計測技術の広告掲載費用と評判まとめ

計測技術の広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、「計測技術」の特徴や広告掲載のメリット、費用などを掲載しています。工業分野の企業に向けての広告掲載をお考えなら、チェックしてみてください。

計測技術のキャプチャ

引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/user_data/a_top.php)

計測技術の特徴

工業分野の計測技術を解説している専門誌

計測技術は、工業分野の計測技術をテーマに、応用技術・機器・システムについて紹介している専門誌。新製品もピックアップされているため、業界トレンドの変化を掴めるのが特徴です。また、計測技術の今後の展望や、各産業の動向も併せて解説されています。

45年以上発行されているロングセラー雑誌

計測技術は、1973年4月5日に創刊されてから45年以上発行されています。発行部数は1万8,000部で、現場で活かせる技術を学びたい技術者の入門書・指南書としても愛読されています。物理量や化学量といった基礎計測から、温度や流量などの計測技術まで幅広い題材を扱っている雑誌です。

工業分野の計測技術の事例が盛りだくさん

計測技術では、計測技術に関するプロジェクト研究の報告や、各種規格の動向を紹介しています。技術報告と課題が取り上げられているため、技術を現場に導入する際の参考にできるでしょう。事例がたくさん掲載されており、若年層から中年層まで幅広い世代から支持されています。

計測技術の広告掲載料金

  •  表紙貢(4色)1回掲載550,000円(税込)
  •  表2貢(4色)1回掲載440,000円(税込)
  •  表3頁(4色)1回掲載407,000円(税込)
  •  表4頁(4色)1回掲載495,000円(税込)

計測技術の口コミ・評判

計測技術の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

計測技術に広告掲載するメリット

工業関連の企業に従事する読者が多い

計測技術の業種別読者層として最も多いのは化学工業で17%、次に鉄鋼・非鉄が16%、電気機器が14%です。工業分野の計測技術を題材にしている専門誌なので、読者層も工業関連の業界が過半数近くを占めています。工業関連の企業向けに広告掲載したいときに重宝するでしょう。

読者の居住地域が分散されていて、全国に向けた広告掲載ができる

計測技術の読者は全国各地におり、他誌と比べても特定のエリアに偏っていないのが特徴です。読者の居住地域が分散されているので、全国に向けて広告掲載できます。また、全体の1%ほどですが海外読者もおり、国外に自社製品をPRすることも可能です。

計測技術の広告掲載までの流れ

計測技術への広告掲載までの詳しい流れは記載されていませんでした。広告締切に関しては、ラフが前々月25日、完版・データが前々月末日、ポジが前月5日までの入稿です。上記は特別進行を除いての締切のため、依頼する際は早めに日本工業出版株式会社へお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

広告掲載すると短期的な集客効果が見込めますが、長期的な集客につなげるには他施策も並行して講じることが重要です。工業関連の企業を集客したいと考えているなら、計測技術への広告掲載のほか、下記の施策も併せて検討してみてください。

  • 工業関連の企業に従事する読者が多い他専門誌・新聞へ広告掲載をする
  • 工業関連の企業が多く利用しているマッチングサイトを利用する
  • 自社ホームページに事例をたくさん掲載し、関心の高いユーザーを獲得する
  • ポジショニングメディアで自社と他社の違いを訴求し、自社に興味を持つ人を増やす

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ