製造業界(メーカー)でオウンドメディアの成果を出すために知っておきたいこと

製造業界(メーカー)でオウンドメディアの成果を出すために知っておきたいこと
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

製造業(メーカー)がオウンドメディアをやるべき理由

コロナ禍による展示会や訪問営業が世間的事情上、やりづらくなってしまった今では多くの企業がWebマーケティングを用いた集客代替手段を検討しています。
この追い風を受けてオウンドメディアによる集客施策が製造業にもたらすメリットが以前よりも増しています。

コロナ禍によるWebでの情報収集が加速化

コロナ禍の影響で供給元である製造業側では顧客へのアプローチがしにくくなっていると同時に、顧客もオフラインでの情報収集がしにくくなっている状況です。
元々Webが発展し始めたことをきっかけに情報収集自体はWebで、深い話をするなら営業担当や展示会に行って直接情報を手に入れるということが定石でした。

しかし、展示会がやっていたとしてもコロナ禍であることを理由に接触頻度をできるだけ下げたいと考える担当者も多いのが事実です。
そこでより多くの情報が伝えられる自社メディア、オウンドメディアの価値が製造業界隈で高まっているのです。

集客時、商談時でもWeb情報が成果への決定打になる

Web上で自社のオウンドメディアが露出するようになればまず自社を認知してもらえることは間違いありません。
オウンドメディア運営側としても会社概要や商品資料、顧客にとって役立つホワイトペーパーをダウンロードできるようにしておくことで顧客情報を手に入れることができます。

また、商談後でも本当にこの会社の製品を導入していいのか、他にもいい商品がないのかといった情報収集がされるのも事実。
そこでオウンドメディア上で商談時に伝えきれなかった商品の魅力や商品を導入した事例やメリットなどをオウンドメディア上で散りばめておくことで、間接的に商談を前に進める後押しをすることができます。

ニッチ市場の製造ジャンルでは勝てる余地が十分に残されている

製造業がオウンドメディアを運営するとなると予算が潤沢にある企業が既に運営していて参入余地がないかもしれない、という懸念を抱くことが少なくありません。

しかし、専門的な商材検索キーワード、いわゆるWeb市場におけるニッチ市場に着目をすると大抵はホームページの一部やポータルサイトが上位表示しているだけの状態であるため、参入余地が十分に残されていることが考えられます。

商材が溢れている現代モノが売れにくいといわれていますが、今後ますます消費者の身近になってくるインターネットを使って、ユーザーの購買意欲を掻き立て、問い合わせにつなげることができます。

また価格競争を避けるために「差別化」が重要になってきます。下記資料には「競合優位性」を打ち出すことで価格競争を避け、長期的な利益につながるマーケティングフレームワークを紹介しています。よろしければご参考ください。

成功する製造業(メーカー)オウンドメディアの成功要素

オウンドメディアを今からやるべきということがわかっていても成功にまで導けなければ意味がありません。製造業がオウンドメディアで集客を成功させるために必要な要素を説明します。

参入市場の見極め

どの検索キーワードに対して参入するかを見極めることがオウンドメディアの成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

まずは自社の強みである商材やジャンルの洗い出しを行いましょう。その上で実際にその商材名や商材カテゴリー名で検索をしてどんなWebサイトが表示をされているのか確認をしてみます。

すでに競合他社やポータルサイトが本腰を入れて参入している状況であれば競合性が高い=SEOにおける上位表示が難しいと言えます。
基本的に検索される回数が多い検索キーワードは競合他社が本格参入していることがほとんどです。

顧客が悩んで検索するキーワードにも着目をする

商材名やジャンルで検索するケースも多くありますが、オウンドメディアだからアプローチできる検索キーワードとしては悩みキーワードです。

具体的には自社商材を使うことで解決できる顧客の悩みを今回のオウンドメディアでアプローチをする検索キーワードとして捉えて参入する市場として扱うことです。

この検索キーワードはあまり検索ボリューム(検索される回数)が少ない傾向にはありますが、この検索市場を見つけられるケースがなかなかないのも事実。
すでに自社の商材ジャンルが強い競合がせめぎ合っている状態であれば、着目しておきたい検索キーワードの発掘方法です。

製造業のオウンドメディア参入事例①:画像処理.com

キーエンス「画像処理.com」
引用元:画像処理.com「https://www.keyence.co.jp/ss/products/vision/visionbasics/」

キーエンスが運営する「画像処理.com」では、画像処理をこれから学ぶ人に向けて情報発信をしています。

しかしコンテンツをよく見てみると画像処理によってどんな課題が解決できるのか、画像処理レンズの選び方など自然と自社商品に関心を向けさせリードを獲得できるような仕組みを取り入れています。

製造業のオウンドメディア参入事例②:「制御機器知恵袋」

パナソニック「制御機器知恵袋」
引用元:制御機器知恵袋「https://ac-blog.panasonic.co.jp/top」

パナソニックが運営する「制御機器知恵袋」では制御機器に必要な部品情報を発信しています。コンテンツ傾向として入門編、用語解説が多いイメージが持てます。

ページによっては顧客が実現したいソリューションに対してピンポイントでコンテンツを作成して解決方法を事例と共に解説。
そのまま関連する製品カタログをダウンロードさせるという1ページで回遊をさせずにすぐにリード獲得を狙うという導線を組んでいる工夫が見られます。

SEO対策をはじめとしたオウンドメディアへの集客経路の確保

今回は最も収益効率のいいSEO対策を前提として説明していますが、数ヶ月内におけるWeb集客を検討しているのであればSEO対策だけでは心細いのが事実です。

特にプロの手を借りずに自社内でコンテンツ作成からSEO対策を完結するという方針であればどうしても長期戦は免れません。

そこで、Google広告を用いた広告出稿も行って今すぐ客にアプローチをするという手段があります。

もし公式ホームページの商品ページにある程度の流入があるようでしたらリマーケティング広告という閲覧済ユーザーにだけ狙いを定めた広告手段を検討してみてもよいでしょう。
全研本社の
オウンドメディア制作について

SNSからオウンドメディアに流入させるのはどうなの?

SNSを運用してオウンドメディアの記事情報を発信することは可能ですが、SNSは基本的にプライベート内にお邪魔をするという感覚で運用をせざるを得ません。
ですので大きな流入を稼ぐのは大変難しいのが事実です。

しかし、SEO対策の観点で見るとSNSを正しく運用していることはプラスの方向性に働くため、SEO対策の成長策としてSNSを運営する方針がよいでしょう。

集客したユーザーをリードへ転換させるギミック

SEO対策がうまくいき一定の流入が稼げるようになったが、なかなか集客に結びつかない。このケースでは自社が望むゴールに対して最適な導線や仕組みが機能していないケースがあります。

運営断念したオウンドメディアの理由として、このリードという成果を残せなかったことが挙げられます。
すでに一定の流入があるのであれば十分な量の商品資料やホワイトペーパーの設置をし、ダウンロード時に顧客の情報を得られるようにすることでリードを獲得することは可能です。

もしなかなかリード化が進まないというのであれば現状の流入ユーザーの検索キーワードやサイト上の動きを分析して設置すべき資料の見直しを図ると早めに結果を出すことができます。

オウンドメディアの制作・運用に自信がなければプロの手も借りよう

オウンドメディアの制作外注、運用におけるコンテンツ作成やSEO対策などを社内のリソースを使おうと考えているケースも多いのではないのでしょうか。

ニッチ市場にオウンドメディアを展開するとなると製造業の場合は閲覧者が知識を持っている場合が多く、深い専門的コンテンツが必要であれば社内でコンテンツを作成した方がよいでしょう。

しかし、コンテンツを作ったもののなかなかSEO対策につながらない、読んでくれているがリード獲得になかなか繋がらないことが見受けられます。

全研本社では7000件の集客実績をもとに戦略的コンテンツマーケティングを提供してきました。
また、コンテンツマーケティングのスピードと質を担保するために様々な分野に対応できるライターリソースを自社で確保する仕組みづくりや日夜SEO対策の研究を続けています。

もし成果の出るオウンドメディアの制作や運用を考えている、オウンドメディアの伸び悩みに悩んでいるのであれば、
ぜひコンテンツマーケティング支援サービスや将来内製化に向けたコンテンツマーケティングのコンサルティングプランをご検討ください。
参入市場の立案や競合分析、将来目指していく方向性に合わせてコンサルタントがご案内させていただきます。
オウンドメディアに関するご相談はこちら

製造業で集客を検討している人が他にも見ているコンテンツ

製造業のWeb集客成功の秘訣は「顧客目線の価値」
製造業はコンテンツマーケティングでの集客が効果抜群!その理由とは
製造業のWebマーケティング事例を紹介

ページトップへ