日経産業新聞に広告を掲載するメリットと口コミ評判・掲載料金を紹介

日経産業新聞に広告を掲載するメリットと口コミ評判・掲載料金を紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では、日経産業新聞の特徴や広告を掲載するメリット、広告の掲載料金について調査してまとめています。
広告掲載を検討している方はぜひ参考にしてください。

日経産業新聞の特徴

日経産業新聞のキャプチャ画像
引用元:日経産業新聞(https://www.nikkei.com/theme/?dw=18083101)

日経産業新聞は日本経済新聞社が発行するビジネス総合紙で、1971年から朝刊のみで月~金曜日に発行されています。

日本経済新聞とは異なり、産業・企業の情報に特化した内容であることが特徴です。
テクノロジー・マネジメント・マーケティングなど13にも及ぶ分野の情報が掲載されており、日本経済を担うビジネスマンに愛読されています。

また日経産業新聞に情報を掲載する企業数は「毎日約300社」と言われているため、鮮度と信頼性の高い情報が集まっているのもポイントです。
掲載広告をユーザーに見てもらいやすい環境が整えられている日経産業新聞に興味のある方や、広告掲載を検討している方は特徴を確認しておきましょう。

中核層以上のビジネスマンから支持を集めるメディア

日経産業新聞のメイン読者層はビジネスの中核を担う40代以上です。細かい職種に注目してみると、ホワイトカラーや経営・管理職として業務を行う方々が大半を占めています。

このようにビジネスの中核層を担う世代から支持されるメディアであり、日経産業新聞に掲載される広告は信頼性の高い情報と捉えられるのが特徴です。日経産業新聞には認知度をアップするための環境が整っているので、企業や商品のブランディングを効率的に行えるでしょう。

数あるメディアの中でも高い信頼を獲得

日経産業新聞は信頼性の高いメディアとして、多くのビジネスマンから親しまれています。
様々なメディアが乱立するにつれて情報に触れる機会が多くなっていますが、行動の指針として信頼できる情報を提供するメディアは少ないのが現実です。

日経産業新聞は経済ニュースを中心に、信頼性の高い情報を伝えているためBtoCだけでなくBtoBに対しても情報を拡散する影響力を持っています。このため掲載した広告は確かな情報として、多くのユーザーに届くでしょう。

日経産業新聞の広告掲載料金

日経産業新聞に広告を掲載するための料金は以下の通りで、A~Nが紙面版、Oが電子版の広告掲載料金です。

タイプ 段数 サイズ 料金
A 15段 380.0×512.5mm 2,887,500円
B 10段 380.0×341.0mm 1,958,000円
C 7段 380.0×238.0mm 1,455,300円
D 5段 380.0×169.5mm 1,089,000円
E 3段 380.0×100.5mm 683,100円
F 2段 380.0×66.5mm 464,200円
G 7段×1/2 189.5×283.0mm 796,950円
H 5段×1/2 189.5×169.5mm 580,250円
I 3段×1/2 189.5×100.5mm 356,400円
J 2段×1/2 189.5×66.5mm 237,600円
K 突き出し(1面) 52.5×66.5mm 144,100円
L 突き出し(中面) 52.5×66.5mm 104,500円
M 記事中(中面) 70.0×32.0mm 92,400円
N 題字下(1面)  70.0×32.0mm 187,000円
O バナー広告 140.0×16.0mm 187,000円

上記の料金は日軽産業新聞に6ヶ月に1度掲載する場合のもので、税込価格で記載しています。
またカラー広告を掲載するには、別途料金として以下が発生するので注意してください。

  • 段数:10段以上 料金:1,100,000円
  • 段数:10段未満 料金:990,000円

日経産業新聞の口コミ・評判

日経産業新聞の広告掲載に関する口コミ・評判は見つかりませんでした。
しかし日経産業新聞の発行元は、世界最大の発行部数を誇る総合情報紙を持つ日本経済新聞社です。

日本経済の中核を担う経営者をはじめとした多くのビジネスマンが目を通しています。日経産業新聞に掲載された記事はBtoCだけでなくBtoBでも話題となりやすく、多くのユーザーに広告を見てもらうには効率が良いでしょう。

日経産業新聞に広告掲載するメリット

日経産業新聞に広告を掲載するメリットには以下の2つがあります。

  • 500,000人を超える読者
  • ビジネス情報に関心が高いユーザーに直接届けられる

日経産業新聞は1971年に創刊され、現在では推定512,000人の読者がビジネス情報を入手するために購読しています。日本経済新聞では取り上げられていない産業・企業に関するミクロな情報を伝えているため、読者に決定権を持つ役職が多いのもメリットです。

日経産業新聞のメイン読者である課長・係長以上の役職はビジネス情報に高い関心を持っています。このためBtoBのサービスや商品を他社に訴求したい方は、広告掲載によりターゲットに直接的に情報を届けられるでしょう。

ビジネスマンへの認知度の高い日経産業新聞に広告を掲載することで無駄なコストをかけずに、狙ったターゲットに対してサービスや商品をスムーズに訴求できます。

日経産業新聞の広告掲載までの流れ

日経産業新聞に広告の掲載を希望する場合、下記の情報をお問い合わせフォームに入力して送信してください。

  • 貴社名
  • 貴社ウェブサイトURL
  • お勤め先部署・役職
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご連絡先(TEL)
  • お問い合わせ分類
  • お問い合わせ内容

広告掲載に関する詳細は、お問い合わせ後に日経産業新聞の担当者より改めて連絡があります。
日経産業新聞への広告掲載のお問い合わせは下記のURLから可能です。
https://www2.entryform.jp/r/form.asp?c=3fb88e57e8bedf502335d5985e42bf7e1000200095

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

日経産業新聞への掲載は、経済の動きに敏感なビジネスマンへの認知度を上げるためには有効的な手段です。
しかしユーザーの情報検索心理を考慮すると、本当にここがいいのか検証する情報検索、他にもいいところがないのかと考えて比較する情報検索など、様々な心理があります。

その様々な情報検索に合わせて、

  • 製造業に特化した他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを活用した指名検索対策
  • SEO対策で商圏内ユーザーへのアプローチ
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

を行い、経営に好影響を与える集客戦略を構築していきましょう。

製造業の集客戦略まとめ製造業向け広告媒体
マーケティング戦略のポイント

ページトップへ