溶接技術の広告掲載費用と評判まとめ

溶接技術の広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、溶接技術の専門誌「溶接技術」の特徴や広告掲載するメリット、費用などを紹介しています。製造業向けの広告掲載をお考えの企業は、下記を参考に検討してみてください。

溶接技術のキャプチャ

引用元:SANPOWEB公式サイト(https://www.sanpo-pub.co.jp/yg01-back/)

溶接技術の特徴

68年以上続く溶接技術の専門誌

溶接技術は、1953年5月に創刊されてから68年以上続き、発行部数は4万3,000部を誇るロングセラー誌です。溶接技術をメインに取り上げており、各産業の溶接や接合について詳しく解説されています。また、業界の動向も盛り込まれているため、溶接技術の向上に取り組む技術者から根強い人気があります。

溶接の基礎知識や事例をたくさん掲載

溶接技術は国内ではとても貴重な、溶接技術に関する専門誌です。溶接に関する基礎知識や事例がたくさん紹介されており、入門書としても支持されています。溶接に関する技術を向上させるための団体、一般社団法人日本溶接協会の協会誌として精鋭チームが監修・編集にあたっています。

溶接技術の広告掲載料金

  • 表紙1(4色)サイズ185mm×210mm…550,000円
  • 表紙2(4色)サイズ250mm×170mm…440,000円
  • 表紙3(4色)サイズ250mm×170mm…385,000円
  • 表紙4(4色)サイズ250mm×170mm…495,000円

溶接技術の口コミ・評判

溶接技術の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

溶接技術に広告掲載するメリット

製造業全体に向けた広告を打ちやすい

溶接技術の職業別読者層として最も多いのは自動車・輸送機械で13.5%、次いで産業機械が12.3%、鉄鋼・金属が12.1%です。バランスよく各産業に従事する読者がいるため、製造業全体に向けて広告を打ちやすいでしょう。

現場管理者が読者に多いので、購入検討をしてもらいやすい

溶接技術の読者の役職として最も多いのは、現場管理者で30.5%です。次に多いのが設計者・技術者・研究者で26.3%を占めており、読者の過半数以上が溶接技術に関わる職種に従事しています。溶接技術に役立つ製品を求めている現場管理者などを中心にアピールできるため、反響が期待できます。

参照元:株式会社大日広告社(https://www.dainichiad.co.jp/html/baitai/1032.php)

溶接技術の広告掲載までの流れ

溶接技術の広告掲載の締切日は、前月5日までです。広告掲載の依頼に関して、詳しくは出版元の産報出版株式会社までお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

溶接技術のような専門誌に広告を打つのも集客効果を期待できますが、効果を持続させるなら他の集客施策もミックスして行うのがおすすめです。下記の施策も組み合わせて講じることで、販売機会の損失を防ぎましょう。

  • 製造業向けのニュースに広告掲載する
  • 製造業向けの無料掲示板に広告掲載する
  • 自社公式ホームページ・ランディングページで自社を詳しくアピール
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを集客

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ