製造業のSEO対策でWebマーケティングを成功させる考え方

製造業のSEO対策でWebマーケティングを成功させる考え方
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策とは

SEO対策とは、検索結果画面上で自社サイトが表示される機会を増やす施策で、主に狙った特定のキーワードで検索をされた際にWebサイトを上位表示させる際にSEO対策が導入されます。

SEO対策の概要と特徴

そもそもSEOとは“Search Engine Optimization”の略で、Googleからの評価を高めるために対策することを意味します。

上位表示されるとアクセス数も多くなり多くのユーザーに役立つWEBサイトとして認められていることになります。要するにユーザーが求めているWEBサイトになっているというわけです。

単にアクセス数を稼ぐのであれば、費用をかけてリスティング広告出稿をすれば検索結果画面上に表示させることは可能です。

しかし、SEO対策は費用や対策工数をかけたからと言って確実に上位表示されるわけではありません。

また、Yahoo!はGoogleが扱うデータを活用しているため、SEO対策を行う際はGoogleの検索結果を注視しておくとよいでしょう。

SEO対策とWEB広告の違い

同じWEB集客目的でも、SEO対策とWEB広告では微妙な違いがあります。

まずWEB広告は、広告費を支払うことで集客を増やしていきます。当然、広告費を支払えなければ集客も止まってしまいます。

一方でSEO対策は対策を行うだけで集客が増えますから、SEO対策が成功した場合にはたとえ外注であってもWeb広告より費用対効果が合うということもあります。

Web広告の場合はユーザーもこれはWeb広告であると認識をしているためクリック率は低い傾向にはありますが、

SEO対策の結果、検索結果画面上で上位表示されればWeb広告よりもクリックされる傾向があります。

SEO対策を取り入れるメリット

ここまでSEO対策の特徴やWEB広告との違いについて解説してきましたが、そもそもSEO対策にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 ・ユーザーの集客が見込める
 ・自社商材検討における補足情報の提供
 ・費用対効果が高い
 ・ブランディング効果
 ・長い目で見て流入が見込める

ユーザーの集客が見込める

インターネットが主流になっている昨今、何かを調べるうえで検索は欠かせないシステムです。そうなると、当然多くの検索があったWebサイトは集客に繋がります。

また、自社商材と親和性の高い検索キーワードで上位表示ができている場合には受注につながる反響を獲得することができます。

自社商材検討における補足情報の提供

皆さんも経験はあるかと思いますが、高額商品を購入する前に本当にその商品を購入していいのだろうかと商品に関して検索をしませんか?

製造業においても同じで購入前には改めてその商材について情報収集をするので、商材名で検索をされた際にしっかり上位表示ができているようにすると、商材検討における後押しをすることができます。

費用対効果が高い

これはWeb広告と比較した場合です。リスティング広告はクリック数に応じた支払いが必要になりますが、SEO対策はどれだけクリックされても費用が発生する心配はありません。

ただし、上位表示をしなければ費用対効果という面で見るとWeb広告に劣る可能性があります。SEO対策で成功させるためには、ユーザーが求めるコンテンツをWebサイトに実装しておく必要があるでしょう。

ブランディング効果

その市場において、検索結果で上位表示できているWEBサイトは、多くのユーザーは好印象を持っています。

要するにその商材カテゴリーで検索をして上位表示されているということは、一種のブランドとして認知・信頼感を獲得していると考えてもよいでしょう。

長い目で見て流入が見込める

SEO対策は、リスティング広告に比べてしまうと効果が出るまでに時間がかかります。

しかし、ユーザーニーズや情勢を踏まえて上位表示されてしまえば、Webサイトへの致命的な欠陥や情勢が大きく変わらない限りは安定した流入が見込めます。

但し、競合サイトも上位表示を狙うべくSEO対策を施しているので、定期的なチューニングは欠かさないようにしましょう。

製造業が知っておきたいSEO対策の取り入れ方

SEO対策の取り入れ方
SEO対策は、ユーザーが求めているコンテンツを作ることが重要になります。
そのためには、SEO対策を進めるための知識が求められます。

1.キーワードを選定する

最も重要になるキーワード選定。いかにアクセスが稼げるか、問い合わせに繋がるかなどがポイントになります。
また、より集客を増やすためには、自社の市場についても十分理解しておく必要があります。

SEO対策を施すキーワード市場決めは、市場の大きさで判断するのではなく、どれだけ自社サイトにとっての競合サイトがいるかを見ておく必要があります。

初心者がやりがちなキーワード選定は市場の大きさで選んだり、商品検討キーワードをとりあえず狙うというケースです。

商品検討キーワードはもちろん反響につながりやすいのですが、その分競合サイトも狙っていることを踏まえてください。

2.コンテンツを考える

選定したキーワードを検索エンジンで上位表示させるためのコンテンツを考えます。どんなコンテンツがより集客を増やせるかが重要になるでしょう。

上位表示しているWebサイトのコンテンツを調べ、どんなネタが必要なのかをピックアップすることで大まかなコンテンツ方針が作れます。

Webサイトのパワーだけで上がっているコンテンツ、コンテンツ力で上位表示できているコンテンツなどもあるため、見極められる目が必要です。

3.コンテンツを作成する

集めたコンテンツ情報をもとにライティングをしていきます。

ただ文章を書くのではなく、上位表示させたいキーワードやその市場ならではの言い回し方を意識しながらライティングをしてください。

他にも、記事の構成や見出し構造に矛盾がないか、ソースコード上でのミスがないか確認しながら進めていきましょう。

4.一定期間運用して結果を検証する

作成したWEBサイトは、一定期間運営しどれくらいの集客効果があるか検証します。より良いコンテンツにするためにも随時改善を行います。

改善をするには、他の上位表示しているWebサイトと自社サイトのコンテンツの差異を確認します。

コンテンツに差異がない場合はWebサイトのドメインパワーやサイトの表示スピード、そもそもスマートフォン上での表示にしっかり対応できているのか。ほかの観点でもチェックしていきましょう。

SEO対策においてはコンテンツ以外にも、ユーザーにとって使いやすいWebサイトであるかが重要です。

製造業のSEO対策ポイント

製造業のSEO対策ポイント

自社の強みやこだわりを整理しておく

自社の強みやこだわりを整理しておくことは、とても重要です。そのためには自社の市場もきちんと把握しておく必要があり、他社と差別化を行っていきましょう。

たとえば、「特許技術」「生産ノウハウ」「製品品質」「お客さまサポートサービス」などが挙げられます。製造業の場合、使用している部品がどのような製品に組み込まれるかなども列挙しておきましょう。

ターゲットとなる顧客層を明確化する

ターゲットは、曖昧よりも明確にしておくほうが集客に繋がります。

また、明確化することでコンテンツやデザイン、Webサイトを作りなおすならサイト構成などをきちんと定めることができ、一貫性をもたらすことができるでしょう。

たとえば、個人向けなのか企業向けなのかでも随分変わってきます。ターゲットに特化したWEBサイトにすることで、コンバージョン率を上げることができるようになります。

より鮮明な顧客層を作るのであれば、顧客自身に聞いてしまうのも手です。なぜ自社商材を選んでもらえたのかヒアリングをすることで、強みの整理はもちろんどんなターゲットなら受注しやすそうかが分かります。

Webサイトに掲載できるデータを豊富に用意する

製造業の場合、使用している材料をどの程度まで加工できるのかをデータ化することが重要になります。

自社の強みとなるデータはWebサイトに掲載することでユーザーに少しでも自社の良さを知ってもらえます。

また、珍しいデータや写真があればSEO対策において必要な独自コンテンツにもなります。日頃からSEO対策のネタとなる情報を集めていきましょう。

アクセス数の増加を目指す

アクセスの増加は、特にSEO対策の初動において後押しとなってくれます。

アクセスがないとSEO対策状況を評価してくれるGoogleのクローラーがあまり巡回をしにきてくれません。

逆にアクセスが多いWebサイトだとクローラーの巡回回数が増え、検索結果上に素早くコンテンツが表示されます。

完璧なコンテンツを用意できているから早めに評価を上げたいという考えがあれば、リスティング広告も含め、Webメディアやポータルサイトへの出稿も検討してみましょう。

良質なユーザーを増やす

一気にアクセス数を増やすうえでは、Web広告の活用が欠かせません。

しかし、アクセスが一気に増えてもすぐに離脱するユーザーが増えてしまえば、Googleから見れば役立つコンテンツではなかったと判断しSEO対策への貢献具合が低くなってしまいます。

良質なユーザーを増やすには自社に興味のあるユーザーを集客する必要があります。

その手段として、ポジショニングメディアを用いることで自社に興味のある親和性高いユーザーを集客し、良質な反響を獲得する手もあります。

反響獲得までWebサイト上で実現できればユーザーのサイト内行動から見られる評価判断は、Webサイトに訪れてユーザーの答えが見つかったという良い判断にもつながります。

ポジショニングメディアについて興味がある方はこちらもご覧ください。

ポジショニングメディアとは?

製造業はSEO対策が集客を増やすうえで大きなポイントになる

製造業はSEO対策が集客を増やすうえで大きなポイントになる

製造業においてSEO対策はますます重要になってきます。

コロナ禍においては展示会の集客力が落ちてきており、軒並みオフラインマーケティングの集客力に陰りが見えてきています。

その状況を見て各社がポータルサイトのPR掲載やSEO対策に力を入れ始めており、今の製造業には大きな集客力、媒体に依存しない独り立ちできるWebマーケティング施策の実行が求められています。

キャククル運営元の全研本社では製造業をはじめ、120業種以上のWebマーケティング支援を行ってまいりました。

特に反響の数ではなく、受注につながりやすい反響、高単価の反響をピンポイントで取りたいとお悩みでしたら、お役立ちできます。

SEO対策のお悩みも含め、お気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら製造業のWeb集客・マーケティング
成功の秘訣

ページトップへ