スポーツクラブのチラシ戦略

スポーツクラブのチラシ戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スポーツクラブはチラシのポスティングで集客できる

近年の健康志向の上昇によって、フィットネス業界が順調に拡大を続けています。2018年では市場規模が前年より4%伸びておよそ4,800億円と右肩上がりの人気で、こうした業界の好調さの流れに乗って、新たに参入する企業も増えています。そのため地域によってはユーザーの獲得競争が激しくなっているところもあり、設備やサービスの充実を図り、より積極的にマーケティングを行い、ユーザーを獲得する企業も多くなっています。

フィットネスジムの入会経路は?

集客と言えば、最近ではWeb集客に目が行きがちです。もちろん多種多様にわたったWeb集客は、絶対に外せない広告媒体ですが、地域に密着した宣伝方法となると、やはり「ポスティングチラシ」が最適な販売促進方法です。
マックスヒルズ調べ「国内スポーツクラブへの入会経路2018」アンケート調査によると、30代・40代・50代・60代以上において、「チラシ」での入会経路が増加。スポーツクラブ入会のきっかけとして、いぜんチラシの割合が一定数あることがわかります。

フィットネスジムのチラシ宣伝効果

ポストの中は誰でも確認するもの。ポスティングされたチラシは、受取人は要るものか不要なものかを選別するために、必ず目にします。「目を通す、内容が頭のどこかにインプットされる、いざ行動する時にその内容を思い出す、行動する」といった流れは十分考えられます。
こうした視認性の高いチラシ宣伝は継続的にアプローチができるため、今すぐでなくても、のちの効果が期待できます。
また、チラシ宣伝によって近所で話題になったり、口コミが広がったり、という特徴もあります。実際にスポーツジムに通った人から話を聞いてその気になる、友人同士で一緒に通う、などと繋がっていくことが見込まれます。

ジム利用につながる潜在ニーズを掘り起こす

日本人の健康意識は高く、インターネットのアンケート調査によると、成人では平均しておよそ75%もの人が運動不足を感じています。また、健康のために運動やスポーツの必要性を感じている人も半数以上存在しています。
ですが積極的にフィットネスジムなどに通っている人は10%未満と低いのが現状です。関心はあるものの、日々の生活でなんとなく体づくりのことは後回しになってしまっていることが大多数の理由のようです。
各戸のポストにまでインされるチラシは、ユーザーの潜在的なニーズを掘り起こす効果を持っています。視認性の高いチラシの内容に興味を引かれたユーザーは、高い確率で「運動する必要性」を思い出します。最終的にフィットネスジムに訪れることが期待されます。

スポーツクラブのアピールができる

スポーツクラブやフィットネスジムなどが増加したため、顕在ユーザーは選ぶにあたってただ運動ができるだけでなく、「オリジナリティ」も求めるようになっています。
ほかのスポーツクラブとは何が違うのか、ということをユーザーは知りたいため、たとえば、
・深夜営業、また24時間営業している
・運動施設・設備が豊富、新しい
・魅力のあるインストラクターが在籍している
・女性のみが利用できる、また高齢者向け
・月額制で通い放題、またその都度払いなどの支払いの多様さ
といった、そのスポーツクラブのオリジナリティをアピールできるポイントが必要です。
他とは違うポイントが多いスポーツクラブほど興味をひき、選んでもらえる確率が上がります。

会員数を増やすためのスポーツジムのチラシの条件とは

スポーツクラブへの通いやすさを強調

スポーツジムやスポーツクラブなどを選ぶ際、ユーザーが一番に重視するポイントは「通いやすさ」です。いくらジムにオリジナリティや魅力があったとしても、自宅や勤務先から遠い場所にあることは選ばれにくくなる理由になります。
ポスティングチラシであれば、スポーツクラブから通いやすい範囲内で、配布する箇所を指定することが可能です。
「通いやすさ」を強調した内容のチラシを配布することで、長期利用者になりやすい顕在ユーザーに対して、集中的に効率的なアピールをすることができます。

スポーツクラブインストラクターなどの顔を出す

必要性を感じるもののスポーツクラブなどを利用できていない人の割合は多く、なかなか初心者にとってはスポーツクラブの敷居は高いようです。
「本当に続くのか」「どんな指導をしてくれるのか」などの不安を持つこともあります。
そんな時はインストラクターの顔や指導の様子、可能であれば教室の様子などが出ているチラシを目にすることで、ある程度の不安を解消できるしょう。スポーツクラブに一度行ってみようというアクションへと移りやすくなります。

限定キャンペーンを打つ

興味はあるものの、ほかに気になる飲食店や美容院などを優先し、つい後回しになってしまいがちなスポーツクラブですが、「限定キャンペーン」を打つことで、ユーザーの関心を引くことができます。

・限定期間に入会する人には、入会金を無料にする
・チラシ持参の人には体験教室が無料

など、ポスティングチラシに限定性を持たせることで販促効果をより高めることができます。クーポン要素を持つチラシは、顕在ユーザーからすると気になる存在になり、手元に置かれやすくなります。「今ならお得な期間だから行ってみようか」という心理が働き、アクションに繋がりやすくなります。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、スポーツジム業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

スポーツジム業界
ポジショニングメディア資料

集客のご相談はこちら

ページトップへ