製造業の広報・PRで重要なマーケティング手法と成功のポイントを解説

製造業の広報・PRで重要なマーケティング手法と成功のポイントを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

そもそも広報とは

製造業の広報戦略を考える前に、広報の定義と目的を解説します。広報とは、どのようなものなのでしょうか。

広報の定義とは

広報とは、Public Relationsのことです。Public Relationsは、一般的にPRといわれています。つまり広報とPRは同じ意味で用いられています。

広報の定義は時代とともに変化しますが、現在では「組織または個人が、社会から理解・共感と協力を得るために、組織または個人の目指す方向、活動を伝えること」といえます。

一般的に広報は、情報収集・情報発信・取材獲得の3段階で構成されます。例えば広報担当者が、自社の新製品に関する情報を集め、プレスリリースを作成し、メディアから取材依頼を受けるなどが考えられます。

広報の目的は

広報の最終的な目的は、社会の行動を変化させることです。社会の行動を変化させるため、情報を発信して理解や共感を得ます。行動変化を目的とする理由は、社会の行動が自社にとって良い方向へ変化すると、運営や活動を行いやすくなるからです。

例えば人材確保に悩む製造業が、自社のクリーンな労働環境をアピールしてメディアに取り上げられたとします。メディアを見た大学生が「工場って3Kでもなさそうだなぁ」と思ってもらえして就活時にエントリーしてもらえるということも想定できます。

企業の広報活動は、社会の行動を変化させることができるのです。大学生の行動を変化させた製造業の活動は、広報の目的を達成したといえるでしょう。

コロナ禍における製造業のPR方法とは

コロナ禍における製造業のPR方法とは

企業における広報の在り方は、時代とともに変化しています。コロナ禍の現在は、特に大きく変化しているといえるでしょう。コロナ禍で重視されているPRの方法はデジタルを活用した手法です。デジタルを活用した手法が重視されている理由として以下の点が挙げられます。

  • 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、インターネットを使って情報収集する企業が増えている
  • デジタルを活用した手法であればスモールスタートが可能
  • 相対的に従来メディアの影響力が低下している

PRの手法は、大きくオフラインとオンラインに分かれます。オフラインに分類されるのが、イベント・ポスター・チラシなどです。反対に自社Webサイト、SNS、プレスリリースサイト、オンライン展示会などはオンラインに分類されます。つまり自社Webサイトなどを活用した広報が重視されているのです。

ちなみに、ITあるいはインターネットを活用したマーケティング手法をデジタルマーケティングといいます。製造業の広報では、デジタルマーケティングが重要になっているといえるでしょう。

製造業が押さえておきたいデジタル領域の広報

押さえておきたいデジタルマーケティング

コロナ禍における製造業の広報では、デジタル領域の広報活動が重要になっています。具体的に取り組みたい手法として以下の3つが挙げられます。

  • オンライン展示会の開催
  • 自社WebサイトのSEO対策
  • Webメディアの新規立ち上げ

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

オンライン展示会(ウェビナー)の開催

オンライン展示会の開催も製造業が取り組みたい施策といえます。オンライン展示会(ウェビナー)に取り組みたい理由は、新型コロナウイルスの感染拡大でオフラインの展示会へ出展しづらくなっているからです。

オンライン展示会の主なメリットは、次の3点です。

  • オフライン展示会よりも手間と費用を押さえられる
  • 時間と場所の制限がないためこれまでとは異なる層にアプローチできる
  • 各種データを取得できる

非常に魅力的な取り組みですが、オンライン展示会に取り組む製造業は増えています。選ばれるオンライン展示会になるため、目的・ターゲット・コンテンツなどをしっかり設計してから開催することが重要です。

自社サイトのSEO対策を実施

自社WebサイトのSEO対策も取り組みたいデジタルマーケティングといえます。SEO対策とは、Webサイトを検索結果の上位に表示させる取り組みです。具体的な取り組みとして、ユーザーが求める情報をわかりやすく提示するコンテンツを作成するなどが挙げられます。

SEO対策に取り組みたい理由は、自社Webサイトが検索結果上位に表示されることで自然検索流入数を増やせるからです。広告費をかけずに見込み客を獲得できるなどのメリットがあります。ただし、結果が出るまで数カ月程度はかかります。中長期的に取り組みたい施策といえるでしょう。

Webメディアの立ち上げ

コーポレートサイト以外のWebメディアの立ち上げも検討したい施策といえます。具体的にはコーポレートサイトとは異なるテーマのWebサイト、SNS、ブログなどが該当します。製造業がWebメディアを立ち上げたい理由は、ユーザーが求める情報を発信することで自社のファンを獲得できるからです。

短期的な取引先の拡大、売上の拡大にはつながりづらいですが、中長期的な取引先の拡大、売上の拡大を見込めます。コーポレートサイト以外でWebメディアを活用している中小製造企業は少ないので、差別化戦略としても有効です。

例えば、オウンドメディアを立ち上げた場合には自社商材の解説だけでなく、自社商材と同カテゴリー商品を検討しているユーザーが検索しているであろう検索キーワードに沿ったコンテンツ展開をすることで、広告媒体に頼らない集客経路を作ることができます。

他にもポジショニングメディアを使うことで、自社ならではのこだわりポイントや競合にはない強みを打ち出すことができるため、自社と親和性の高いユーザーを効率的に集客をしたいのであれば活用することも検討してみてください。

ポジショニングメディアとは?

製造業のデジタル領域の広報活動を成功させるポイント

製造業のデジタルマーケティングを成功させるポイント

製造業がデジタル領域の広報活動を成功させるには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。広報・PR担当が理解しておくべき成功のポイントを解説いたします。

広報・PR担当と営業部門の連携

デジタル領域の広報活動を成功させるうえで、広報・PR担当と営業部門の連携は欠かせません。別々に活動していると、見込み客を効率よく育成できないケースが多いからです。

例えば見込み客をメール配信などで育成しようとしても、広報・PR担当だけだと効果的なシナリオを作成できないことが少なくありません。

シナリオ作成に営業部門が加わることで、顧客に響くシナリオを作成できるようになります。豊富な現場経験で、見込み客が求める情報を段階ごとに熟知しているからです。広報・PR担当と営業部門が連携することで、見込み客を効率よく育成して、受注確度の高い商談へつなげられるようになります。

デジタルを活用したリード獲得

デジタルを活用したリード獲得戦略も必要といえるでしょう。インターネットの普及と新型コロナウイルスの感染拡大により、Webサイトなどで情報を集める顧客が増えているからです。

デジタルを活用してリードを獲得する方法として、Webサイトの運営、コンテンツマーケティング、SNSの運営、オンライン展示会の開催などが挙げられます。いずれにせよ資料請求フォームを設置するなど、ゴールまでの導線を用意しておかなければなりません。

自社サイトだけではなく外部メディアも活用する

必要に応じて外部メディアを活用することも、デジタル領域の広報活動を成功させるポイントです。例えば製造業に特化したプレスリリース・ニュースリリースの配信サイトやマッチングサイトの利用、外部Webサイトとの連携などが考えられます。

外部メディアを活用することで、より多くのユーザーに自社の存在を知ってもらえます。また客観的な視点から自社製品を紹介してもらうことで信頼性も高まります。

なお、キャククルで作成した製造業のマーケティングに関する資料が、下記より無料でダウンロードできます。ぜひご覧ください。

製造業の広報はデジタルを活用した手法で

製造業の広報はデジタルを活用した手法で

組織などが社会から理解・共感を得るため、方針や活動を伝えることを広報といいます。インターネットが普及して、新型コロナウイルスの感染が拡大している現在では、デジタルを活用した広報が重要になると考えられます。具体的には自社・外部Webサイトの活用、新規メディアの制作などが考えられます。

デジタルを活用した広報をどのように行えばよいかわからないご担当者様は、デジタルマーケティングのスペシャリスト集団であるキャククル運営元の全研本社までご相談ください。効果的なマーケティング戦略で貴社の広報をサポートさせていただきます。

広報戦略のご相談はこちら

ページトップへ