通販新聞の特徴や広告掲載料金・費用、口コミ評判をまとめました

通販新聞の特徴や広告掲載料金・費用、口コミ評判をまとめました
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、通販事業やEC関連業者向けの専門紙「通販新聞」の特徴や広告掲載料金、実際に広告を掲載した企業の口コミ評判をまとめました。

なお、記事の後半では専門紙への掲載と並行して打ち出して、安定的なリード獲得が実現できるWebマーケティング施策も紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

通販新聞の特徴

通販新聞キャプチャ画像
引用元:通販新聞(https://www.tsuhanshimbun.com/)

通販新聞は、通販業界や通販の関連業界の動向をタイムリーに発信する、業界唯一の専門紙です。媒体はブランケット大判の新聞サイズ。通常の8ページに加えて特集が増ページされることもあり、毎週木曜日、年間48回発行されています。

購買先は、通販企業や事業者をはじめ、商品納入業者や通販関連業者など。通販の商品を製造するメーカーやBtoB通販企業などにも読まれる可能性があり、自社の認知度を高めるのに有効です。

記事のカテゴリは、新聞や通販雑誌などの紙媒体やテレビ・ラジオ通販などのマスメディアを介したオフライン通販の分野と、ネットを利用するEC通販の分野に分かれています。それぞれに特化した業界情報や媒体戦略に関するコンテンツが組まれているのが特徴です。

関連団体や省庁の政策、関連法の動きなどの報道もあり。常に最新の動向や業界情報を入手できるようになっています。

通販新聞の広告掲載料金

通販新聞の広告掲載料金については、公式サイトに詳細が公開されていませんでした。広告の出稿については、出版元の株式会社通販新聞社へお問い合わせください。

通販新聞の口コミ・評判

通販新聞に広告を掲載した企業の口コミ・評判は見つかりませんでした。

通販新聞に広告を掲載するメリット

通販新聞は通販業界唯一の専門紙で、読者のほとんどは、通販業界や関連業界の関係者です。広告を掲載することで通販業界に対して認知度がピンポイントで高められます。ターゲットが絞られた状態のため、確度の高いリードの獲得も可能でしょう。

通販新聞の広告掲載までの流れ

通販新聞の広告掲載は、「週刊通販新聞」本紙への出稿のほか、通販新聞のWebサイト、通販新聞姉妹紙の「月刊ネット販売」の誌面やWebサイトへの出稿も受け付けているようです。

まず、出版元である「株式会社通販新聞社」に電話かFax、メールで問合せ後、担当者からの折り返し連絡を待ちます。掲載したい媒体を担当者に伝え、それぞれの案内に従って掲載の準備を進めてください。

自社に合う集客施策を取り入れてWebマーケティングをしよう

マーケティングのイメージ画像

通販新聞への広告掲載は、通販業界やその関連業界に対して自社の認知度を上げる媒体として有効です。広告を目にした関連企業から、自社媒体への商品掲載や自社商品の取り扱いの打診など、さまざまな形で事業拡大を狙える可能性があります。

ただし、ユーザーは1つの宣伝広告を見ただけで、すぐその場で問い合わせしたりすることが少ないというのも事実です。広告を見たあとのユーザーは、その企業の商品やサービスが有益か、価格や性能はどうかなどを詳しく知るために、Web上で検索して情報収集を行う傾向にあります。

BtoB業界においては特に、興味関心を持ったサービスについてインターネットで情報収集・比較検討を重ねたうえで初めて問い合わせに移るという流れが一般的です。

広告で自社の認知度が高めたとしても、比較検討段階で候補から外されてしまえば意味がありません。予防施策として、競合他社との違いや自社ならではの魅力などが、詳しい情報を求めているユーザー向けに情報を伝えるインターネット上の「受け皿」を用意することをおすすめします。

新聞形成に加えて、たとえば下記のような施策を検討してみてください。

  • 通販事業者に特化したポータルサイトやマッチングサイトへの情報掲載
  • グーグルマイビジネスを活用して商圏内の指名検索を対策する
  • SEOを意識した公式ホームページやコラム記事の制作・改善
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーの集客

複数の施策を組み合わせて、その相乗効果で自社と相性の良いユーザーを集めましょう。自社を選ぶべきユーザーとの接触が増やせれば、商談率・成約率が上昇し、広告の費用対効果が上がっていくでしょう。

Saasの集客・マーケティング戦略について詳しく知りたい方は、ぜひ下記のページもご覧ください。

SaaSの集客
マーケティング戦略

ページトップへ