支援します

製造業の経営改善をマーケティングで支援します
キャククルを運営する全研本社では、クライアント独自の強みを軸としたマーケティング戦略のご提案を得意としています。

いままでに製造業を含む120業種を超えるクライアント企業の、集客・採用のマーケティング戦略を支援してまいりました。

徹底した各種分析から戦略提案、Webメディアの制作・運用までワンストップで対応可能です。

「自社にあった経営改善策が知りたい」「新しい経営改善の打ち手が欲しい」そのような課題や悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ