建築業界が抱える課題と解決に必須となるマーケティング戦略とは?

建築業界が抱える課題と解決に必須となるマーケティング戦略とは?
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

建築業界は高い需要が今後も継続すると見られる一方で、資材の高騰や慢性的な人材不足などさまざまな課題を抱えています。この記事では、建築業界が抱える課題と、その解決方法となるマーケティング施策を具体的に解説します。

建築業界の環境と動向

建築現場のイメージ画像

新型コロナウイルスの影響や、東京オリンピックの建設特需の終息など、建築業界を取り巻く環境は大きく変化しています。ここでは建築業界の環境と動向について以下の2点から見ていきましょう。

建築需要は増加傾向

建築需要は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響もあり一旦落ち込んでいましたが、感染拡大の落ち着きや経済活動の再開に伴い、徐々に持ち直し増加傾向にあります。

2022年4月に建設経済研究所が発表した「建設経済モデルによる建設投資の見通し(2022年4月)によると、建設投資額は2021年度で61兆6,600億円、2022年度で61兆9,800億円とやや増加傾向にあります。

東京オリンピック関連の建設需要の落ち着きとともに、需要低下が懸念されていましたが大阪万博やリニア、全国のインフラ維持管理、脱炭素化に向けた動きの加速など、今後も建設需要を下支えする要素は多くあることから、高い水準で建設需要は維持されるものと見られています。

引用元:一般財団法人建設経済研究所「建設経済モデルによる建設投資の見通し(2022年4月)」(https://www.rice.or.jp/wp-content/uploads/2022/04/Model20220413r.pdf)

高い人材需要が続く

建築業界では、2019年の東京オリンピックの需要拡大時に人材需要が大きく高まりました。以降も人材需要は高い状況が維持されており、2021年の新規求人数(新規学卒者及びパートタイムを除く)は、医療・福祉についで多い71,694人で、20年度比27%の大幅増加となっています。

今後の建設需要の高まりを見ても、高い人材需要は継続していくものと考えられ、人材確保は建築業界にとって、大きな課題となるでしょう。

※引用元:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和4年2月分)」(https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000915385.pdf)

建築業界によくある課題と解決策

建築業界によくある課題と解決策
建築業界の動向を踏まえると、現在の建築業界には以下の3つの課題が存在します。

  • 深刻な人手不足状態が続いている
  • 競合との差別化が困難
  • 資材が高騰している

ここではそれぞれの課題と対策についてご紹介します。

課題①:深刻な人手不足状態が続いている

少子高齢化による働き手の減少などもあり、どの業界においても人材不足は大きな課題です。建築業界では、特に若い世代の働き手の不足も深刻で高齢化が進んできており、長期的に見るとさらに人材が不足する懸念もあり、深刻な状況にあります。

需要動向が高まりを見せる一方で、技術者の不足などに起因して仕事を受けられない企業も一定数出てきています。

対策:労働環境を整える

建築業界の人材不足が慢性化している要因として、労働環境に問題があるケースが多いと言われています。働き方改革が進められる中、まだまだ厳しいイメージがある建築業界の労働環境を整備していく必要があります。

給与や社会保険といった待遇面だけでなく、労働時間や業務の効率化などさまざまな側面で検討するとよいでしょう。

課題②:競合との差別化が困難

競合との差別化が困難な点も建築業界の課題です。建築業界は、業界構造上多くの企業が下請け・孫請けで関係していくスキームが一般的です。

その中で下請け型の中小・零細建築企業の多くが、自社の強みを見いだせずに労働力としての下請けとみなされ、単純な価格競争に陥っています。

対策:他社にはない強みを発掘する

差別化においては、自社が他社にはない強みを発掘し、対外的にアピールしていくことが何より重要です。自社の分野や顧客のニーズなどを踏まえ、自社の強みを明確にしていきましょう。自社の強みを発掘する際には、

  • 競合他社との比較
  • 市場における自社のポジショニング

を検討することで、これまで気づかなかった点が強みになるケースもあります。

課題③:資材が高騰している

建設資材の高騰も建築業界の大きな課題です。一般社団法人経済調査会が発表している「建設資材価格指数」によると、2015年度を100とした場合、2022年4月現在で142.7と大幅な上昇となっています。

特に新型コロナウイルスの感染拡大の影響に加えて、ガソリン価格の高騰やウクライナ情勢などの影響もあり、2021年下期から急激な上昇傾向にあります。

中小・零細企業を中心に資材価格の高騰のすべてを価格に転嫁することは非常に難しいことが想定されますので、利益率の低下につながり非常に厳しい状況にあるといえます。

※引用元:一般社団法人経済調査会「建設資材価格指数」(https://www.zai-keicho.or.jp/price_relative/)

対策:付加価値をつけて単価を上げる

資材価格の高騰に対しては、付加価値をつけて単価を上げるなどの対策が有効です。多くの企業では資材価格の高騰だけを理由にして、価格に転嫁することは難しいのが現実でしょう。対策としては、

  • システム導入による効率化などによる他コストの圧縮
  • 短納期化などの付加価値をつけることによる単価アップ

を積極的に検討すべきです。

建築業界でマーケティングが必要な理由

建築業界でマーケティングが必要な理由
ここまでご説明してきた業界の課題を踏まえ、建築業界で安定した業績を維持していくためにマーケティングは今や必須の状況です。ここでは建築業界でなぜマーケティングが必要なのか、その理由について詳しく解説します。

自社の認知度を高め安定した事業運営を行うため

1つ目の理由は、自社の認知度を高め安定した事業運営を行うためです。建築業界の事業構造は特殊で、元請け企業に数多くの下請け企業が存在し、またその後にさらに下請け企業が続くという多層構造になっています。

この多層構造が深くなればなるほど、下層の下請け業者が受け取れる対価は少なくなり、経営も厳しくなってしまいます。

この状況から脱するには、より元請け企業に近い階層で受注することや、特定企業の下請けに頼らない事業運営基盤を確立していくことが重要です。

そのためにもマーケティングにより、自社の認知度を高めることで顧客を増やしていくことが重要となるのです。

新規顧客・リピーターの確保を行うため

2つ目の理由は、新規顧客・リピーターを確保するためです。マーケティングは、自社の業界内での強みを分析したうえで、自社のターゲットとなる顧客層に対して、自社の認知度を向上させる施策です。

自社の強みとニーズを合致させたうえで、最適な顧客へ効率的にアプローチできるため、新規顧客やリピーターが自らで開拓することが可能です。

建築業界特有の元請け企業に頼り切った経営状態から抜け出すためにも、マーケティングは必須と言えるでしょう。

建築業界に効果的なマーケティング施策

では建築業界では、具体的にどのようなマーケティング施策が有効なのでしょうか。建築業界で効果が期待されるマーケティング施策について、以下の4つの手法をご紹介します。

  • 自社HPでのSEO対策を行う
  • SNSで作業風景をアップし自社をアピールする
  • ブログで最新情報を提供する
  • ポジショニングメディアを開設する

自社HPでのSEO対策を行う

建築業界の課題を解決するSEO対策のイメージ画像

1つ目の施策は、自社HPでのマーケティングです。自社HPは、自社の強みを業界内にアピールし、自社の認知度を向上させるマーケティングの土台ともいうべきものです。

より多くの顧客に自社を認知してもらうためには、自社HPを開設するだけではなくSEO対策も必須です。SEO対策とはSearch Engine Optimizationの略で、特定のキーワードが検索された際に自社のHPが検索結果の上位に表示されるように行う対策のことです。

自社の適正なユーザーに自社の強みをアピールできれば、顧客開拓や受注につながっていくでしょう。

SNSで作業風景をアップし自社をアピールする

建築業界の課題を解決するSNS運用のイメージ画像

2つ目の施策は、SNSで作業風景をアップし、自社をアピールする施策です。SNSは特に若い世代での拡散力の強さなどから、近年注目度が高まっているマーケティング手法で、多くの企業がTwitterInstagramを通じて情報発信を行っています。SNSなどで作業風景をアップすることで、自社の業務内容を顧客に認知してもらうことが可能です。

また、若手人材の確保のため、自社の労働環境や雰囲気を伝えられる点でも有効な手段と言えるでしょう。

ブログで最新情報を提供する

建築業界の課題を解決するブログ執筆のイメージ画像

ブログで建築業界の最新情報を提供するのもマーケティング施策として有効です。自社の提供しているサービス商品に関連した最新情報を提供し、読者の悩みを解決することで、自社の信頼性の向上やブランド力の向上を図ります。

また最新情報の提供により自社のサービスや商品に関するニーズのある、優良な顧客を集客できる点でも有効です。

ポジショニングメディアを開設する

ポジショニングメディアとは、建築業界のうち、自社に強みのある特定分野に特化したWebメディアを立ち上げ、興味のある特定のユーザーを集中的に集客する施策です。ユーザーにとっても、ニーズにあった情報収集や発注業者の選定などを効率的に行える点でメリットを感じやすくなります。

ポジショニングメディアLPスクリーンショット

ポジショニングメディアを通じて問い合わせにつながった顧客は、すでにニーズがある程度高まった状態で、かつ、自社の特徴や強みを理解しているため、商談に繋がりやすいケースが多くなります。ポジショニングメディアの導入したことで、

  • 自社の魅力を理解してくれる見込み顧客が集まるようになった
  • 商談化するケースも増え営業もしやすくなった
  • 最終的に成約にも繋がり新規開拓売上アップにも貢献してくれた

といった効果を実感して頂いています。キャククル運営元の全研本社では、これまで建築業界を含むさまざまな業種・業態で、競合にはない企業のポジショニングを確立した戦略作りと、戦略をベースにしたWeb集客媒体「ポジショニングメディア」を提案してきました。その数は120業種以上・8,000サイト以上にものぼります。

「具体的にどのようなメディアなのか詳しく見てみたい」という方は、下記のページで「BtoC業界」「BtoB業界」の導入事例の一部を紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

ポジショニングメディアの
導入事例を見てみる

マーケティング施策で建築業界の豊富な需要を取り込む

altテキストを入れる

建築業界は、大阪万博や全国的なインフラ整備、民間投資の復調などから、一定の高い需要が維持されると見られています。

一方で人材不足や資材の高騰など経営の安定化の向けた課題も数多くあり、中小・零細企業を中心に厳しい状況にある企業も少なくありません。

このような課題の解決に必須となるのが、マーケティング施策です。マーケティングでは、自社の強みやニーズを的確に捉えて優良な顧客となる層に対してアピールしていくことが重要です。

キャククル運営元の全研本社では、難易度の高いBtoB企業も含め多種多様な業種・業態のマーケティング施策を支援してまいりました。もちろんマーケティング施策だけでなく、市場分析や強みの発掘からメディア構築まで広く支援致します。

「顧客開拓の成果がなかなか出ない…」などでお悩みであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客の相談をする

ページトップへ