【建材の展示会まとめ】出展メリット・特徴を調査

【建材の展示会まとめ】出展メリット・特徴を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

建築・建材業界関係者が参加する「展示会」の特徴と出展におけるメリットを紹介。一般建材から建築現場、木造、防災、抗菌に対する高性能建材まで、あらゆる分野を扱う展示会開催情報もお伝えします。

建築・建材業界の展示会まとめ

ジャパンビルド-建築の先端技術展

ジャパンビルド-建築の先端技術展
引用元:ジャパンビルド-建築の先端技術展「https://www.japan-build.jp/hub/ja-jp.html」

開発をはじめ、建設や工事、管理から運用まで、あらゆる専門家が来場する建築総合展
例年、住宅やビル、公共施設などを扱う業界担当者が商談目的で参加します。

7つの展示会から構成され、2021年12月東京の会期には、コロナ禍にもかかわらず3日間で過去最多の430社が出展。業界トップによるセミナーは全60回におよび、建築家・隈研吾氏による講演も行われました。

デベロッパーや官公庁、新エネルギー業界など来場対象者も幅広く、出展社にとっても商談の機会が得やすい展示会のようです。

日程

【関西展】2022年9月28日(水)~30日(金)
【東京展】2022年12月5日(月)~7日(水)

場所

【関西展】インテックス大阪
【東京展】東京ビッグサイト

主催

RX Japan株式会社

Japan Home&Building Show 2022

Japan Home&Building Show 2022
引用元:Japan Home&Building Show 2022「https://www.jma.or.jp/homeshow/tokyo/」

建材をはじめ、インテリア製品、設備、サービス、構造材や部材など、まちづくりに関連する8つの展示会が集結します。

工務店や設計・デザイン事務所、リフォーム会社など、約380社が580のブースでそれぞれの商材を展開予定です。

新規顧客の獲得と販路開拓、マーケティングの場としての活用も期待できます。また、5月23日(月)には、展示会の特徴や出展メリットの紹介、質疑応答を含む、参加無料のオンライン説明会を開催します。

さらに9月28日(水)、29(木)には、同展と連動した「九州ホーム & ビルディングショー2022」(https://www.jma.or.jp/khs/)がマリンメッセ福岡にて行われる予定です。

日程

 
2022年10月26日(水)~28日(金)

場所

 
東京ビッグサイト

主催

 
一般社団法人日本能率協会

建築・建材展2023

建築・建材展2023
引用元:建築・建材展2023「https://messe.nikkei.co.jp/ac/」

建設業や住宅メーカー、不動産、メンテナンス業者などを対象とした展示会
日本の街・店づくりを支える製品やサービス、ソリューションが会する総合展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の一つとして展開されます。

前回、2022年3月に行われた第28回では、建材、設備機器、ソフトウェアや設計・施工業者など、190以上の出展者が参加しました。

併設されたセミナー会場では、コロナ禍を機に変容する住宅市場の将来展望や、健康・省エネ住宅に関する知識共有、光媒体工業会(PIAJ)による講演などが行われました。

次の開催詳細は、HPにて順次公開される予定です。

日程

 
2023年2月28日(火)~3月3日(金)

場所

 
東京ビッグサイト

主催

 
日本経済新聞社

ジャパン建材フェア JK FAIR

ジャパン建材フェア JK FAIR
引用元:ジャパン建材フェア JK FAIR「https://www.jkenzai.co.jp/business/jkfair.html」

ジャパン建材株式会社の主催するジャパン建材フェアは建築資材や住宅関連機器メーカーが集まる展示会です。

200社以上のメーカーが出展をし、1開催で500億円以上の売り上げを記録する非常に規模の大きい展示会となっています。

工務店や販売店の来場者に直接商品を紹介して商談を行えるのが特徴です。また、建材を数量限定で安く販売する特価市場なども開かれています。

新規顧客にその場で商談を行い販売したいとお考えの企業様は是非出展を検討してみてはいかがでしょうか。

日程

 
未定 (春と夏)

場所

 
東京ビッグサイト

主催

 
ジャパン建材株式会社

Webマーケティングとの併用で集客・売上を最大化しよう

DX化が進む建材業界でのWebマーケティング施策

BtoB向け展示会への出展は、自社の存在や製品・サービスについて知らない来場者に対して直接アプローチできる、自社製品・サービスにニーズのある見込み客と効率よく出会えるメリットがあります。

ただし、展示会でいくらリードを獲得できたからといって、すぐに営業成績が上がるわけではありません

展示会後、来場した人がネットで改めて情報を収集するのは当たり前になっています。

いくら展示会でアプローチできても、展示会後の比較検討の段階で選ばれなければその後の成約や受注には繋がらないのです。

また、ここ2~3年は新型コロナウイルス感染症の影響で、リアル展示会へ出展する企業、足を運ぶ企業ともに減少してきています。

このような状況を踏まえ、展示会だけでなく、自社の製品・サービスの魅力や自社の強みについてWeb上でも明確にできるかが重要です。展示会で興味を持ってもらったものの、

  • 名刺交換と資料請求だけで終わってしまった…
  • 商談までこぎつけても次のステップに進めない…

というお悩みは、自社専門の「ポジショニングメディア」を導入することで解決できます。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアのイメージ画像詳細についてはお問い合わせください

「ポジショニングメディア」とは、自社商材に対し購買意欲のあるユーザーを確実に集客し、高い成約率を実現するWeb専門メディアです。

現状自社が抱えている弱点を解消しながら、商材の“強み”を効果的にPRすることで、親和性の高いユーザーにリーチすることができます。例えば、

  • 公式サイトに情報を掲載しているが成約につながらない
  • 特殊な業界のため資料請求ではユーザーの理解を得づらい
  • 競合が多くWeb広告だけでは埋もれてしまい効果がない

などの様々な課題をもとに、自社にマッチした解決策を分析し、お申し込みから3~6ヶ月程度でポジショニングメディアを制作します。

導入にご興味のある企業様は、下記ページをぜひご参照ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

建材の展示会まとめ

まとめ

今回は「建築・建材の展示会」について紹介させていただきました。
新規の顧客獲得を考えている企業様は、ぜひ展示会を活用してビジネスを発展させていきましょう。

以下のような課題をもつ企業様は、ぜひWebマーケティング戦略についても考えてみてはいかがでしょうか

  • 「優れたノウハウを持っていても知名度が低く周知されていない」
  • 「インターネット上で自社の技術や製品を紹介する場を作りたい」
  • 「本格的にインターネット上での自社プロモーションを始めたい」

キャククルを運営する全研本社では、こうした悩みを解決する「ポジショニングメディア」の導入について、アドバイスを行っております。

ご質問やご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ