情報システム向け担当に向けてPRできる広告媒体やメディアをリサーチ

情報システム向け担当に向けてPRできる広告媒体やメディアをリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

情報システム担当はITシステムを用いて、コスト削減や業務効率化を図る必要があります。

企業の抱える「業績を上げる」「コストを削減する」などの課題を解決するために、それらを解決できる自社システムの導入を考え、提案します。

そのため、情報システム担当者は常にITに関するニュースや作業を効率化するシステムやツールを求めています。そこで、そのようなWebメディアに広告を掲載したら、情報システム担当の目に留まることは間違いないでしょう。

ここでは、情報システム担当の閲覧するメディアを紹介していきます。

情報システム担当向けの広告媒体とメディア

CODEAL
情報システム担当に向けての広告を掲載するのに適したメディアの例を紹介します。

ITmedia

CODEAL
引用元:ITmedia公式サイト(https://www.itmedia.co.jp/)
ITmediaはアイメディア株式会社の運営するITに関連する様々なニュースや情報を発信しているメディアです。

扱うニュースによってメディアが分けられており、閲覧回数の多い記事を集めたITmediaを中心に計27ものメディアを運営しています。

ここでは、その中でも特にITのニュースに関してまとめているメディアを紹介します。

  • ITmedia NEWS…ITの現在と未来について扱う
  • @IT atmarkit…ITエンジニア向けのサイト
  • ITmediaエンタープライス…企業ITトレンドをまとめた
  • TechTarget…IT製品の技術の比較やその事例を扱う
  • TechFactory…製造業のIT化を支援する

このようにIT関連のニュースもその内容によって掲載されるメディアが異なるので、自社製品を届けたいターゲットに向けて最適なメディアを選択し、広告掲載をする事ができれば、情報システムの担当者に興味を持たれるでしょう。

イプロスものづくり

CODEAL
引用元:イプロスものづくり公式サイト(https://www.ipros.jp/ranking/product/category/2/165/)
イプロスものづくりは、株式会社イプロスの提供する、ものづくりに関連する製品やサービス、技術情報などが掲載されているBtoBのデータベースサイトです。

100万人以上の会員がイプロスものづくりに訪れており、そのほとんどが「研究・開発」「設計」「生産・製造」などに携わる技術者達です。

サイト内には情報システム担当向けの商品ランキングページもあるので、情報システム担当に向けて自社の製品やサービス、技術をPRしたい企業様は、イプロスものづくりに情報を掲載することで、効率的にPRすることができるでしょう。

また、イプロスものづくりでは情報掲載だけでなく広告掲載も行うことができるので、広告掲載も両立して行うことで更なる効果を期待できるでしょう。

情報システム担当にアプローチできる広告施策4選

CODEAL
広告には様々な種類があり、それぞれ有効な使い方が違います。高い費用対効果を得るためには、集客のターゲットや目的に合わせて、広告の方法を使い分ける必要があります。
下記で代表的なものを紹介します。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果画面の上位に広告を出す広告の事です。
SEOとは異なり、お金を出せばすぐに検索結果画面の上位に表示させることができる点がメリットです。

しかし、売上の向上につながりやすいキーワードは広告単価が高くなる傾向にあるので、
費用対効果を高めるには、キーワードを選別する必要があります。

SNS広告

SNS広告はInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSに広告を出す事です。

自社製品の認知度やブランディング力を上げる目的で使うことで、効果を発揮します。
SNS広告は利用者のデータを活用して、データに合わせて細かいターゲティングを行える特長があります。

キーワードでは情報システム担当者、作業、効率化などといったインターネットの情報を駆使したキーワードでターゲットを絞ることができます。

動画広告

動画広告とは、YouTubeなどの動画配信サービスの動画に挿入されている動画形式の広告のことです。
他の広告に比べて、短い時間でWebサイトでは伝わりにくい情報を伝えられるのが特長です。

動画広告では、動画を長く見てもらえるほど、広告の効果が発揮しやすくなります。
そのため最初の数秒で、視聴者に「続きを見たい」と思わせることが大切です。

情報システム担当向けのサービスやシステムの動画広告を作成する際には、導入メリットや使用方法をまとめるのがよいでしょう。 

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、自社の強みや市場での立ち位置を明確にした上で自社とマッチする見込み客を集める広告メディアです。

競合他社との差別化を測りつつ、「この点にこだわりを持つ人は自社がベスト」という
認識を持ってもらうことができます。
ポジショニングメディアを通して獲得した顧客は、すでに他社との比較をしたうえでお問い合わせをしているため、自社に合った見込み客を集めやすく、売上にも直結しやすいのがメリットです。

ポータルサイトのような幅広いユーザーに向けて情報を提供するのではなく、特定の情報を得たいユーザーだけが訪れるので、成約率の高いリードが取れるようになります。

また、サイト内で情報の説明や比較が細かくされているので、知識の少ない人でも情報の理解や選別ができます。

ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

Web集客に満足されていない方へ

CODEAL
現在、お取り組み中のWeb集客の状況にご満足しているでしょうか?

もし、

  • 狙ったターゲットを集められない…
  • 満足した集客ができても、常に競合他社と比べられてしまう…
  • 成約に直結しない問い合わせが多くで営業の効率が悪い…

などの課題をお持ちでお悩みの方には、御社の商品やサービスの「強み」を提示し、その「強み」に共感するユーザーのみを集めるポジショニングメディアをご提案いたします。

実際にポジショニングメディアを導入した企業様からは、

  • 「こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 多くの競合から自社に興味を持ってもらい、契約までのリードタイムが3分の1に短縮できた
  • 強みを理解してくれる顧客が増えてアポイントが3倍以上になった

といったお声をたくさん頂いております。

自社に合ったWeb集客が出来ずにお困りの方には、120業種以上の集客実績がある全研本社へお気軽にご相談ください。

人事・総務向け広告
のご相談はこちら

ページトップへ