日刊工業新聞の広告掲載料金や口コミ評判を調査

日刊工業新聞の広告掲載料金や口コミ評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

日刊工業新聞の特徴

 
日刊工業新聞引用元:日刊工業新聞公式サイト (https://corp.nikkan.co.jp/)

日刊工業新聞社が発行する日刊工業新聞は、産業に関する情報をただ掲載するのではなく、BtoBを下地としたビジネスで使える厳選された情報が載っています。購読者のニーズに応じた媒体を展開する日刊工業新聞の特徴についてまとめました。

全産業界の最新情報を発信する全国紙

自動車・ロボット工学・工場機械や特殊素材など、産業に関する情報がジャンル問わず網羅されている日刊工業新聞。発行部数は422,607部(2021年2月時点)と、月額4,721円(税込)と決して安い金額ではないにも関わらず、産業に関わる多くの方に購読されています。

毎日約250本もの記事が掲載されるため、常に最新の情報を取得することができます。中小企業の情報が中心に載っているため、今後の方針や戦力を立てるための情報収集に役立つ媒体です。

1年ごとにテーマを掲げて掲載される戦略的な情報

2021年の日刊工業新聞が掲げる目標は、にっぽん再構築。新型コロナウィルスの影響で大きく変化した日本産業界が、今どのような取り組みを行なっているか、最新のトレンドを確認することができます。1つのテーマに沿って年間通じて情報が発信されるため、トレンドを確認しつつ中長期的な戦略が立てやすくなります。

日刊工業新聞の活用方法を提示

公式サイトにて、購読者による日韓工業新聞の活用方法が掲載されています。経営幹部の活用方法が詳細に載っているため、うまく利用する手段を事前に確認することができます。ベテランも新人さんも関係なく、利用しやすい媒体と言えるでしょう。

日刊工業新聞の広告掲載・提携料金

新聞広告掲載の料金形態は細かく、さまざまなサイズや掲載回数によって料金が変動します。カラー料金オプションの有無によっても大きく金額が変わるため、まず予算を決めた後に希望する掲載枠や回数を検討することをおすすめします。

名称 定価 複数掲載1回あたりの料金
全10段 3,192,750円 2,059,310円
全2段 638,550円 458,260円
記事中 145,904円 120,582円

参照元:
https://biz.nikkan.co.jp/adv/ad_guide/charge.html

日刊工業新聞の口コミ・評判

(抜粋)「IT業界と製造業では使っている言語が異なる。できるだけ製造業の言葉で打ち合わせするようにしているため、新聞の表現はとても役立っている。また肌感覚の景況感と、新聞に掲載されている業界統計や経営者の声を照らし合わせることで、現状を正しく認識できる」
引用元:日刊工業新聞公式ホームページより( https://www.monoasu.jp/interview/18452)

(抜粋)「産業界の有益な情報ばかりで、営業などに役立てている。他紙が取り上げず、インターネットにも掲載されていない中小企業の活動もよく取材している。また海外事業を拡大する計画で、ベトナムの企業と業務提携を結んでいる。このため、ベトナム関連の記事に注目している」
引用元:日刊工業新聞公式ホームページより( https://www.monoasu.jp/interview/18488)

日刊工業新聞の広告掲載・提携するまでの流れ

広告原稿の入稿締切に関して、日刊工業新聞では細かに記載がされています。ただし、広告サイズによって変更がある場合もありますので、事前にお問い合わせると良いでしょう。

以下、日刊工業新聞の広告掲載までの流れです。

①広告掲載の申込み
②担当者と打ち合わせ(掲載プランや打ち出したい内容を確認)
③広告原稿の作成(広告制作ガイド参照)
④入稿サイズやデータ内容を確認
⑤掲載日3~5日前に提出

広告の提出締切日は、種類によって異なります。モノクロ広告の場合は、掲載日から3日前の提出。カラー広告の場合は、掲載日から5日間前の提出が求められます。

日刊工業新聞に広告掲載・提携するメリット

 
全国紙のうえにBtoBを意識した紙面展開を行なっているため、全国各地の購読者に向けて、広告を通じて情報発信を行なうことができます。購読者は決定権をもっている役職者の方が多いため、お問い合わせが1件あるだけで、契約に結ぶ可能性は高くなるでしょう。

広告枠のサイズや掲載回数が細かく用意されているため、狙うべきターゲットへ的確にアプローチすることが可能。料金形態も明確なため、予算内で効果的な広告戦略が立てやすい点も、日刊工業新聞に公告を掲載するメリットと言えるでしょう。

単発掲載もできるので、一度試しに掲載をしてみた後、反応を確認しながら掲載継続やサイズや場所の変更を検討してみることも一つの有効な手立てです。全国紙の強みを生かした広告マーケティングを行なえるのは、産業界に特化した媒体でも日刊工業新聞は頭一つ飛び抜けていると言えるでしょう。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

産業界で勤務する方が多く購読している日刊工業新聞購読。紙面のほかWebで記事を読む方も増えてきているため、紙面への広告掲載とあわせて、インターネットを用いた広告展開を行なうことをおすすめします。

ユーザーへの認知度を上げるためにも紙面広告は有効な手段と言えます。しかし、ユーザーの情報検索心理を考えると、本当にここがいいのか検証する情報検索、他にもいいところがないのかと考えて比較をする情報検索、さまざまな心理が伺えます。そのさまざまな情報検索に合わせて、広い視点をもって広告戦略を練る必要があります。

  • 他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • 潜在層が狙えるコンテンツマーケティングの展開
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを狙った集客する

を行い、受注しやすいリードを獲得していきましょう。
下記に製造業の集客に役立つ集客情報をまとめていますので参考にしてみてください。
製造業向け広告戦略
広告媒体まとめ
製造業のWebマーケティング事例を紹介

ページトップへ