製造業のマーケティングコンサルティング会社14社の特徴やメリットを徹底調査!

製造業のマーケティングコンサルティング会社14社の特徴やメリットを徹底調査!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

製造業の喫緊の課題といえば、なんといってもデジタルマーケティングの強化ではないでしょうか。

製造業企業の多くが採用サイトでマーケティングにくわしい人材を求めていることからも、マーケティングに対する強い危機感が感じられます。

ここではそんな悩みや課題解決に力を貸してくれる製造業のマーケティングコンサル会社14社の特徴や、コンサルを依頼するメリットなどについて解説していきます。

また製造業のBtoBメディアを多数制作・運用している全研本社のWebメディア事例や、具体的なマーケティング施策についても説明しています。

製造業のコンサルティングは何をしてくれる?

製造業が依頼した場合のメリットや、サポートしてくれる内容を解説します。

製造業がマーケティングコンサルを依頼するメリット

製造業がコンサルを依頼するメリット

製造業がコンサルティング会社を活用するメリットは、本来の主力業務である製造に集中できる点です。

たとえどんなによい製品を製造していても、必要としている人に知られなければ商品は売れません。しかし、よい商品開発に力をいれているため、他の業務に力を入れる余力がないというのは特に中小企業に多くみられます。

市場調査や宣伝方法などの戦略展開はコンサルティング会社へ依頼し、メーカーは開発や製造に集中しやすい環境をつくりましょう。

マーケティングコンサル会社が製造業に提供するサービス

具体的にサポートしてくれる内容はウェブサイトの広告社内状況の整備などが挙げられます。

Webサイトの制作

Webサイト制作もコンサルティングが実施する業務内容のひとつ。

取引相手が個人ではなく法人または事業者が中心の場合、Webサイトで宣伝する認識がない企業も多くあります。しかし新型コロナウイルスの拡大をきっかけに、情報収集をリアルな展示会からWebに移行している企業は多くあります。

しかし今まで力を入れていなかったメーカーが、急にWebサイトの宣伝に力を入れるのは簡単ではありません。新たに宣伝を重視するなら、重視する点や制作までワンストップで頼める会社に依頼しましょう。

社内システムの整備

メーカーが生産や受注管理、費用対効果を管理するためのシステムを導入するコンサルティング会社も多くあります。

利益を上げたい場合の解決策は商品販売数を増やすだけではありません。社内におけるムダを削減し、売上数ではなく出費を減らす方法も検討しましょう。

マーケティング

自社製品を必要とする対象に宣伝する方法を検討します。今後時代にそった商品開発を提案してくれるコンサルティング会社も。要望に対応できる職人が多く在籍しているけれど、宣伝が得意なスタッフが多くないメーカーに向いています。

製造業に特化したコンサルティング会社リスト14社

14社をご紹介するので、比較検討に役立ててください。

代理店募集バナー

テクノポート

テクノポート株式会社
画像引用元:テクノポート株式会社公式サイト(https://marketing.techport.co.jp/)

製造業に特化したWebサイト戦略

業種の中でもメーカーだけに限定し、かつWebサイトの展開戦略を得意とする企業。新規顧客の継続獲得や新たな技術の開発まで製造業が抱える課題のジャンルごとに応じて、Webサイトの制作をサポートしてくれます。

メーカーの導入事例、業種も豊富

Webコンテンツを重視させる戦略や、キャラクターの考案などで実際に改善された企業が公式サイト内にて多く紹介されています。
導入実績を重視している部署でも、話をとおしやすい企業です。

一例として下記業種があります。

  • 電子
  • アパレル
  • 吸音パネル
  • 精密部品

アイティアイディ

株式会社アイティアイディ
画像引用元:株式会社アイティアイディ公式サイト(http://www.itid.co.jp/)

  • 所在地:東京都港区港南2-17-1
  • 設立:2001年6月
  • 資本金:3億円
  • 具体事例:あり(http://www.itid.co.jp/case/

製造業がもつ価値提供の強化

各メーカーが独自にもっている企業としての価値や社会的に役立つ面を重視し、サポート。働くスタッフや組織全体の環境を向上させて、商品の宣伝に生かします。

大手企業の実績導入もあり

京セラや三菱重工といった、日本における大手メーカーの部署でコンサルが導入された事例も。技術者を育てるための研修やクレーム対策などに力を入れています。レポートで若手の成長が分かる、重大クレームがなくなったなど目に見える形で効果がでていることが分かる内容です。

アステックコンサルティング

株式会社アステックコンサルティング
画像引用元:株式会社アステックコンサルティング公式サイト(https://www.ast-c.co.jp/)

不足部分を補うコンサル

企業が不足している部分を補う戦略を重視するコンサル会社です。有料参加ではありますがセミナーも提供しており、多額のコンサル費用を払う前のサンプルとしても考えられます。

診断結果も含めた事例あり

具体的なコンサル事例や感想も公開されており、比較検討しやすい素材がそろっているのも特徴的です。一例としては下記ジャンルがあります。

  • 食品
  • 変圧器
  • 基盤
  • 冷房機器

ワクコンサルティング

ワクコンサルティング株式会社
画像引用元:ワクコンサルティング株式会社公式サイト(https://waku-con.com/)

  • 所在地:神奈川県藤沢市湘南台6-33-16
  • 設立:2003年1月
  • 資本金:3,850万円
  • 具体事例:あり(https://waku-con.com/work/

大手製造業の実績が豊富

実績として、パナソニック株式会社や日産自動車など多くの人が名前を聞いたことのある大企業に提供した実績があります。

経験豊富なスタッフが多数

大手企業にて長い経歴をもつスタッフが200名以上在籍。豊富な経験をもとに、企業がもつ思いや特性を生かして支援します。

依頼されたコンサルティングプロジェクトだけではなく、人材育成も支援。

船井総合研究所

株式会社船井総合研究所
画像引用元:株式会社船井総合研究所公式サイト(https://www.funaisoken.co.jp/)

豊富な業者を網羅する大規模コンサル

船井総合研究所は製造業以外も幅広く対応する大手コンサルティング会社。300億円という規模の資本で、かつ長い歴史をもっています。会社設立自体は2013年ですが、創業は1970年と50年以上です。社内で検討する際に規模や信頼性を重視する場合には選択肢として挙げられます。

ロボット導入事例あり

過去には小さな工場でロボットを導入し人材不足の問題を乗り越えた企業も複数あります。後継者が育たずに求人系のコンサルを検討している会社に対し、別の視点からのアプローチも可能なコンサル会社です。

才流

株式会社才流
画像引用元:株式会社才流公式サイト(https://sairu.co.jp/)

  • 所在地:東京都千代田区平河町2-5-3
  • 設立:2016年7月
  • 資本金:1,250万円
  • 具体事例:あり(https://sairu.co.jp/case

BtoB製造業に特化

ビジネス対ビジネスのBtoB、かつ製造業に特化したコンサルティング会社です。展示会の参加やWeb広告まで今後の戦略展開を検討し、施策の実施まで支援します。何から改善すればよいか分からない企業に対しても、課題を見つけてくれます。

大手企業の支援事例あり

TikTokの関連会社や会計ソフト大手のfreeeなどの支援実績があります。企業によって対応方針は異なりますが、主にマーケティング戦略のサポートが中心です。

リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティング
画像引用元:株式会社リブ・コンサルティング公式サイト(https://www.libcon.co.jp/)

  • 所在地:東京都千代田区大手町1丁目5-1-19、20F
  • 設立:2012年7月
  • 資本金:不明
  • 具体事例:あり(https://www.libcon.co.jp/case/

デジタル化が中心

得意とするのは、業務のデジタル化。製造業がもつ独自の価値や創造性などをさらに生かすために尽力してくれます。
タイにも拠点あり、状況に応じて海外進出しているメーカーにも対応可能です。

多くの製造業事例あり

シェービング用品メーカーや工業企業もコンサルティングを利用した実績があります。公式ホームページにおいて具体的に掲載されているため、資料請求前段階から比較検討もしやすい企業です。

GIコンサルティングパートナーズ

株式会社GIコンサルティングパートナーズ
画像引用元:株式会社GIコンサルティングパートナーズ公式サイト(https://gicp.co.jp/)

  • 所在地:東京都千代田区神田佐久間河岸78-3
  • 設立:不明
  • 資本金:不明
  • 具体事例:あり(https://gicp.co.jp/works/

Web集客を得意

SEOと呼ばれる、自然なキーワードによる検索サイトからの流入を重視する戦略が得意。合わせて下記のような全体的な運営サポートも対応しています。

  • 部門間同士の連携
  • コスト削減
  • 業務効率化
  • 業務円滑化
  • 社内風土の改善

技術承継にも対応

コンサルティング会社によってはサポートが難しい技術承継も支援しているのが特徴的。売上には困っていないけれど新しい人材が入らずに、会社の継続が難しいと考えている場合にも相談できます。

エスト・コミュニケーションズ

株式会社エスト・コミュニケーションズ
画像引用元:株式会社エスト・コミュニケーションズ公式サイト(https://www.yugetoru.com/)

  • 所在地:東京都文京区本郷2-23-12-401
  • 設立:1994年11月
  • 資本金:1千万円
  • 具体事例:なし

複数の支援パッケージを用意

コンサルティングの料金体系はさまざまですが、エスト・コミュニケーションズは料金体系が明朗な複数のパッケージプランを用意。例は下記のとおりです。

  • 単発1回:11万円(税込)
  • 毎月1回2時間:11万円(税込)
  • 展示会出展支援:3ヵ月41.8万円(税込)
  • グッドデザイン賞支援:3ヵ月41.8万円(税込)
  • グッドデザイン賞支援1年間:月41.8万円(税込)

メーカーに特化したコンサル会社

製造業に特化したコンサルティング会社。展示会や商品開発のほかカタログの費用対効果を上げるといった課題解決を得意としています。

O2

株式会社O2
画像引用元:株式会社O2公式サイト(https://www.o2-inc.com/)

  • 所在地:東京都港区港南1-6-34-1F
  • 設立:2004年3月
  • 資本金:1億円
  • 具体事例:なし

チーム体制でサポート

コンサルティングを提供する際には言葉だけで支援するのではなく、チームを組んで業務を改革してくれます。新しい工場の設立や海外への進出なども支援内容のひとつ。
新たなビジネスを始めようと考えているシーンに向いています。

経営陣と現場をつなぐ

コンサルを提供する企業の9割は製造業。特に重視しているのは、経営サイドと現場のスタッフをしっかりつなぐような改革を得意としています。

BLiSC

有限会社BLiSC
画像引用元:有限会社BLiSC公式サイト(https://www.blisc.co.jp/)

  • 所在地:
  • 設立:2005年11月
  • 資本金:3百万円
  • 具体事例:なし

改革や教育に力を入れる

提供する業務内容の中心は、会社全体の改革や人材育成などです。製造から販売まで一貫したプロセスの改善や、戦略にIT技術を導入するといった方法で支援します。

4000人以上の規模も実績あり

過去にコンサルティングしてきた実績として、千人規模以上の中規模企業が多くみられます。企業ごとの課題に合わせて、事業の基盤を強化や人材育成支援などを行なってきました。

ピークコンサルティンググループ

ピークコンサルティンググループ株式会社
画像引用元:ピークコンサルティンググループ株式会社公式サイト(http://peak-cg.com/)

  • 所在地:東京都中央区銀座6-6-1-5F
  • 設立: 2007年5月
  • 資本金:500万円
  • 具体事例:なし

生産管理システムを提供

製造や物流業を中心にサポートするコンサル会社。生産管理システムの導入を得意とし、お菓子や金属自動車部品などさまざまなメーカーのコンサル実績があります。

シンプルな報告と料金体系

料金システムは月に何円という設定ではなく、1日あたり旅費経費込の価格を設定しています。また報告書はシンプルで読みやすく、メーカー側の手間をかけさせません。実際に依頼してからあまり来ないのに、料金がかかるのを避けたいケースに向いています。

ISIDビジネスコンサルティング

株式会社ISIDビジネスコンサルティング
画像引用元:株式会社ISIDビジネスコンサルティング公式サイト(http://isidbc.co.jp/)

  • 所在地:東京都港区港南2-17-1
  • 設立:2013年2月
  • 資本金:3億円
  • 具体事例:なし

デジタルを活用した戦略検討が得意

得意としているのはデジタルを活用した開発戦略。AIの活用や設計から生産に至るまでのプロセスをシステムで分かりやすくして、コストの削減などに取り組みます。
開発設計に生かすケースもあれば、社内体制を整備して問題を解決するケースなど、方針はさまざま。

自動車や部品メーカーの実績が豊富

過去にコンサルティングを担当した企業事例として具体的な社名は明かされていませんが、自動車関連や機器部品関連のメーカーへのサポートが中心です。

モノト

株式会社モノト
画像引用元:株式会社モノト公式サイト(https://monoto.co.jp/)

BtoB製造業に特化

個人ではなく法人や事業者を相手とする企業、いわゆるBtoBジャンルの製造業に特化した販売支援を行なうコンサル会社。製造機器特有のWebコンテンツを展開しており、豊富な知識をもっていることも分かります。

最低月額3万円から

代表的なサービスは顧客カルテというシステムの提供。名刺の有効活用など法人対法人に特化されたシステムです。利用料金は最低月額3万円からとリーズナブルな費用感。まずは少額費用で検討してみたいケースにもぴったりです。

製造業がもつ課題にそったコンサル会社へ

製造業がもつ課題にそったコンサル会社へ

コンサルティング会社によって他業種も網羅しているケースや、製造業に特化するなど得意分野は異なります。

会社によって経営改善に加えて、企業が将来も存続するように人材育成や自動化導入による業務改革なども対応します。会社ごとの得意分野を把握し、自社がもつ課題にそった企業を選びましょう。

商品宣伝や求人活動に力を入れる場合、コンサルティング会社だけではなくWeb広告会社への依頼も検討してみてください。

全研本社も、会社ごとの特性把握し、最適な客層にアプローチするバリュープロポジション戦略を得意としており、課題解決をサポートいたします。

競争優位性を活かしたデジタルマーケティングの具体的な施策として全研本社が提供しているのが、「ポジショニングメディア」という戦略的コンテンツマーケティング施策です。

製造業のコンテンツマーケティング施策「ポジショニングメディア」とは

製造業の営業支援するポジショニングメディアLPスクリーンショット

ユーザーが求める製品特化型の専門メディア

ポジショニングメディアとは、「貴社の製品を購入したい」という意欲が高いユーザーだけを集客する、ユーザーが求める製品に特化したWebメディアです。

製造業のWeb集客方法の一つとして、すでに多くのユーザーを獲得しているポータルサイトや一括資料請求サイトなどを活用するケースがあります。アクセス数が多いため、自社の存在をPRするには効果的な方法です。

しかし、だからといって、今すぐメーカーに購入検討の問い合わせをするわけではなく、あくまで製品やサービスを比較検討する「情報集め」のためにポータルサイトを利用しているにすぎません。

ユーザーが「どの製品を導入すべきか」がわかる

ポジショニングメディアは、例えば、「3Dプリンター」「レーザー加工機」「ロボットアーム」など、ユーザー(企業)が求めている「製品」をテーマにしたWebメディアを独自に開設し、その製品に興味があるユーザーだけを集客します。

たとえ、製品知識があまりないユーザーでも、適切な製品、製造するメーカーを簡単に探し、どの製品を導入すべきか判断することができます。

また、掲載する企業にとっても、自社製品の「特徴」「強み」をしっかりと理解してもらいながら、認知度向上や資料請求をはじめ、成約率の高いリード獲得が可能です。

ポジショニングメディア導入前と後の違い

ポジショニングメディアからの問い合わせは、よくある競合他社と比較される「とりあえず資料請求」のような温度感ではなく、「貴社の製品導入を検討しているので詳しく教えて欲しい」という導入への温度感が高いリード獲得が可能です。

製造業の営業を支援するポジショニングメディアの成約の流れ

導入意欲が高いリードが獲得できることで、競合他社との価格競争に巻き込まれることなく、成約率や受注単価の高い成約が実現できます。

全研本社制作・運用のポジショニングメディア事例

「現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう」

製造業の営業支援する有孔鋼板のサイト画像画像引用元:現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう(https://www.perforated-steelplate.net/

「現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう」は、工場や倉庫の床、天井の目隠し材に使われる「有孔鋼板」をBtoB用に紹介。「有孔鋼板」のキーワードでSEO対策を行い、現在1位を獲得しているメディアです。(2022年1月現在)全14種類ある有孔鋼板を「歩きやすく安全性の高い床」「通気性・採光性のある床」「デザイン性のある外壁」など、発注者の用途に合わせて紹介。有孔鋼板を探しているユーザーがどの製品を購入すべきか、一目瞭然で分かりやすいサイト内容とコンテンツで構成されています。

戦略的「データインテグリティ対応」の処⽅箋

製造業の営業を支援するデータインテグリティのサイト画像
画像引用元:戦略的「データインテグリティ対応」の処⽅箋(https://www.di-pharmaceutical.com/

データインテグリティとは、情報処理などの分野で使われる用語で、「データ完全性」とも呼ばれています。つまり、完全で一貫性のあるデータの「正確さ」を表すものですが、医薬品製造の分野でも、確かな品質で生産力のある製造システム強化を図る目的で、データインテグリティの確保が求められています。『戦略的「データインテグリティ対応」の処方箋』は、この医薬品製造におけるデータインテグリティの重要性を啓蒙しつつ、データインテグリティに対応できるソリューションを提供する企業も紹介する「データインテグリティ」専門メディアです。

「SCADA MAGAZINE(スキャダマガジン)」

製造業の営業を支援するスキャダマガジンのサイト画像

画像引用元:SCADA MAGAZINE(スキャダマガジン)(https://www.scada-magazine.com/

監視制御(SCADA)システムに特化したポジショニングメディアで、市場に出ているソフトのそれぞれの機能やコスパを始めに、SCADAシステムの今後の動向やその他の情報を網羅しています。新システムを導入する際に重要視されがちな料金以外にも商品選定の役に立つ情報が豊富で、SCADAシステムを検討する企業ならワンストップで導入判断が下せる構造になっています。

このように製造業でも導入済で、ポジショニングメディアを導入したことで、「自社製品の良さを理解した上で問い合わせるユーザーが増えた。ほぼ商談化に移行し受注にも繋がった」というお声を頂いております。

ポジショニングメディアについて、より詳しく知りたい方は、詳細をまとめた資料がこちらからダウンロードできます。貴社の今後の営業支援活動にお役立て下さい。

ポジショニングメディア資料画像

資料をダウンロードする

製造業のマーケティングコンサル依頼と同時にWeb施策を走らせよう

製造業の営業手法には、リアル展示会で集めたリードへのダイレクト営業やアウトバウンドのテレアポ営業など、さまざまなものがあります。

従来の手法でうまくいっているのなら問題はありませんが、市場を拡大したい、新規チャネルを開拓したいという目標を掲げるのであれば、デジタルマーケティング施策は必須です。

Web広告やWebマーケティングに明るいマーケティングコンサル会社に丸投げするのもひとつの手段であり、社内人材への負担も減ります。

ただし、いつまでも外部リソースに依存しているだけでは、真の意味でのDX化は望めません。

全研本社は貴社と併走しながら成果を届けます

全研本社は製造業に特化したマーケティングコンサル会社ではありませんが、BtoBの製造業メディアやニッチな商材のメディアを多数制作・運用しています。

携わる業界も幅広く、これまで120業種・7600サイトものWebメディアを手掛けてきた実績と知見を活かして、顕在性の高い顧客に情報を届けています。

ほかにも全研本社が手掛けたメディアの数々が紹介されています。もっとさまざまな業界のメディア事例が見たい!という方は、下記よりご確認ください。

全研本社メディア制作事例

そしてなによりほかのメディアと異なるのは、導入企業になんとしてでも成果を届けるという「顧客と併走し続ける」体制です。

Webメディアが完成して終わりではなく、むしろそこからが始まりです。

そんな全研本社の施策について興味がわきましたら、いつでもお問い合わせください。

ページトップへ