包装機器の広告・マーケティング戦略とは

包装機器の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

包装機器は食品や日用品、薬品など、生活に必要な商品の流通に欠かせないものです。包装機器は袋や箱だけでなく、ラベルやシールなど包装に付随するものも含まれます。

日本では少子高齢化の影響により、さまざまな市場規模が縮小することが予想されています。そのうえで、包装機器市場はどのような動きを見せるのでしょうか。

この記事では、包装機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

包装機器の今後の市場について

日本では今後さまざまな市場が縮小傾向にあることが予想されていますが、包装機器の市場においては今後も成長見込みが期待されています。

その背景にあるのは、ASEAN諸国などの新興国への需要拡大。人口が増加している新興国では、日用品や衣料品、食品の市場規模の拡大が見込まれ、日本の包装機器市場にとっては追い風となっています。

また、新型コロナウイルス感染の影響から、裸売りされていた食品には包装して販売するなど、新たな需要が生まれていることも挙げられます。

仕上がりの美しさや安全性といった観点からも日本の包装技術は世界中で評価されており、新興国やヨーロッパではさらなるニーズの高まりが期待できます。加えて、Amazonや楽天などのネットショッピングによる宅配品の包装では今後さらに多くの需要を生むでしょう。

そのような点を踏まえると、今後も包装機器の市場は拡大傾向にあることが予想されます。

包装機器の市場における今後の課題

環境問題の意識の高まりから日本でも過剰包装が問題視されており、不要な包装は敬遠されるようになりました。過剰な包装を排除しつつ、密封性や安全性を確保した包装技術へのニーズが高まっていることから、今後は仕上がりの精度にも目が向けられるようになるでしょう。

しかし、別の視点から見てみると、包装技術に自信のある企業は競合との差別化を図れるチャンスでもあります。
今後も市場拡大が期待できる包装機器の市場において、広告やwebメディアを使ったマーケティングはぜひとも取り入れておきたいところ。

ここからは、包装機器のマーケティングに役立つフレームワークを詳しく紹介していきます。

包装機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

効果的なマーケティングを行うために、まずは戦略を練ることが大事です。包装機器のように競合が多い市場では、自社の強みや市場での立ち位置を一度明確にする、STP分析やバリュープロポジションを活用するのがおすすめです。

「STP分析」で自社にマッチする市場を明確にする

STP分析
STP分析とは、マーケティング論で有名なフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワーク。

・セグメンテーション(S)
市場を細分化

・ターゲティング(T)
細分化した市場から自社が狙う市場を選定

・ポジショニング(P)
その市場の中で顧客を獲得(勝てる)できる立ち位置を明確化

包装機器であれば得意分野の技術が生かせる商品の選定や、需要が見込める海外マーケットの選定といった、おおまかなところから始めるのもいいでしょう。

自社の強みを打ち出す「バリュープロポジション」

バリュープロポジション
続いて、バリュープロポジションです。バリュープロポジションとは、購買ニーズがある分野で、競合にはない自社の強みを特定していくフレームワーク。提供できる自社のサービスを明確にし、ユーザーへ「唯一の価値」を示す重要なプロセスです。

このフェーズでは、自社の技術を必要としている見込み顧客への最短アプローチを目指します。自社のバリュープロポジションを明確にすることは、マーケティング効率を上げる重要なポイントとなりますので、じっくりと分析していきましょう。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介しています。よろしければダウンロードをしてみてください。

包装機器の広告・マーケティング方法

自社が狙うべきターゲットユーザーを選定し、提供できるサービスを明確にしたら、具体的なマーケティング施策に移ります。ここでは、包装機器の広告・マーケティングにおけるアプローチ方法を紹介していきます。

訴求力のある自社サイトを構築

対面式の営業からオンラインによる営業へと移り変わっている現代において、自社サイトは立派なマーケティングツールとなります。会社紹介のようなパンフレット代わりにするのではなく、積極的に強みを打ち出していきましょう。

自社サイトは会社のオリジナリティを発揮しやすいので、競合との差別化も図りやすいです。ただし、「見やすい」「情報が取り入れやすい」といった、ユーザー目線でサイト構築することが重要です。

市場に合わせたSEO対策

市場に合わせたSEO対策も忘れずに行いましょう。狙うべき市場を選定したら、その市場に合ったキーワード検索でユーザー流入を目指します。

例えば、ニーズベースであれば「包装 食品」「包装 特注」など。SEO対策は自社サービスを訴求するための重要な要素となるため、得意分野にヒットするキーワードを選出しましょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアは、自社の強みと親和性の高いユーザーを集客するマーケティング施策のこと。

自社と親和性の高いターゲットに対して自社の強みをユーザーに示していくため、反響率の高さはもちろん受注確率の高い反響獲得ができることが特徴です。

どうしても包装機器市場では他社商材との違いをWeb上でユーザーに理解してもらうことは難しく、問い合わせや資料請求をしてもらった段階でで比較されるケースが往々にしてあります。

しかしユーザーとしてはポジショニングメディアを見ることで自社がどんな包装機器を選べばいいのか解決できます。
そのため、包装機器選びを解決した上での反響獲得を実現、成約までのリードタイム短縮や単価アップに繋げることができます。

ポジショニングメディアとは?

リスティング広告も効果的

リスティング広告はGoogle検索結果の上下に表示される広告枠のこと。リスティング広告の多くはクリック課金制となっているため、検索ユーザーが広告をクリックした場合に課金されます。

しかし、成約につながらないユーザーからのクリックがあるというリスクを孕んでいることと、市場が大きければ大きいほど広告費用は高騰するため、会社の予算や目標に応じて活用した方がよいでしょう。

包装機器の広告・マーケティング戦略とはまとめ

包装機器の市場は今後も増加傾向が見込まれており、新たな顧客を獲得する絶好のチャンスです。また、海外からのニーズも期待できるので、狙うべき市場は世界中にあります。

競合との差別化が見えにくい場合、新たな顧客獲得というチャンスを逃してしまうので、自社の強みを明確にするマーケティング施策はぜひとも行っておきたいところです。

勝てる市場を見つけて収益アップを図りたいというお考えがあれば、全研本社へお気軽にご相談ください。貴社にとって最適な市場の分析および集客施策をご提案させていただきます。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ