測量機器事業の広告・マーケティング戦略8選

測量機器事業の広告・マーケティング戦略8選
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、測定機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

コロナ禍の今測量機器事業に求められるマーケティング戦略

パソコンやタブレットで検索
コロナ禍においては、従来のような対面での営業活動を行うのが困難です。測量機器事業においても、世界的にオンライン商談やオンライン展示会などを活用する動きが見られます。

こうした動きは、コロナ禍以降も続くだろうという予測もあります。今後、インターネットを活用し、時間や場所にとらわれない顧客との接点の持ち方を模索することが求められていくでしょう。

測量機器事業で有効な広告・デジタルマーケティング戦略8選

タブレットで検索
Webマーケティングとは、オンライン上で行う広告戦略全般を指す言葉です。Webマーケティングを行う際は、それぞれの手法の特徴を理解した上で、ターゲットに合ったアプローチを行います。測量機器事業の場合は、BtoCではなくBtoBですから、その点も意識した戦略を取りましょう。

測量機器事業に活かしやすい広告・デジタルマーケティング戦略についてまとめました。

公式サイトの改善・コンテンツの充実

まずは、自社の持つ公式サイトの改善とコンテンツの充実を行いましょう。公式サイトの充実は、Webマーケティングの成功に必須です。

特にBtoBコンテンツの場合、何かのきっかけで自社製品を知ってくれた相手は、より詳しい情報を知ろうとして公式サイトを訪れる可能性が高いでしょう。そこに古い情報しか掲載されていない場合、ネガティブな印象を抱かれかねません。

反対に、コンテンツを充実させて顧客のニーズに応えることができれば、「問い合わせをしてみようかな」と思わせることができるでしょう。

ポジショニングメディアで効率的な集客をねらう

Webマーケティングを成功させたいと考えるならば意識しておきたいのが、「自社の立ち位置」です。

自社ではうまく理解をしている、表現ができているつもりでも、ユーザー目線で見ると他社との違いが分かりづらいという状況が機器業界では起きている状況です。

そのため、薄いリードが多く発生し商談の質はバラツキが出る、ユーザーとしてもどこがいいのかわからないので薄く広くいろんな企業から情報を収集せざるを得ません。

そこで、このお互いのニーズを満たすための橋渡しとなるマーケティング施策がポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアとは特定市場に特化をしたWebメディアで、ユーザーがどの測量機器を選ぶべきか、測量機器を活用することでどんな悩みを解決できるのかが分かります。

掲載している企業側も自社商材とマッチしたユーザーのみの反響を獲得できるため、成約率の高い商談を作り出すことが出来ます。

狙った市場において自社がどんな特徴や強みを持っているかを浸透させ、営業活動を円滑にしたいのであればマッチする施策です。

ポジショニングメディア
について詳しく

LPの制作・改善

LP(ランディングページ)は、ターゲットに「商品購入」や「問い合わせ」といったアクションをさせるために作られるページです。単価が高く、じっくり商談や検討を行うBtoBコンテンツでは、主に問い合わせや資料請求を目的に作成されます。

LPは、広告をクリックしたユーザー向けに表示させるものです。ある程度興味のあるユーザーのみが閲覧するため、ブラッシュアップによる改善効果も大きくなります。わかりやすさと納得度、信頼性を大切に制作しましょう。

SNS広告で認知度を向上させる

SNS広告やSNSマーケティングは、個人向けに活用されることも多い施策ですが、BtoBでも有効です。発信内容やリンク先ページにこだわることで、ブランディングや認知度向上に役立てられます。

ディスプレイ広告・バナー広告を必要に応じて選択

ディスプレイ広告やバナー広告は、WEBページやスマホアプリに動画や画像で表示される広告です。視覚的なアプローチができるため、印象に残りやすいというメリットがあります。そのため、認知度の向上などに使われることも多くあります。

ただし、測量機器事業の場合、幅広いターゲットに広告を表示させる必要はありません。ターゲットとなるユーザーが多く訪れていると想定されるサイトに出稿しましょう。

リスティング広告は顕在層へのアプローチが可能

リスティング広告では、検索KWに応じたWeb広告を表示させることができます。

たとえば「測量機器」とGoogleで検索をすると、上部に「広告」と書かれたサイトがいくつか表示されます。この部分に、自社の広告テキストやHPへのリンクを表示させるのが「リスティング広告」です。

自社に関連するKWで検索をした相手に対してダイレクトにアプローチできるため、高い効果が期待できます。

動画広告は購買担当者の印象に残りやすい

動画広告は、BtoBでも注目されている広告手法です。動画は目を引くコンテンツですから、購買担当者の印象に残りやすいというメリットがあります。

一般的な動画広告だけでなく、HPのコンテンツのひとつとして、自社の製品紹介動画やセミナー動画、お客様の声動画などを用意する方法も効果的です。

オウンドメディアによって見込み客を育てる

中・長期的な戦略としておすすめなのが、オウンドメディアです。

オウンドメディアとは、HPやメールマガジンのような自社で持つWebメディア全般を指します。オウンドメディアを作成し、継続して自社の魅力がわかるコンテンツや、ユーザーの興味を惹くコンテンツを発信していくことで、顧客の信頼を勝ち取りやすくなるでしょう。

オウンドメディアをイチから立ち上げるにはある程度の時間とコストがかかりますが、測量機器のようなBtoBは1件成約した時の単価が高いため、コストの回収も見込みやすくなります。

全研本社の
オウンドメディア制作について

まとめ:搬送機器事業のマーケティング戦略はWebを中心に考える

マーケティング戦略
コロナ禍によって、従来のマーケティング手法だけでは十分な営業を行えないケースが増加しています。BtoBの測量機器事業においても、今後、Web上での商談やマーケティングが主流になっていくでしょう。他社との差別化をする上でも、Webコンテンツを活用して自社のブランディングを行うことが大切です。

キャククルでは、測量機器事業のオウンドメディア立ち上げや、ポジショニングを意識したメディア戦略の支援を行っています。
これからWebマーケティングをスタートさせたい方や、どのような効果があるのかもっと詳しく知りたいという方は、お気軽にご連絡ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ