メッキ業界の課題と今後必要不可欠なマーケティング施策とは

メッキ業界の課題と今後必要不可欠なマーケティング施策とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

商品の表面に金属の皮膜を作り出すメッキ技術は、今や人々の生活に欠かせないものとなりました。

腐食やサビ防止だけでなく、見た目を美しくしたり、様々な機能を製品に付与したりするのに一役買っています。

この記事では、そんなメッキ技術を扱うメッキ業界が、今どんな現状にあるのか、そして今後の課題と対策についてご紹介します。

メッキ業界の環境と動向

メッキ技術は、製品自体の表面機能を高める役割を持っています。そのため特に、商品を構成する部品を製造する分野では、すでに欠かせない存在となってきています。そんなメッキ業界を取り巻く市場動向についてご紹介します。

メッキ処理需要の高まり

コロナ禍の影響もあり、巣ごもり需要により家庭内で利用される商品が増える中、メッキ業界も大きく市場を拡大してきました。

時代の流れが、大量生産・大量消費が基本となっている現代においては、メッキ技術の重要度が高くなってきているのも当然だと言えます。

特に現在は、新型コロナウイルスの蔓延によって抗菌・抗ウイルス作用のあるメッキ処理が非常に人気も高く、多くの商品で採用されています。

海外企業への流出が懸念点

ただし日本国内に目を向けてみると、逆にメッキ市場は縮小傾向にあります。これは中国や東南アジア諸国が、国内企業よりも安い価格で同様の処理を行うことができるという点が大きく関わっています。

価格競争になると、日本企業が敗退してしまうのは目に見えているので、価格だけに囚われない、各企業で固有の武器となる高性能技術を身につける必要があります。

メッキ業界2つの課題と解決策

メッキ業界2つの課題と解決策

古くは紀元後700年あたりから日本で使われるようになってきたメッキ技術ですが、科学的処理を行っているからこそ、現代においてもまだ取り組んでいくべき課題は数多く残されています。

また人間の市場活動に照準を置いて見ると、経済的にも今後解決していくべき課題が存在するのです。ここでは、メッキ業界が抱える以下2つの課題と、具体的な解決策についてご紹介します。

  • コスト削減
  • 環境対策

コスト削減

コスト削減はどの業界でも喫緊の課題として挙げられる要素の一つですが、メッキ業界でもその例に漏れず、各所からコスト削減の要望は数多く上がってきています。

メッキ業界では需要が大きく拡大していく中、市場も日本国内にとどまらず、特に新興国からの需要が大きくなっている傾向にあります。

海外需要の高まりに応じて、取引先も海外に拠点を出すところが多くなってきているのです。

海外で商品の競争力を付けるためには、何より価格の引き下げが効果的です。こうした販売先の需要からしても、コスト削減は急務であるということがわかります。

また国内向け商品であっても、コスト削減の話がなくなる訳ではありません。日本国内においては原材料の価格高騰が問題視されています。

加工メーカーが原材料価格に収益を圧迫されているケースが少なくなく、メッキ業界にその皺寄せがやってきているという訳です。

環境対策

メッキ業界と環境問題は、昔から切っても切り離せない存在として周知されています。化学製品を扱ってメッキ処理を施す訳ですから、環境問題にも十分配慮する必要があるのです。

メッキ処理は、現代の最先端分野にも欠かせない技術ですが、だからこそ日々高まる環境への意識に対する配慮が不可欠となっています。

例えばヨーロッパのRoHS指令では、電子機器や電気機器へ使用する化学物質を制限されています。

日本のみならず海外でも、利用しなくなった電子・電気機器を不法に埋め立てたり焼却したりする、という事例は多く発生しています。

元々商品に使われている化学物質は不法投棄などを想定していなかったため、環境汚染や人体への影響が深刻化し、RoHS指令が発出されたのです。

こうした環境配慮に関する規制は年々苛烈を極めており、日々環境へ配慮した薬品・製法などが研究されています。

課題への解決策

ここまで挙げてきた2つの課題に対する一つの答えとして注目されているのが「パラジウム」という貴金属です。

パラジウムは非常に希少な貴金属の一つで、一酸化炭素や炭化水素をキレイな水やガスに変えるという力を持っています。

環境配慮にはもってこいの物質ではあるのですが、これまではその希少性ゆえに金よりも値段が高く、コストの高さが問題となっていました。

しかし現在では、メッキ処理に使用されるパラジウム量を、従来量よりも90%以上削減できる技術が開発され、大幅なコストカットを実現しています。

パラジウムの例のように、今後もメッキ業界ではコスト面と環境面の両方に配慮した技術開発を進めていく必要があります。

メッキ業界でマーケティングが必要な理由

メッキ業界でマーケティングが必要な理由

メッキ業界の多くの企業は、マーケティングを取り入れていないところばかりです。

職人気質の人が多く所属する企業では、「良い技術」「良い製品」さえあれば、何もしなくても売れていく筈だと信じられているためです。

しかしメッキ業界をはじめとしたものづくり企業で、今こそマーケティングが必要となってきているのです。その理由について2点ご紹介します。

良い製品が売れる時代は終わった

日本の高度経済成長期は終焉を迎え、さらに少子高齢化によって経済活動は明らかに鈍くなりました。

また、大量生産・大量消費が当たり前になっている現代では、いくら良い商品を作っても、黙っているだけでは顧客は商品を勝手に見つけてはくれません。

このまま何もアプローチしないでいると、いつまで経っても粗悪品よりも売れ行きが悪くなってしまうというのは、現代においては仕方がないことだと言えます。

ネット普及による海外企業との競争激化

すでに5Gが普及し始めている現代では、ネットの影響力は無視できません。

インターネットさえあれば、世界中のどこにいてもライバルになることができます。特に海外では、日本国内のようにマーケティング不要と考えている企業はありません。

このまま何もしないままの状態であれば、マーケティング力の差で海外ライバル企業との競争に完敗してしまうのは明白です。

メッキ業界におすすめのマーケティング施策

マーケティング施策の目的は、取引先を安定的に確保することにあり、業種が異なっていても目的は変わりません。

マーケティングが正しく行われていれば、利益の拡大、新規顧客の獲得などに割く労力も大幅に減ります。

ここでは、メッキ業界の企業におすすめしたいマーケティング施策についてご紹介します。

ホームページの運用とSEO対策

まずは見込み客が訪れるためのホームページの作成と正しい運用です。ホームページでは、御社の製品・技術などの営業資料をわかりやすくコンテンツにまとめましょう。

また、定期的に記事ページなどを更新し、御社商品に関するキーワードなどを記事内に適切に配置することで、SEO対策を行う必要もあります。

マーケティングオートメーション

ホームページの運用と並行して、マーケティングオートメーションの仕組みを作ることも重要です。

マーケティングオートメーションとは、御社商品についての知識を見込み客に教育していくための自動化システムのことです。

従来では主にメルマガなどが利用されてきましたが、近年ではメルマガの代わりにLINEを利用する企業も増えてきています。

メルマガでは顧客への到達率の悪さが問題となってきましたが、LINEであればメルマガよりも格段に到達率が上がります。

リスティング広告

ホームページの見直しと営業資料コンテンツの作成が完了したら、リスティング広告の利用を積極的に行いましょう。リスティング広告とは、Googleや各種SNSが提供している有料広告のことです。

リスティング広告の場合、狙った顧客に的確にアプローチができるような設定が可能なため、最小限の費用で大きな広告効果を得ることも可能です。

Webメディア施策

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

狙った顧客へのアプローチ方法としてもう一つ着目したいのが、ポジショニングメディアとオウンドメディアの運用です。

ポジショニングメディアとは、自社認知度を上げながら自社の強みにマッチしたユーザーを集客し、結果成約率の高い反響を獲得することが出来ます。

また、オウンドメディアを活用することで様々なメッキ加工ニーズを獲得できると共に、メッキ加工をするならこの業者にも声をかけておこうと刷り込むことができます。

全研本社株式会社の
広告・マーケティングサービス

メッキ業界で生き残るためにはマーケティング施策導入が必須

メッキ業界で生き残るためにはマーケティング施策導入が必須

これからますます競争の激化が予想されるメッキ業界において、マーケティング施策の導入は必須課題であると考えられています。

メッキ業界で本格的にマーケティングを導入している企業は、現時点でほぼ存在しないと言っても過言ではありません。

今後の展望を見据えて、今のうちからマーケティングに力を入れていくことで、日本に参入した海外企業とも渡り合える力を身につけることができるのです。

キャククル運営元の全研本社では、製造業のはじめ120業種以上のWebマーケティング支援実績がございます。

ご案内の際は御社の強みや競争状態などをヒアリングし、適切なマーケティング施策をご提案させていただきます。興味がある担当者様は、お気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ