配管技術の広告掲載費用と評判とは

配管技術の広告掲載費用と評判とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、配管技術の特徴と、広告掲載のメリットを紹介していきます。

配管技術の特徴

配管技術キャプチャ
引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/user_data/h_top.php?category_id=10)

1959年に創刊された配管技術を題材にした専門誌。発行部数は1万8,000部で、毎月1回の発行となります(2021年8月時点)。年間購読も行っているため、通年読んでいる人が多いのが特長です。配管工事の計画から使用する機器の問題、技術的な問題を取り上げています。

配管技術では、施工建設工事のレポートを掲載しています。資材調達から工程管理、起こり得る事故と対策方法など、現場で役立つ知識が盛りだくさんです。業界の動向と問題点を扱う講座も取り上げているため、配管技術を要する業界で重用されています。

配管技術の広告掲載費用

  • 表紙頁(4色)1回掲載:550,000円(税込)
  •  表紙2頁(4色)1回掲載:440,000円(税込)
  •  表紙3頁(4色)1回掲載:407,000円(税込)

配管技術の口コミ・評判

配管技術の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

配管技術に広告掲載するメリット

配管技術に広告掲載するメリットを見ていきましょう。

配管技術を要する現場で多く読まれている

配管技術の職業別読者層は、石油・石油化学がダントツで多く37.4%、次いでプラントメーカー18.2%、化学9.8%となっています。実際に配管技術を使用する施工建設工事の現場で、本誌が読まれているのが分かります。それらの広告を打つのに適した媒体でしょう。

20~40代の読者層への広告が打てる

配管技術の読者の年齢は20~40代までが多く、現場で役立つ知識を身につけたいと考える技術者から支持されています。施工建設工事の関連商材だけでなく、20~40代に需要がある商材の広告も反響が期待できるでしょう。

配管技術の広告掲載までの流れ

配管技術に広告掲載を依頼する際は、日本工業出版株式会社までお問い合わせください。ラフの広告締め切りが前々月15日、完版・データが前々月20日、ポジが前々月25日までの入稿となっているので注意しましょう。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

建設施工・建設機器などの業界に広告掲載をするなら、専門誌である配管技術は適しているといえます。さらに集客効果を高めるには、併せて下記の施策も実施してみましょう。

  •  オウンドメディアに力を入れて、顧客が自社製品について調べられる媒体を増やす
  •  リスティング広告で、自社ホームページの存在を認識してもらい客数をアップさせる
  •  自社ホームページのコンテンツを増やして、自社製品についての理解を深めてもらう
  • ポジショニングメディアで自社を必要とするユーザーだけを集める

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ