洗浄装置の集客に役立つ広告・マーケティング戦略とは

洗浄装置の集客に役立つ広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では洗浄装置の集客戦略の考え方と広告・マーケティング方法とについて解説しています。洗浄装置で新たなクライアントを獲得し、売上向上を図りたい方は参考にしてみてください。

また具体的なマーケティング施策の一つとして、自社製品に特化した集客専用メディア「ポジショニングメディアも合わせて紹介しています。ポジショニングメディアを導入した企業では、「商談率の8割超え」や「受注単価の2.5倍アップ」という成果が上がっています。従来のマーケティング施策で効果が得られなかった方はぜひこちらもご覧ください。

年々成長を続ける半導体産業の成長に伴い、半導体を製造する工程で欠かせない洗浄装置においても需要拡大が続いております。洗浄装置を製造するメーカーにとって有利な市場動向となっています。

なお、成長し続ける市場は競争も厳しくなっていくでしょう。数あるメーカーや競合の中から自社うを選んでもらえるには、顧客のニーズを自社の強みをもとにしたマーケティング戦略が必要です。戦略をしっかり練り、競合の動きに大きく左右されないような体制を作っていきましょう。

洗浄装置の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

インターネット上には、洗浄装置の企業や製品・サービスに関するさまざまな情報が飛び交っています。競合との競争に巻き込まれずにマーケティングで成功するには、「ユーザーから選ばれる」ための仕組みづくりが重要です。

選ばれるマーケティングの仕組みづくりのための第一歩は、自社の置かれた状況の把握です。ここではまず、市場・現状分析に用いられる一般的な考え方(フレームワーク)を紹介します。分析を行い、その結果をもとに集客活動を行いましょう。

自社の優位性を知るSTP分析

STP分析の解説画像

STP分析とは、マーケティング理論で知られるアメリカの経済学者、フィリップ・コトラーが提唱したフレームワークです。STP分析は、下記の3つのステップで行われます。

  • S:セグメンテーション (Segmentation) … 市場の細分化
  • T:ターゲティング (Targeting) … 自社がたたかうべき市場や顧客の選定
  • P:ポジショニング(Positioning) … 市場における自社の立ち位置の明確化とその伝え方

セグメンテーションでは、市場を細かくセグメントに分けて分けます。洗浄装置の場合は、たとえばアプリケーション、ウェハーサイズ、機器タイプなどといった切口での細分化が可能でしょう。市場をなるべく細かく分けていくことで、競合からシェアが奪えるチャンスが見つけやすくなります。

ターゲティングでは、細分化した市場の中から、事業展開の中心とするセグメントを一つ(または複数)を選びます。それぞれの市場セグメントの成長可能性や収益性、競合性などを評価して自社に合うものを選定。特定のセグメントに対するマーケティングには労力が必要なため、同時にターゲットするセグメントの数を抑えることが重要です。

ポジショニングでは、ターゲットとして選んで市場における自社の立ち位置(ポジション)を決めます。ここでは自社のみが提供できる価値(バリュープロポジション)やその他の競合との差別化要素、マーケティングに使うメディアの種類、それぞれのマーケティングのメッセージなどを決めていきます。

STP分析を行うと、自社の強みと相性の良い見込み客に向けて、効率よくマーケティングを展開できるようになります。

バリュープロポジションを知る

バリュープロポジションとは自社のみが提供できる価値であり、下記3つの要素の上で成り立っています。

  • ユーザーが求めている価値
  • 自社が提供できる価値
  • 競合他社が提供できていない、あるいは提供できない価値

バリュープロポジションは顧客が商品やサービスを選ぶ理由、つまり自社の勝ちポイントにあたります。

バリュープロポジションの解説画像

洗浄装置を求めているユーザーに対して提供できる、自社の得意分野や技術、サービスを活かせる強みは何かを絞り込んでいきましょう。

バリュープロポジションが重要になってくるのは、STP分析のポジショニングの段階です。明確なバリュープロポジションの上で行われるポジショニングには一貫性と独自性が生まれやすく、「〇〇の洗浄装置なら自社」というイメージにつながりやすいです。

バリュープロポジションを見つけるには自社と違う箇所をリストアップし、その中から顧客のニーズにつながっているものを探し当てましょう。

洗浄装置の広告・マーケティング方法

マーケティング方法のイメージ画像

これより先は、洗浄装置の集客に使える広告・マーケティング方法を詳しく紹介していきます。

強みを明確にした自社ホームページ

ユーザーニーズに沿ってコンテンツを工夫すれば、自社ホームページページは強力な営業やマーケティングのツールとなります。もし今まで自社のホームページにあまり力を入れていなかったのであれば、コンテンツの追加やサイトのリニューアルなどを検討しましょう。

ホームページにたどり着く多くの人は、洗浄装置に対して関心を持っている、または洗浄装置について何らかの情報を得たいと検索している人たちです。しかし「洗浄装置 導入」といったキーワードで検索しているユーザーは、必ずしも専門知識を持ち合わせている人ではありません。

ユーザーが求めている情報を見極めて分かりやすく提供することで、自社の認知度を高めつつ魅力も伝えられます。専門的な情報をもとに初めて見るユーザーでも理解しやすいコンテンツを用意することができれば、自社に対する信頼度の向上も図れるでしょう。

なおホームページの集客効果を更に高めるには、直接問い合わせや資料請求できるページを増やしましょう。ユーザーが興味を持った時点ですぐ行動できるサイトの設計は、獲得できるリードの数に貢献します。

ポータルサイトやマッチングサイトを活用する

洗浄装置の業界やメーカーに特化したポータルサイトや、企業同士をマッチングするサイトへの登録も認知度アップに効果的です。掲載内容を見たユーザーからの問い合わせや商談申し込みにつながる可能性もあります。

ポータルサイトやマッチングサイトの最大のメリットは、洗浄装置の購入・導入を既に検討しているユーザーが集まりやすいということです。場合によっては、比較的短時間で成約してもらえることが可能です。

ただし、掲載に料金が生じたり掲載自体は無料でも問い合わせの発生によって報酬を求められたりするなど、媒体の運営システムによってルールがある点には注意が必要です。

またポータルサイトやマッチングサイトは競合他社も同じように掲載している可能性が多く、情報が並列化してしまいやすいのもデメリットです。個々の企業や製品の存在感が売れてしまい、うまく集客につながらないケースもあります。

認知度をアップするツールのひとつとして、費用対効果を考慮しながら他の集客手法とあわせて活用すると良いでしょう。

指名客を増やすポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアとは、市場内での自社ならではのポジション=立ち位置をユーザーに伝える集客専用型メディアです。

公式ホームページにもポータルサイトにも、それぞれ制限があります。自社の製品を必ず選ぶ理想の顧客像が描かれていても、必要な情報をピンポイントで伝えられないケースが少なくありません。

一方ポジショニングメディアでは、同時に掲載している競合他社や集客用以外のページといった要素の心配をする必要はありません。ポジショニングメディアは一番成約につながりやすい顧客のニーズと悩みを、自社の製品で解決できるというメッセージを伝えるだけに特化した広告施策です。

自社の強みや魅力が伝わるコンテンツによって、親和性の高いユーザーや購入に近い見込み客を、自然な形で集客できるようになります。実際にポジショニングメディアを導入した企業からは、このような声が寄せられています。

  • 自社の強みを知ったうえで問い合わせてくれるので、商談率が8割を超えた
  • ニーズが合致するユーザーを狙って集客できるため、受注単価が2.5倍にアップした
  • 自社を理解してくれている状態からの商談なので、すぐに具体的な話や打ち合わせができる。契約までのリードタイムも1/3に短縮できた

ポジショニングメディアの詳細や導入事例をさらに見たい方は、こちらのページをご覧ください。

ポジショニングメディア
について詳しく知る

マーケティング・営業戦略でお困りなら

半導体の供給不足が世界で叫ばれる今、チップ不足に対応するために、国内では半導体工場の新設が増加しています。この流れを受け、精密洗浄の需要も増加するでしょう。

洗浄装置の市場規模が拡大するこれからが、新たな顧客を生み出すチャンスです。この機会を逃さないためにも積極的なマーケティング戦略を展開し、自社の認知度を高めておきましょう。

キャククルを運営する全研本社では、クライアント独自の強みを軸としたWebマーケティング戦略をご提案しています。今までは120以上の業種で集客実績を上げてきました。洗浄装置に特化した集客を実現したい、営業効率を改善したいなど、広告・マーケティング戦略に課題があれば、ぜひ一度ご相談ください。貴社の市場を詳細に分析し、最適な集客施策をご提案させていただきます。

全研本社へのご相談はこちら

ページトップへ