ロボット業界の課題と効果的なマーケティング施策とは?

ロボット業界の課題と効果的なマーケティング施策とは?
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

さまざまな分野で導入が進み、今後も成長の期待されるロボット業界。まだまだ認知や技術が一般化していないため、販売拡大や顧客開拓にはマーケティング施策が重要です。この記事では、ロボット業界の課題と効果的なマーケティング施策についてご紹介します。

ロボット業界の環境と動向

ロボット業界の環境と動向のイメージ画像

工場での組み立て・熔接、飲食業での運搬などさまざまな分野で、利活用が進んでいるロボット。経済産業省が連携して発表した、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」によると、2035年の市場規模は9.7兆円まで拡大すると見られています。

同資料では、2015年時点での市場規模は1.6兆円となっており、今後大幅に拡大する見込みであることが分かります。拡大の背景には、

  • 人口減少による労働者不足
  • 技術者の高齢化による伝承問題
  • 競争激化による生産性向上の機運の高まり

などがあります。また、技術の進展によりロボットと人が同じ現場での作業が可能になるなど、ロボットの活用シーンが広がっていることも要因となっています。

これまでは工場などで導入される産業用ロボットが中心でしたが、最近では飲食店での給仕などさまざまな分野で利活用が進んでいるなどことも要因の一つとしてあげられます。

※引用元:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」 (https://www.nedo.go.jp/content/100080673.pdf)

ロボット業界によくある課題と解決策

今後も大きく拡大することも予測されるロボット市場ですが、一方で以下のような課題も抱えています。

ロボット業界の課題を紹介した図

それぞれの課題について、詳しく見ていきましょう

課題①:ロボットを専門的に扱える人材の不足

1つ目の課題は、ロボットを専門的に扱える人材が不足していることです。ロボットを活用した自動化システムの販売、メンテナンスにはロボットに関する知見や技術を持った人材が不可欠ですが、まだまだ充足しているとはいえない状況です。

特に急激に生産拠点の新設が進む新興国においては、この傾向が顕著です。ロボットを専門的に扱える人材の不足は、ロボット普及を妨げビジネスに影響する可能性もあるため、対策は急務といえます。

対策:誰でも扱いやすいインターフェースやシンプルな操作方法の開発

この課題の解決には、専門的な知識がなくても扱えるようなロボットの開発が必要となるでしょう。例えばロボットに関する知識のない人材でも簡単に使えるインターフェースの開発や、現場で働く人材でも、簡単にプログラムできるような仕組みの構築などが考えられるでしょう。

今後も急拡大する市場の中で技術者の不足は簡単に解決するとは考えられませんし、世界的な普及には汎用的なインターフェースの開発は、いずれにしても必要になるでしょう。

課題②:貿易摩擦による生産量低下のリスク

2つ目の課題は貿易摩擦による生産量低下のリスクです。日本のロボット市場は年々成長してきており、2017年には輸出額を大きく伸ばしましたが、2019年に大きく減少に転じました。

背景にはアメリカの対中貿易赤字解消などを目的とした関税引き上げと、これに対する中国の関税引き上げいった米中貿易摩擦問題が関係していると見られています。

今後も世界的な成長が期待されるロボット業では、企業間だけでなく国の産業政策による貿易摩擦へ発展する可能性もあります。各企業の生産拠点が新興国を中心として新設され、ロボット市場の主戦場が海外へと移っていく中で、貿易摩擦によって生産量が低下する可能性は低くないと言えます。

対策:国内需要の発掘

貿易摩擦などによる海外輸出減少、生産量低下のリスクを回避するには、国内需要の発掘が必要となるでしょう。とはいえこれまでのロボット業界のニーズの中心であった産業用ロボット需要は、生産拠点のグローバル化により、需要は海外へと移っています。

このような中で国内需要の掘り起こしには、国内企業のニーズにあった仕様形態への追従や、サービス産業へのロボットの利活用などの高度なソリューションを提供していく必要があるでしょう。あわせて、これらの提案ができるSIerや技術者の育成が重要となるでしょう。

ロボット業界でマーケティングが必要な理由

ロボット業界におけるマーケティング活動のイメージ画像

今後のロボット業界は、さまざまな業界での利活用の拡大など需要拡大傾向にある一方で、ロボットに関する認知や知識はまだまだ十分とは言えず、利活用や運用面も含めた提案が重要なカギを握ります。

これを解決する手法として、マーケティング施策は非常に重要なものと言えます。ここではロボット業界でマーケティングが必要な理由をご紹介します。

自社製品を確立させるため

1つ目の理由は、数多くあるロボット製品の中で自社製品が対応するニーズや効果的な販売方法を見極め、自社製品の市場での立ち位置を確立させるためです。

ロボット業界は、さまざまな業態で導入が進み市場が拡大する一方で、数多くの企業が参入しさまざまなロボットが開発されており、新たな技術や性能を組み込み販売すれば売れるというわけではなくなりました

このような環境で自社の製品を選んでもらうためには、自社製に合致するニーズがどこにあるのかなど、市場をよく分析したうえで、

  • 何を強みとしていくのか
  • どのような販売方法を取るのか

などを決めていくことが重要です。マーケティングは、まさにこの市場分析と自社製品のポジショニングを明確にし、適切なユーザーに訴求する手法です。市場での自社製品の立ち位置を確立させられれば、大きく業績を伸ばすことも可能でしょう。

ロボットが生活や各現場を助けると認知してもらうため

2つ目の理由は、ロボットが生活や各現場を助けると認知してもらうためです。ロボット業界が拡大しているとはいえ、ロボットがどのように自社に貢献するのかまで理解できている人はそれほど多くありません。

マーケティング施策によって、まずはロボットがどのように自社の生産性改善や省力化、品質向上に貢献するものなのかを訴求し、ロボットの有用性について認知してもらうことが重要です。

ロボット業界におすすめのマーケティング施策

ロボットの利活用の認知度を高め、自社製品の魅力を訴求することで、利益の拡大や新規顧客の獲得、会社のブランディングなどさまざまな効果を得ることが可能です。ここではロボット業界が取り組むべきマーケティング施策についてご紹介します。

展示会へ出展し注目を集める

展示会のイメージ画像

1つ目の施策は、展示会で自社製品を展示することで、商品の認知度を高める手法です。ロボット業界に対する注目度は高い状況にあるため、展示会にはさまざまな業種業態の企業が訪れます。

近年ではコロナ禍の影響もあり、オフラインだけでなくオンラインでの開催も増加しており、場所に縛られないためさらにその規模は拡大傾向にあります。

実機を稼働させることで、実際の利活用イメージが認知されやすく、一気に見込み顧客を増加させるのに最適な手法と言えます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングのイメージ画像
コンテンツマーケティングとは、広告ではない価値ある情報コンテンツを展開することで、見込み顧客を集めたり、自社のブランディングに活用したりするマーケティング手法です。

例えばロボット製品毎にその機能や導入事例などを紹介し、同じようなニーズを持つ顧客を集客する手法などがこれにあたります。

また、見込み顧客だけでなく既存顧客に対して自社製品の使用方法やメンテナンス情報などをコンテンツとすることで、ブランディングに活用する方法もあります。

ロボットのように業務に深く関連する製品では、機器の性能以外にも企業としての信頼性なども購買に向けた重要な要素です。認知やブランディングを目的としたコンテンツマーケティングは、非常に有効なマーケティング施策と言えるでしょう。

ポジショニングメディア

これまでさまざまなマーケティングをしたものの思うような成果が出ないとお悩みであれば、ポジショニングメディアの活用が有効です。

ポジショニングメディアLPスクリーンショット

ポジショニングメディアとは、自社や自社製品の強みや得意分野に特化したWebメディアを立ち上げ、集客や販売に活用するマーケティング手法です。

自社や自社製品の強みを、市場分析などを通じて明確化したうえで特化して打ち出すため、

自社に魅力を感じている優良な見込み顧客を集められる

のが大きな特徴です。また、訪れる側にとっても、ロボットに関する知識が浅い状態でもニーズに合った製品やメーカーが見つかるような構成になっており、メリットが大きいため集客効果はより高まります。

ポジショニングメディアで集客した顧客は、すでに自社製品とニーズが合致していることが多く、商談にスムーズに進みやすく成約率の高い受注につながりやくなります。

ポジショニングメディアと従来のWeb広告との違い
ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

キャククル運営元の全研本社では、これまで120以上の業種で8,000サイト以上の導入実績があり、BtoB業界でもポジショニングメディアの導入でWeb集客支援をして参りました。

自社の強みを見出す調査やマーケティング分析から構築まで幅広く対応しておりますので、ポジショニングメディアの構築にご興味がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

ポジショニングメディアの
導入事例を見る

ロボット業界の認知向上と販売拡大にはマーケティング施策導入がカギ

ロボット業界でマーケティングを活用した販売拡大のイメージ画像

世界的な生産性向上気運の高まり、品質向上などを受け、ロボット業界は今後も引き続き、堅調な成長が続くと見られています。

一方で、まだまだロボットの導入や、利活用は認知度や知識度が低い状態にあるなど販売拡大にむけて課題もあり、この解決においてマーケティング施策の導入は重要な要素となります。他社に先駆けてマーケティング施策が導入できれば、製品の認知度や自社のブランディングにつながり、業績拡大につながるでしょう。

キャククル運営元の全研本社では、難易度の高いBtoB企業も含め多種多様な業種・業態のマーケティング施策を支援してまいりました。もちろんマーケティング施策だけでなく、市場分析や強みの発掘からメディア構築まで広く支援致します。

「顧客開拓の成果がなかなか出ない…」などでお悩みであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客の相談をする

ページトップへ