ネイルスクールの集客はエリアとターゲットで絞り込みを

ネイルスクールの集客はエリアとターゲットで絞り込みを
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

どのエリアでどんなネイルスクールの生徒を集客したいか

現在ネイルサロンは無数に存在します。その数と比較すれば、ネイルスクールは数が少ないため集客しやすいと言えるでしょう。しかし集客の方向性を間違えると生徒が獲得できないことに変わりはありません。必ず意識すべきネイルスクール集客のポイントについてまとめました。

ターゲットにしたい生徒を絞り込む

まずはターゲットにしたい生徒を絞り込みましょう。
「そもそもネイルスクールに通いたいのだから、ネイルサロンを開きたい人ではないの?」と思われた方、もちろんそうです。そのような方がネイルスクールに通うというのは間違いなく事実でしょう。しかしターゲットはもう少し細かく絞り込む必要があります。

例えば専門学生の年齢のような若い子を集客したいのであれば、夜はアルバイトなどがあるため朝早い時間からスクールを開けるのが良いかもしれません。しかし主婦層を中心とする場合には、家事などが終わった午後数時間が好まれる可能性もあるでしょう。また日中仕事を持つ人であれば、夜間の通学を希望するかもしれません。

このように、ターゲットは細かく設定することが大切です。

スクールの強みを徹底分析

ネイルサロンと比較し数は少ないと言っても、ネイルスクールは各地に多数存在します。そのため自身のスクールのバリュープロポジションを明確にしなければ、勝ち残っていくことはできません。

バリュープロポジションとは、生徒が望んでいて、他校が提供できない、自校が提供可能な価値、自身のスクール限定の強みを指します。例えば一部教材無料や受講期間延長無料、実技補講無料など、ネイルスクールにおける強みは多数考えられることでしょう。

やみくもに自分たちの強みを考えていくというわけではなく、スクールに通う生徒のニーズを理解し、他のスクールを分析した上で、自身のスクールのバリュープロポジションを明確かつロジカルに考えていく必要があります。

なおバリュープロポジションの詳細については、集客の課題解決とあわせてより詳しく解説しているページがるので、そちらもご覧ください。↓↓↓

どのエリアまで広げて集客するかを決める

バリュープロポジションを定める際に重要になるのが「エリア」です。どの範囲までを自身のスクールのターゲットとするかは自分自身で決めることが可能です。
しかし、エリアにはそれぞれの特徴があります。この特徴を的確に理解することで、自身のスクールがどの範囲までなら強みを強みとして発揮できるか、冷静に判断する必要があります。

ただ範囲を広げれば良いというわけではなく、あくまでもバリュープロポジションに基づく形で集客範囲を設定しましょう。

集客媒体を決める

実際にエリアを決めたら、どの媒体を活用し集客を行うかを決めましょう。

大きく分けると、オンライン、そしてオフラインの手法があります。これらはエリア特性と、自身がターゲットとして決めた年齢などを考慮し決定する必要があります。
若い人をターゲットにする場合にはオンライン、そうでない場合にはオフラインなどの使い分けが必要です。

広告を打つタイミングを決める

ではどのようなタイミングで広告を打つと良いのでしょうか。タイミングを見る広告は重要ですが、それとは別にブログで年間を通して宣伝活動は行うべきです。
しかし新生活が始まるタイミングなどを中心にタイムリーな時期があるため、その際には新しい手法を検討しても良いかもしれません。

WEBでネイルスクールの集客をすべき理由とは

さて、ここまでご紹介してきたようにターゲットによって狙うべき広告は異なります。しかしターゲットの違いによって多少の差はあるものの、最も効率的な集客方法はWebです。
コンテンツさえ用意することができれば、コンテンツを置いておくだけで勝手に集客してくれるツールとさせることも可能です。

WEB集客にもいくつかの方法がある

ブログでの集客含めWEB集客には多くの選択肢があります。
まとめサイトに掲載することはもちろん、ネイルスクールなどと相性が良いのはSNSです。「写真映え」するコンテンツを幾つも用意できるほか、写真を通して生徒に雰囲気を発信することができます。

文章の長さや写真の有無によって、それぞれ適切な方法で掲載することがオススメです。

ネイルスクール集客を外部委託という方法も

もしもWeb集客を決めた場合、外部委託を検討してみてはいかがでしょうか?
知識がないと運用に時間を取られ、本業であるネイルサロン経営に時間を割けなくなるという点はもちろん、最初は集客専門のコンサルと提携することで、確実に成果を出すための投資を行うという方法もあるでしょう。

もしも興味がある場合にはまずは問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ