精密機器の広告・マーケティング戦略とは

精密機器の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、精密機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

精密機器の市場について

計測機器やカメラなどの光学機械器具、時計などの製造業に分類され、電子制御やソフトウェア制御で動く精密機器。一般の消費者向けの製品(時計やカメラなど)、企業や研究所など業務用の製品(医療機器や計測機器など)に大別されます。

特に、医療機器は2012年から2015年に大幅増加しました。2016年は僅かながらに減少したものの、高齢化社会で予防医療に重点がいき、診察関連機器などの需要が拡大。
時計は、消費減少や景気の後退のあおりをうけ、不振が続いて伸び率が鈍くなっています。一方の計測機器はというと、景気の回復基調に応じて堅調に推移。

高度な精密さが要求される精密機器は、日本が得意としている業界の一種。国内消費のみならず海外での販売体制強化も課題となっています。輸出比率が高いことから、輸出額によって売上額が左右される業界です。

170業界の内49位に位置する精密機器業界は、業界規模・成長率・利益率共に横ばい。あらゆる分野で需要が高い精密機器業界でも、ものづくりの業界での競争は激化しており、他社との差別化が欠かせません。そのためには、Webを使った広告やマーケティング戦略が必要でしょう。

参照元:精密機器業界のランキング、ランキング、現状など-業界動向サーチ

精密機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

精密機器メーカーは汎用品を作るというよりも、ニーズに合ったものを設計・、開発するビジネスモデルに変わりつつあります。そのため、自社の強みを正しく理解することが重要。
そこで、紹介するのは選ばれる精密機器メーカーになるために欠かせない2つのフレームワークです。

効果的に市場を開拓するための「STP分析」

STP分析
「STP分析」は、効果的に市場を開拓するために欠かせない手法。アメリカの経営学者であるフィリップ・コトラーが提唱しました。具体的なやり方をご紹介しましょう。

セグメンテーション(S:Segmentation)、ターゲティング(​T:Targeting)、ポジショニング(P:Positioning)の3つの考え方で進めていきます。

セグメンテーションとは、精密機器が必要となる市場を細分化する作業。ターゲティングとは、細分化した市場の中からどの市場に狙いを定めるのか確定する作業です。ポジショニングとは、狙いを定めた市場の中で、自社の製品を他社と差別化するための強みを決める作業です。

自社の開発している精密機器が、「どのような市場で」「どのようなメリット」を生み出せるのか、ユーザーの視点に立って具体的に考えてみましょう。

選ばれるメーカーになるための「バリュープロポジション」

バリュープロポジション
「バリュープロポジション」は、ユーザーが求めているニーズと、メーカー側が打ち出したい強みとのズレをなくすために行うフレームワークです。

つまり、ここでいうバリュー(価値)とは、ユーザーが必要としている・もしくはユーザーの課題を解決できるもの。かつ他社が持っていない自社ならではの強みである必要があります。また、他社が持っていたとしても、自社だからこそ付けられる付加価値などがあると、それはバリュープロポジションになりえるでしょう。

バリュープロポジションを確立すると、価格ありきではなく適正価格で自社の製品を売り出せます。
いくつかのペルソナを設定し、製品やアフターサービスなどを含め、さまざまな観点から細やかに分析するようにしましょう。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介しています。よろしければダウンロードをしてみてください。

精密機器の広告・マーケティング方法

STP分析とバリュープロポジションで、狙うべき市場や自社の強みが明確になったら、それらを具体化する広告施策に取り掛かりましょう。おすすめの広告施策をいくつかご紹介します。

強みを打ち出すホームページ

会社案内などはあるが、ホームページを作っていないメーカーもあるでしょう。

今や多くのメーカーが、ホームページを利用して、他社にはない自社の強みを打ち出してユーザーを獲得している時代です。ユーザーにとっても多くの精密機器メーカーがあるなかから選ぶ判断材料としてホームページを活用します。
ユーザーに自社製品を選ぶ手段を増やすためにも、ホームページの保有は必要といっても過言ではありません。

ホームページを作成するポイントは、「ユーザーのかゆいところに手が届く」の網羅性です。製品紹介はもちろん、依頼の流れ・実際に依頼した企業の事例などに、ユーザーが知りたいであろう情報を組み込みましょう。開示する情報が多いほど、信頼できるメーカーだと覚えてもらえる可能性が高いです。

訴求力が強いランディングページ

ホームページは会社案内のウェブ版にとどめたいと考えるメーカーであれば、ランディングページ作成がおすすめします。

ランディングページは訴求力に特化したページのこと。売上導線を強化したいときに有効な手法です。訴求力の高いページにするコツは導線の確保にあります。最初は、設定したペルソナが持つ悩みや課題を「こんなお悩みありませんか?」といった興味を持たせ、それを解決できる自社製品を紹介するという自然な流れになります。導線を確保し、読み進めるうちに購入欲を高めるページにできれば、問い合わせにつなげられるでしょう。

少ない予算でも可能なリスティング広告

クリック課金が特徴のリスティング広告を利用すれば、広告費が少ないメーカーでもハードルを下げて宣伝が可能です。

購買意欲が高い、あらかじめ興味を持っているユーザーに対して配信でき、リアルタイムで状況確認ができるのもメリットでしょう。もし、反応があまりよくない場合、広告の停止や開始も簡単です。

成約率の高い反響が取れるポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは特定市場に特化したWebメディアで、導入意欲の高いユーザーを集客することが出来るという特徴があります。

また、メディアという特性を活かして自社商材の特徴や強みを打ち出し、自社商材と親和性の高いユーザーも集中的に集客することが出来るため、反響率はもちろん成約率の高い反響を獲得することが可能になります。

自社の商材露出手段としてはもちろんですが、効率的にWebから売上を上げていきたいという方針があればマッチするWebマーケティング施策です。

ポジショニングメディアについて詳しく

【まとめ】精密機器の広告・マーケティング戦略とは

精密機器業界におけるマーケティング戦略では、需要が高くさまざまな業種で必要とされるだけに、今後も競合となる会社が増えるでしょう。
業界で勝つためには市場内でどんなターゲットを選ぶべきか、という視点で市場環境や自社の強みを分析していきましょう。

キャククル運営元の全研本社では、製造業をはじめ120業種以上の様々なWeb課題を持つ企業様のマーケティング支援を行ってまいりました。
もしマーケティング施策を見直したい、より効率的な営業推進体制を取っていきたいとお考えでしたらお気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ