純水製造装置の広告・マーケティング戦略とは

純水製造装置の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、世界的に需要が高まっている純水製造装置の市場について解説していきます。集客のための広告・マーケティング戦略も紹介していくので、盤石な体制を築きたい企業様はぜひチェックしてみてください。

純水製造装置市場の現状

イメージ画像

純水製造装置の市場は世界的に需要が高く、堅調に推移しています。特に、水不足は年々深刻化しているため、純水製造装置の需要は今後も高まり続ける見通しです。
医薬品や半導体の生産に欠かせない事業なので、コロナ禍でも需要が増しています。今後も世界的に重要性が増していく業界でしょう。

世界中で重要性が高まる中、いかにして盤石な体制を築くかが大切

純水製造装置の市場は、今後も拡大していく見通しです。しかし、世界中で重要性が高まっているからこそ、競合が増える可能性があります。

競合に負けないためにも、今後に向けて盤石な体制を築くこと大切です。早い段階でマーケティング施策を講じる必要性があるでしょう。

純水製造装置の広告・マーケティングに役立つ方法

イメージ画像

純水製造装置の市場が盛り上がりを見せている今だからこそ、広告・マーケティング施策を直ぐにでも実施すべきでしょう。ここからは、広告・マーケティング戦略に役立つ方法を紹介していきます。

1. STP分析

STP分析は、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの3つのサイクルで狙うべき市場を明らかにするフレームワークです。

1.セグメンテーション(Segmentation)

セグメンテーションでは、純水製造装置の市場を細分化します。クライアントを国・地域・業界といった様々な条件で分類し、市場がどう構成されているのかを明確にします。純水製造装置は国内だけでなく、アジア各国の工場密集地域や発展途上国での需要も高いため、市場の細分化は非常に大切です。

2. ターゲティング(Targeting)

市場の動向が分かったら、ターゲティングで自社が狙うべき層を明確にします。国内・海外・医薬品・エレクトロニクス分野など、市場には色々なターゲットがいるため、どこを狙えば勝てそうか方針を定めていきましょう。

3.ポジショニング(Positioning)

ターゲットを選定したら、今度は市場での自社の立ち位置を盤石なものにしていきます。競合と自社の違いを明確にして、リピーターを掴みましょう。

2.バリュープロポジション

バリュープロポジション
バリュープロポジションは、自社独自の強みを明確にするための考え方です。純水製造装置とひとくちにいっても、クライアントが求めるニーズは様々です。求めているニーズに合致する内容をPRできなければ、決裁権を持つ人の心を動かすのは難しいでしょう。
バリュープロポジションで、自社がPRすべきポイントを洗い出して、売るための施策を実施していくことが大切です。

純水製造装置の広告・マーケティング方法

イメージ画像

ここからは、純水製造装置の広告・マーケティング方法を紹介していきます。マーケティング施策を実施して、販売台数や売上の増加を目指しましょう。

1. 国内・海外向けのホームページを製作する

純水製造装置は国内外で注目が集まっているため、新規顧客を開拓するためにもホームページは製作すべきでしょう。国外にも事業を展開するなら、国外向けのホームページも製作しておきたいところです。

国によってホームページのレイアウトや文言、問い合わせフォームまでの動線が異なるので、現地のホームページを熟知した企業に製作を依頼するのがおすすめです。

2. ポジショニングメディアを製作する

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

国内で純水製造装置を販売するなら、ポジショニングメディアを導入するというのも一つの手です。ポジショニングメディアは、上記で解説したバリュープロポジションの考え方で作られたサイトです。サイト内で自社独自の魅力をPRすることで、高い集客効果を発揮します。

ポジショニングメディアについてご興味のある方は、下記のリンクに詳細をまとめておりますのでぜひ一度ご確認ください。
ポジショニングメディア
について詳しく

純水製造装置のマーケティングでお困りの企業様はぜひご相談ください

イメージ画像

キャククルの運営元である全研本社では、ポジショニングメディアの製作を支援しております。実際に導入した企業様からは、下記のような効果を実感するお声をいただいております。

  • クライアントに響く強みをPRできるようになり、商談率が8割を超えた
  • 顧客が製品に深く理解を示してくれ、受注単価が2.5倍に増えた
  • 自社と競合の違いを理解したうえで問い合わせが来るため、リード期間が3分の1に減った

純水製造装置の市場は注目度が高いため、マーケティング施策を打つなら今がチャンスです。全研本社では、企業様に合わせたマーケティング施策をご提案させていただいています。
自社のマーケティングにお悩みの際には、ぜひ全研本社までご相談ください。
Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ