製造業のSEO対策でWebマーケティングを成功させる考え方

製造業のSEO対策でWebマーケティングを成功させる考え方
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

製造業の企業は、日本全国に数多く存在します。自社サイトのSEO対策を行わなければ、せっかく開設したホームページも、誰の目にも留まらず集客ができない結果にもなり兼ねません

展示会の中止や延期に伴い営業機会が減少する中、多くの製造業がオンライン展示会や自社サイト改善等、Webマーケティングに注力しています。

この記事では、製造業における自社サイトの集客に必要なSEO対策のメリットや、具体的な取り組み方などについて解説します。

SEO対策とは

SEO対策とは

SEO対策とは、「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼ―ション)」の略で、グーグルやヤフー等の検索エンジンの検索画面上で自社サイトが上位に表示させるための対策を意味します。上位表示させることで自社サイトへの訪問者を増やし、多くのユーザーに役立つWebサイトとして認知させることができます。

SEO対策とWeb広告の違い

同じWeb集客目的でも、SEO対策とWeb広告では微妙な違いがあります。

  • Web広告…Web広告は、広告費を支払うことで集客を増やします。当然、広告費を支払えなければ集客もストップします。
  • SEO対策…上位表示に成功した場合は、広告出稿しなくても集客が期待できます。外注であってもWeb広告よりも高い費用対効果が見込めます。

Web広告の場合、ユーザーも「広告」と認識するため、クリック率は低い傾向にありますが、SEO対策を行い上位表示されれば、Web広告よりもクリックされる傾向があります。

SEO対策を取り入れるメリット

ここまでSEO対策の特徴やWeb広告との違いについて解説してきましたが、そもそもSEO対策にはどんなメリットがあるのでしょうか?

  • ユーザーの集客が見込める
  • 自社商材検討における補足情報の提供
  • 費用対効果が高い
  • ブランディング効果
  • 長い目で見て流入が見込める

ユーザーの集客が見込める

インターネットが主流になっている昨今、何かを調べるうえで検索は欠かせません。そうなると、当然多くの検索があったWebサイトは集客に繋がります

また、自社商材と親和性の高い検索キーワードで上位表示ができている場合には受注につながる反響を獲得することができます。

自社商材検討における補足情報の提供

皆さんも経験はあるかと思いますが、高額商品を購入する前に本当にその商品を購入していいのだろうかと商品に関して検索をしませんか?

製造業においても同じで購入前には改めてその商材について情報収集をするので、商材名で検索をされた際にしっかり上位表示ができているようにすると、商材検討における後押しをすることができます。

費用対効果が高い

これはWeb広告と比較した場合です。リスティング広告はクリック数に応じた支払いが必要になりますが、SEO対策はどれだけクリックされても費用が発生する心配はありません

ただし、上位表示をしなければ費用対効果という面で見るとWeb広告に劣る可能性があります。SEO対策で成功させるためには、ユーザーが求めるコンテンツをWebサイトに実装しておく必要があるでしょう。

ブランディング効果

その市場において、検索結果で上位表示できているWebサイトは、多くのユーザーは好印象を持っています。要するにその商材カテゴリーで検索をして上位表示されているということは、一種のブランドとして認知・信頼感を獲得していると考えてもよいでしょう。

長い目で見て流入が見込める

SEO対策は、リスティング広告に比べてしまうと効果が出るまでに時間がかかります。しかし、ユーザーニーズや情勢を踏まえて上位表示されてしまえば、Webサイトへの致命的な欠陥や情勢が大きく変わらない限りは安定した流入が見込めます。

但し、競合サイトも上位表示を狙うべくSEO対策を施しているので、定期的な改修を欠かさないようにしましょう

製造業においてSEO対策がますます重要になる理由

これまで製造業においての商談機会は、主に「展示会」が中心でした。しかし、新型コロナウイルスの影響によって、展示会の延期や中止などで新規の見込み顧客へのアプローチする機会が大幅に減少。

その状況を打開すべく、多くの製造業がオンライン展示会への出展自社サイトの見直し等、Webマーケティングに移行しています。

特に自社サイトはWeb上における「営業」の役割を果たします。自社製品に興味をもったユーザーが、製品の詳しい特徴や、製造する企業の概要(事業内容・代表者・資本金・企業規模等)を調べるためにサイトを訪問します。

これまで会社の所在地や連絡先を案内する「名刺代わり」のように捉えていた製造業も、より分かりやすい製品の紹介ページを設けたり、サイトそのものより上位表示させるSEO対策に取り組む等、自社サイトの見直しと改善に本腰を入れはじめています。

検索結果の上位に表示させることは、より多くの営業機会の創出にも繋がるため、SEO対策は、製造業にとって今後ますます重要な取り組みになります。

製造業が知っておきたいSEO対策の取り入れ方

製造業が知っておきたいSEO対策の取り入れ方

SEO対策は、ユーザーが求めているコンテンツを作ることが重要になります。そのためには、SEO対策を進めるための知識が求められます。

1.キーワードを選定する

最も重要になるキーワード選定。いかにアクセスが稼げるか、問い合わせに繋がるかなどがポイントになります。また、より集客を増やすためには、自社の市場についても十分理解しておく必要があります。

SEO対策を施すキーワード市場決めは、市場の大きさで判断するのではなく、どれだけ自社サイトにとっての競合サイトがいるかを見ておく必要があります。

初心者がやりがちなキーワード選定は市場の大きさで選んだり、商品検討キーワードをとりあえず狙うというケースです。

商品検討キーワードはもちろん反響につながりやすいのですが、その分競合サイトも狙っていることを踏まえてください。

2.コンテンツを考える

選定したキーワードを検索エンジンで上位表示させるためのコンテンツを考えます。どんなコンテンツがより集客を増やせるかが重要になるでしょう。

上位表示しているWebサイトのコンテンツを調べ、どんなネタが必要なのかをピックアップすることで大まかなコンテンツ方針が作れます。

Webサイトのパワーだけで上がっているコンテンツ、コンテンツ力で上位表示できているコンテンツなどもあるため、見極められる目が必要です。

3.コンテンツを作成する

集めたコンテンツ情報をもとにライティングをしていきます。ただ文章を書くのではなく、上位表示させたいキーワードやその市場ならではの言い回し方を意識しながらライティングをしてください。

他にも、記事の構成や見出し構造に矛盾がないか、ソースコード上でのミスがないか確認しながら進めていきましょう。

4.一定期間運用して結果を検証する

作成したWebサイトは、一定期間運営しどれくらいの集客効果があるか検証します。より良いコンテンツにするためにも随時改善を行います。改善をするには、他の上位表示しているWebサイトと自社サイトのコンテンツの差異を確認します。

コンテンツに差異がない場合はWebサイトのドメインパワーやサイトの表示スピード、そもそもスマートフォン上での表示にしっかり対応できているのか。ほかの観点でもチェックしていきましょう。

SEO対策においてはコンテンツ以外にも、ユーザーにとって使いやすいWebサイトであるかが重要です。

製造業のSEO対策ポイント

製造業のSEO対策ポイント

自社の強みやこだわりを整理しておく

自社の強みやこだわりを整理しておくことは、とても重要です。そのためには自社の市場もきちんと把握しておく必要があり、他社と差別化を行っていきましょう。

たとえば、「特許技術」「生産ノウハウ」「製品品質」「お客さまサポートサービス」などが挙げられます。製造業の場合、使用している部品がどのような製品に組み込まれるかなども列挙しておきましょう。

ターゲットとなる顧客層を明確化する

ターゲットは、曖昧よりも明確にしておくほうが集客に繋がります。また、明確化することでコンテンツやデザイン、Webサイトを作りなおすならサイト構成などをきちんと定めることができ、一貫性をもたらすことができるでしょう。

たとえば、個人向けなのか企業向けなのかでも随分変わってきます。ターゲットに特化したWebサイトにすることで、コンバージョン率を上げることができるようになります。

より鮮明な顧客層を作るのであれば、顧客自身に聞いてしまうのも手です。なぜ自社商材を選んでもらえたのかヒアリングをすることで、強みの整理はもちろんどんなターゲットなら受注しやすそうかが分かります。

Webサイトに掲載できるデータを豊富に用意する

製造業の場合、使用している材料をどの程度まで加工できるのかをデータ化することが重要になります。自社の強みとなるデータはWebサイトに掲載することでユーザーに少しでも自社の良さを知ってもらえます。

また、独自のデータや画像があればSEO対策において必要なオリジナルコンテンツにもなります。日頃からSEO対策のネタとなる情報を集めていきましょう。

アクセス数の増加を目指す

アクセスの増加は、特にSEO対策の初動において後押しとなってくれます。アクセスがないとSEO対策状況を評価してくれるGoogleのクローラーがあまり巡回をしにきてくれません。

逆にアクセスが多いWebサイトだとクローラーの巡回回数が増え、検索結果上に素早くコンテンツが表示されます。

完璧なコンテンツを用意できているから早めに評価を上げたいという考えがあれば、リスティング広告も含め、Webメディアやポータルサイトへの広告出稿も検討してみましょう。

製造業におけるSEO対策の成功事例

ここでは、製造業において自社商材を求めるユーザーへ端的に伝え、且つSEO対策にも成功した事例を紹介します。

現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう

SCADA MAGAZINEのイメージ画像事例:現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう

「現場も発注者もよろこぶ設計に。有孔鋼板を知ろう」は、工場や倉庫の床、天井の目隠し材に使われる「有孔鋼板」をBtoB用に紹介。「有孔鋼板」のキーワードでSEO対策を行い、現在1位を獲得しているメディアです。(2022年1月現在)全14種類ある有孔鋼板を「歩きやすく安全性の高い床」「通気性・採光性のある床」「デザイン性のある外壁」など、発注者の用途に合わせて紹介。有孔鋼板を探しているユーザーがどの製品を購入すべきか、一目瞭然で分かりやすいサイト内容とコンテンツで構成されています。
弊社メディア制作サービスはこちら

製造業におけるSEO対策まとめ

製造業においてSEO対策はますます重要になってきます。コロナ禍においては展示会の集客力が落ちてきており、軒並みオフラインマーケティングの集客力に陰りが見えてきています。

その状況を見て各社がポータルサイトのPR掲載やSEO対策に力を入れ始めており、今の製造業には大きな集客力、媒体に依存しない独り立ちできるWebマーケティング施策の実行が求められています。

SEO対策が上手く行かずお困りのWebご担当の方へ

SEO対策が上手く行かないWebご担当者の方へ

SEO対策は、Web担当者にとって最も重要な施策の一つです。どのように実施すれば良いのか、ネット上にはあらゆる情報で溢れています。

しかし、内製で時間と労力をかけてコンテンツを制作しているものの、「順位が上がらない」「流入が増えない」と困っている担当者も少なくありません。

せっかく時間をかけて一生懸命作ったコンテンツですから、相応の結果が欲しいと思うのも当然です。しかし、時間をかけたからと言って必ず上位表示されるとは限りません。

  • 自社サイトの順位や流入を増やしたい
  • 自社に合う見込み顧客が獲得出来るコンテンツマーケティングを運用・外注したい
  • SEOノウハウを学び、将来はコンテンツマーケティング内製化を目指したい

といった要望がございましたら、全研本社にお問い合わせください。120業種及び7,600件以上のWebコンサルティング実績と知見をベースに、ペルソナ設定から、検索キーワード選定、検索意図を組み込んだコンテンツ設計・制作等、SEO対策から貴社サイトへの流入を増やす戦略的なコンテンツをご提案します。詳しくは下記より資料がダウンロードできます。

ページトップへ