ウェディングパークは、みんなのウェディングと並ぶ結婚式場の口コミサイトの大手です。結婚式の準備マニュアルなど、ハウツー情報などの掲載も多く、ゼクシィネットに次いで有力なブライダルのWEB媒体です。

ゼクシィネットとは違い、口コミサイトという特殊な性格のサイトですが、これを利用して集客を伸ばす方法を考えていきましょう。

ウェディングパークでの集客を考える

ウェディングパークでの集客効率を上げるために、まずは来館予約までの経路を整理して、どこに改善ポイントがあるのか検討してみましょう。

基本的な集客経路

ウェディングパークにアクセスして、来館予約をするユーザーは、以下のような経路をたどることになります。

1. 結婚式場の口コミや式場ランキングなどの検索結果や、SNSからのアクセスなどでウェディングパークにアクセスする
2. 式場を探しているエリアの会場一覧を見る
3. 気になる会場の個別ページを見る
4. プランやフォトギャラリーなど、会場に関する詳しい情報を見る
5. ブライダフルフェアの開催状況を見て、参加したいものを予約する

このうち、自社で対策ができるのは3〜5の遷移です。それぞれのステップについて、改善できるポイント、対策のコツを見ていきましょう。

ウェディングパークで集客するためのコツ

3〜5の各ページへの流入を増やし、来館予約へユーザーを誘導するポイントを解説します。

式場の個別ページへの流入を増やすには?

まず、エリア内の式場一覧から、個別のページへの流入を増やすためにはどんな施策があるでしょうか。

アクセス増加のためには、検索結果の表示順位を上げること、式場一覧にクリックして個別ページを見たくなるような情報を掲載すること、の2点です。

GoogleやYahoo!といった検索エンジンと同様に、表示順位が高いほどクリックされやすくなります。したがって表示順位を上げることが重要です。おそらく追加料金を払えば[PR]Pick upという枠で優先表示させることが可能です。

そのほかに、クチコミランキングでの表示順位を上げるために「総合ポイント」という評価点を高めることも必要です。ユーザーの高い評価が得られるようなサービスを提供することは大前提として、それをウェディングパークに口コミとして書き込んでもらえるように促すことも大切です。

また、ユーザーの反応が多くなる写真を選んだり、パッと見て式場の魅力が伝わるリード文を作ることで、自社の式場情報をクリックしてもらえるようにしましょう。

個別ページのフォトギャラリーや口コミページの回遊を増やす

個別ページへ流入したユーザーに対し、来館へのモチベーションを高めるために各コンテンツを回遊するように誘導しましょう。

ユーザーの多くは、おそらく口コミはチェックするでしょう。口コミの内容を変えることはできませんが、丁寧に返信すること、不満には誠意を持って対応することで、印象を良くすることはできます。

プランについては、少人数プラン、マタニティプラン、二次会プラン、会費制プランがニーズが高いので、可能ならそれぞれのプランを設定して掲載すると良いでしょう。多くの式場でこれらのプランを設定しているので、同様のニーズに応えるプランを用意しておけば比較がしやすくなります。

ブライダルフェアの予約を促す

ブライダルフェア一覧への遷移を促すには、コンテンツや写真の充実くらいしか方法がありません。それよりも、フェア一覧へ流入したユーザーの来館予約率が上がるようなフェア設定が重要です。

ニーズが大きくて集客力のあるフェアを、まずはメインに据えましょう。料理がウリなら試食会フェア、ゲストハウスなら模擬挙式や施設見学などが式場のアピールポイントになるので、メインに据えやすくなります。

さらにサブとして、そのほかのニーズに応えるブライダルフェアを用意し、取りこぼしが少なくなるようにしましょう。各フェアのタイトルやコンテンツにも気を配ることで、うまく行けば来館者数を大幅に増やすことも可能です。

公式ホームページへの流入対策

ゼクシィネットやみんなのウェディングとは違い、ウェディングパークの場合は「公式HPを見る」という導線があります。そのため、この導線からの遷移先について対策を取る必要があります。

遷移先を専用のランディングページにするのか、公式ホームページのトップにするのかという選択肢がありますが、後者にしておく方が来館予約にはつながりにくいと考えられます。

ランディングページでいきなり来館予約へ誘導するよりも、公式ホームページでさらに写真やブライダルフェアの情報を見せ、ブライダルフェアページへ誘導する方法が有効なのではないかと思います。

ウェディングパークの掲載料金

ウェディングパークの広告掲載料金については、情報が見つかりませんでした。無料プランと有料プランが用意されていますが、有料で広告出稿する場合は、直接問い合わせて、見積りを出してもらいましょう。
担当者のための結婚式場集客ガイド