空圧機器の集客に使える広告・マーケティング戦略とは

空圧機器の集客に使える広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事ではコロナに負けず空圧機器市場で売上をしっかり上げていきたい方に向け、
空圧機器市場状況の解説から受注までを実現できるWebマーケティング手法について紹介しています。また、

  • 商材の強みを理解した反響が取れるため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった
  • 数ある競合から自社に興味を持ってもらえ、反響獲得後から契約までの期間を3分の1に短縮できた

を実現したポジショニングメディア戦略についても紹介いたします。

新型コロナウイルスの世界的な流行により一時は需要が落ち込んだ空圧機器でしたが、2020年上半期にかけて中国を中心に回復の兆しが見えてきました。2021年の出荷額予測は4,222億円まで上昇する見込みです。

工場の稼働率がコロナ禍以前まで回復すれば、空圧機器業界は成長を続けるでしょう。
しかし、市場規模が拡大する見込みとは言えマーケティングにおける対策を何もしていなければユーザーから選ばれず、競合と対比されて営業競争が激化する可能性があります。

そのためにも今のうちにマーケティング施策を行い、一足先に集客を行うことで営業競争を回避し、安定的な売上アップを狙うことが可能になります。

参照元:オートメーション新聞WEB(https://www.automation-news.jp/2020/12/52526/)

空圧機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

新型コロナウイルスのダメージから世界が回復するにつれ、上昇傾向を見せる空圧機器業界。化学プラントや食品製造装置などの工場機機械には必要不可欠な機器です。

一定の需要があるとは言え、空圧機器業界においても集客を怠るべきではありません。ここではマーケティングに役立つフレームワークとして以下2つを紹介します。

  • STP分析
  • バリュープロポジション

STP分析により自社の市場を把握する

STP分析

STP分析はマーケティングの父として知られるフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワークです。業種や商材を問わずに活用できるため、空圧機器業界におけるマーケティングにも適しています。

STP分析は以下3つの要素を分析する手法です。

  • Segmentation:市場の細分化
  • Targeting:狙う市場の決定
  • Positioning:自社立ち位置の明確化

STP分析を実施することで自社を取り巻く環境を把握でき、ユーザーのニーズに沿った事業展開につなげられます。

バリュープロポジションを明確にしてユーザーのニーズに寄り添う

バリュープロポジション
ユーザーのニーズに的確に応えるには、STP分析だけでは不十分です。自社のバリュープロポジションを明確化して、ユーザーのニーズに寄り添った事業展開を心がけましょう。

バリュープロポジションとは、競合他社にはなく自社だけが提供できる価値のことです。見る角度を変えると、自社が提供できる価値とユーザーが感じる価値がマッチする部分とも言えます。

バリュープロポジションはユーザーが「その商品を選ぶ理由」そのものなので、必ず明確化したうえでマーケティング施策を立案しましょう。

空圧機器の広告・マーケティング方法

STP分析により自社を取り巻く環境を把握し、バリュープロポジションを明確化したら、実際に集客施策を実施していきましょう。

ここでは空圧機器業界に有効なマーケティング施策として以下の4つを紹介します。

  • ホームページの拡充
  • ランディングページ
  • SEO対策
  • ポジショニングメディア

ホームページの充実

空圧機器市場で集客を行うにおいても、自社ホームページは必要不可欠です。インターネット社会の現代において、従来のアナログな集客手法は効果が薄れつつあります。

また、Webで情報収集する購買検討ユーザーはコロナの影響もあり年々増え続けています。
そのため、会社のパンフレットを作成して集客を行うのではなく、自社ホームページに力を入れなければなりません。自社の名前を知ったユーザーは必ずと言ってよいほど、自社の名前を検索しています。

ユーザーが検索して訪れた際に見やすいホームページ、問い合わせしやすい設計などができていなければ閲覧をされてもすぐにホームページから離脱されてしまいます。

ランディングページ

空圧機器市場でよりWebで自社商材を打ち出していきたいという方針があれば、自社商材を全面的に打ち出せるランディングページの作成もおすすめです。

ランディングページは消費者心理にもとづいて計算された緻密なデザインが特徴で、成果が上がれば一定期間は使い回しができます。ターゲットを絞った訴求に有効ですが、ランディングページから必ず成約があるとは限らないので注意が必要です。

安いものであれば50万円程度で制作できますが、戦略もなしに作っただけというランディングページが納品され、結果リード獲得に至らないことが多いのも実情です。
ランディングページは使い回しが効くのでが値段が張ったとしても、ターゲットユーザーからコンバージョンが取れるランディングページを作成することをお勧めします。

SEO対策

自社ホームページをすでに保有している場合は、自社が露出すべき検索マーケットに合わせてSEOを行いましょう。

「空圧機器」というキーワードで検索された際に、自社のサイトが検索結果の上位に表示されれば、ユーザーに認知されやすくなります。

また空圧機器業界であれば、

  • 空圧機器メーカー検索…「空圧機器メーカー」
  • 商材カテゴリー検索…「空圧機器シリンダ」「エアドライヤ」
  • 自社や自社商材検索…「自社名 空圧機器」「自社商材名:など

という3観点でSEO対策をする市場を決めて対策を進めるとリード獲得がしやすくなります。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、知識がないユーザーでもどの空圧機器が自社の課題ややりたいことに適しているのかがわかる専門メディアです。

また、掲載側もどんなユーザーにとってベストな空圧機器であるかを認知させることができるため、自社商材の購買可能性が高いユーザーのみを集客、効率的な営業活動を実現することができます。

一般的なWebマーケティングだとユーザーに知ってもらえる機会は増えます。
しかし、ユーザーはどのメーカーや機器が自分に合っているかわからないため、目星をつけた空圧機器メーカーに順番に資料請求や問い合わせをし、情報収集をせざるを得ません。(下記図参照)
ポジショニングメディアのコンバージョンフロー
しかしポジショニングメディアを導入することでユーザーはなぜ他ではなくその商材がよいのか、なぜ自社に合っているのかを理解した上で資料請求や問い合わせに至ります。
そのため、初回接触から購入意欲の高さを感じられるユーザーを集客できます。

詳しくはこちらからご覧ください。
ポジショニングメディア
について詳しく

空圧機器のマーケティング戦略まとめ

新型コロナウイルスによる影響が落ち着きつつあり、空圧機器業界は回復の兆しを見せています。
しかし、この好機に合わせて競合他社もその市場の回復に合わせてマーケティング戦略を強化していくことは間違いありません。

全研本社では製造業をはじめ120業種以上にわたる成約率を重視したWebマーケティングを展開してまいりました。
自社商材が市場においてどんな強みがあるかわからない、そもそもどんなWebマーケティング戦略を展開すべきか迷っているというお悩みも合わせて、お気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ