建材業界の課題を解決するマーケティング施策を解説

建材業界の課題を解決するマーケティング施策を解説
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

建材業界は、木材不足や空き家問題などさまざまな課題を抱えています。このような状況の中、今後どのように新規開拓や売上拡大を目指していけばよいのでしょうか。この記事では、建材業界が抱える課題とその解決方法となるマーケティング施策を具体的に紹介します。

建材業界の環境と動向

建材のイメージ画像

建材業界の現在の環境と今後の動向については明るいとは言えない状況にあり、大きく以下の2点が課題となっていると言われています。

  • コロナ禍による木材不足
  • 住宅需要減少と空き家増加

それぞれの課題について、まずは詳しく見ていきましょう。

コロナ禍による木材不足

現在、建材業界はコロナ禍を主因とした木材不足の影響を大きく受けています。アメリカでは、新型コロナウイルス感染症の拡大が一段落しロックダウンが解除された2020年5月以降、新築住宅需要が増加しています。

需要増の背景には、新型コロナウイルス感染症の拡大によるリモートワークの増加や政府の大規模な財政出動などだと言われています。

それ以前にも虫害や山火事などでの原料不足、コロナ禍による休業に伴う生産数減などに、これが加わり、世界的な木材不足の状況にあります。

木材不足は、日本国内においても輸入価格の高騰という形で建材業界に影響を与えています。

住宅需要減少と空き家増加

2つ目の課題は住宅需要の減少と、空き家の増加です。住宅の新規着工数は、2021年度に前年比5.0%増とやや持ち直しているものの、長期的に見れば減少傾向にあります。

また、適正に管理されていない空き家の増加が社会問題化しています。空き家の増加の原因として、供給過剰な住宅着工があげられており、建材業界としては非常に厳しい環境にあるといえるでしょう。

※参照元:国土交通省「建築着工統計調査報告」 (https://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_001030.html)

建材業界の課題と対策

建材業界の課題を解決する会議の様子

厳しい環境課にある建材業界では、次の4つの課題があると言われています。

建材業が抱える課題 対策
顧客が自社製品と他社製品の違いを理解しづらい 自社製品の魅力を発信する
コロナ禍により製造・物流が停滞している 国内のサプライチェーンを強化する
受発注や在庫の管理に手間がかかる ITツールを導入する
長期的に人材が不足している 製造工程や採用活動を見直す

ここでは建材業界が抱える課題と解決策について詳しく見ていきましょう。

課題①:顧客が自社製品と他社製品の違いを理解しづらい

1つ目の課題は「顧客が自社製品と他社製品の違いを理解しづらい」ことです。建材業界で扱う住宅建材や設備は、耐久消費財の中でも極めて購入頻度が低く、消費者の関与の少ない商品です。

多くの消費者が住宅の設計会社や施工会社が進めるものを導入し、長期間利用するのみで、故障やリフォームなどがなければ、買い替えることがありません。

また、一部の設備を除いては消費者にとって製品ごとの違いを理解することは難しく、自社製品を選んでもらうことが難しいのが現状です。

対策:自社製品の魅力を発信する

この課題の解決には、自社製品の魅力を積極的に消費者に発信していくことです。先程申し上げた通り、建材業界では消費者の主体性はあまり高くありません。

しかし近年では、リフォームやリノベーションに対する関心が高まっていること、スマートフォンの普及などにより、消費者自身が調べることができるようになっているなど、消費者がより主体性をもって購買行動する傾向があります。

主体性をもった消費者に対して、自社製品の魅力や他社製品との違いを、発信していくことが必要です。

課題②:コロナ禍により製造・物流が停滞している

コロナ禍に起因する製造・物流の停滞も課題の一つです。コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンや自粛の影響は、製造業界も例外ではありません。

工場の稼働停止によって生産量は低下し、労働者の確保が難しくなったことで、流通業も機能が停滞。住宅建設に必要な材料が確保できない状況にあります。

対策:国内のサプライチェーンを強化する

製造・物流が停滞している現状において重要なのは、国内のサプライチェーンを強化することです。木材を始めとした材料の輸入量はコロナ禍の影響で減少傾向にあり、海外からの調達に頼っていた場合、調達もままならないでしょう。

このような状況の高いには、これまでのサプライチェーンを拡大し、国内のサプライヤーを新たに発掘するなど、サプライチェーンの強化は必須です。

課題③:受発注や在庫の管理に手間がかかる

3つめの課題は、受発注や在庫の管理に手間がかかることです。建材業界は、受注発注商品が多岐にわたり、メーカーごとに締め時間が異なることは珍しくありません。

また商品数や伝票数の多さ、サプライチェーンの会社間でのやり取りへの懸念から、デジタル化が遅れている点も、管理に手間がかかってしまう要因となっています。

対策:ITツールを導入する

受発注や在庫の管理の効率化には、デジタル化が適切です。近年では条件によって変化する商品単価などにも対応できる、建材業界に特化したシステムも出てきています。

次にあげる人材不足の課題もあり、建材業界も他の業界と同じく、デジタル化による業務の効率化は待ったなしの状況です。

課題④:長期的に人材が不足している

4つ目の課題は、長期的な人材の不足です。近年の少子高齢化によって、多くの業界・業種で人材不足が長期的に課題となっていません。

中でも、建材業界を含めた建設業界は慢性的な人材不足の状況にあります。

対策:製造工程や採用活動を見直す

人材不足に対しては、製造工程の見直しによる効率化や、採用活動の見直しによる人材確保が有効です。

製造工程をシンプルに見直したり、AIやRPAなどをシステム化できたりすれば、業務効率を高めることも可能です。

また、採用活動についても、自社の労働環境の改善や、これまで採用してこなかったシニア層・外国人労働者へのアプローチなどを検討すると良いでしょう。

建材業界でマーケティングが必要な理由

建材業界でマーケティングが必要な理由

次に建材業界でマーケティングが必要な理由について、解説します。

Web検索で情報収集するクライアントが増えているから

1つめの理由は、Web検索で情報収集するクライアントが増えているからです。少し古いデータですが、2015年に発表された「企業顧客による取引先変更状況に関する調査」によると、電子部品・材業・建材業界などにおいても、取引先とのコンタクトポイントは、企業Webサイトが42.5%と、カタログ・パンフレットとともに最も多くなっています。

建材業界においても、Webサイトを用いたマーケティングの重要性はますます高まっているといえます。

※参照元:デジタルマーケティング研究機構 (https://dmi.jaa.or.jp/general-browse/view/2269/2)

データに基づいて施策を展開できるから

2つ目の理由は、データにもとづいて施策を展開できるからです。マーケティングを展開する際には、常にCV(コンバージョン)率など、顧客の動きや成果を数値化した目標を定め活動し、常に課題の見える化と改善を繰り返します。

マーケティングにおいては感性や直感ではなく、デジタルなデータに基づいた判断と改善が重要です。

Webサイトを始めとしたデジタルマーケティングでは、これらのデータを常に収集することが可能であり、常に改善を繰り返すことで、最適な施策の展開を可能にします。

個々のニーズに応えられるから

3つ目の理由は、個々の顧客のニーズに応えられるからです。これまでの建材業界において、重要視される顧客は直接の売り先である流通企業でした。

しかし先程申し上げた通りIT技術の発達などもあって、最終消費者である個人が、建材の発注者としての主体性を持ち始めています。

このような環境で、顧客の要望を吸い上げ自社の製品やマーケティングに活かすユーザーとのコミュニケーションが重要であり、これを実現するマーケティングは必須だといえます。

建材業界におすすめのマーケティング施策

では具体的に建材業界ではどのようなマーケティング施策が有効なのでしょうか。おすすめの施策について、詳しく解説します。

施策 施策内容
ホームページの運用とSEO対策 ユーザーが特定キーワードで検索した際に上位表示させる対策
SNS ユーザーと双方向でコミュニケーションを取り距離感を縮める
マーケティングオートメーション 顧客情報の管理や見込み顧客の育成を行いマーケティング活動を効率化させる
リスティング広告 特定キーワードが検索された際に検索結果に上位表示される広告を出す
ポジショニングメディア 競合他社と差別化し自社商品に魅力を感じてくれる優良な見込み顧客だけを集める
オウンドメディア 自社や自社商品の認知度を上げてブランディングを図る

ホームページの運用とSEO対策

建材業界の課題を解決するマーケティング施策SEO対策のイメージ画像

まずはマーケティングの土台となるホームページを作成・運用しましょう。ホームページはマーケティングにおいて集客の役割だけでなく、企業のブランディングや最終的なコンバージョンポイントなど、すべての土台となるものです。また、ホームページを作成したらSEO対策も必要です。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンに自社サイトを最適化し、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、検索上位に表示されるよう対策を施すことです。

より集客効果を高めるためにも必須の対策と言えるでしょう。

SNS

建設業界の課題を解決するマーケティング施策SNSのイメージ画像

マーケティングでは、TwitterやInstagramなどのSNSマーケティングも重要です。スマートフォンの普及とともに、SNSの利用者は増えています。

SNS運用のメリットは、ユーザーとの直接のコミュニケーションツールとして、企業情報の発信やユーザーの声の抽出ができるなど、双方向でのマーケティングが可能な点です。

単なる広告の発信媒体ではなく、ユーザーと企業の距離を縮めるツールとして、多くの企業が活用しています。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、顧客情報の収集管理見込み顧客の育成など、デジタルマーケティングを自動化・効率化するためのツールです。

現代の消費者は、WebサイトやSNSなど、さまざまな媒体を通じて情報を収集し、購買活動へとつなげます。

消費者の多様化に合わせて、企業側もよりきめ細やかな対応が求められるため、効率的に行えるマーケティングオートメーションツールは、必須といえるでしょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告ともいい、検索で関連するキーワードが検索された際に検索結果の上位に表示される広告のことを指します。

SEO対策などを行わなくても、広告費をかけることですぐに高い効果を得られる点で優れたマーケティング施策です。

キーワードを指定することで、自社の見込み顧客に的を絞ってアプローチすることが可能な点もメリットでしょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアLPスクリーンショット

ポジショニングメディアとは、業界内における自社のポジションや特徴を明確にし、競合他社との差別化・独自化することで、成約率の高い集客を実現するマーケティングメディアのことを指します。ポジショニングメディアでは、

競合他社にはない自社商品の優位性を訴求し、自社商品に魅力を感じている優良な見込み客の集客

が可能です。キャククル運営元の全研本社では、難易度の高いBtoB企業のポジショニングメディア構築支援を行っており、これまで120以上の業種8,000サイト以上の導入実績があります。

自社の強みを見出す調査や、マーケティング分析から構築まで幅広く対応しておりますので、ポジショニングメディアの構築にご興味がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

ポジショニングメディアの
導入事例を見る

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で保有しているメディアの総称で、マーケティングにおいては自社のWebサイトやブログなど、自社の認知やブランディングを目的としたメディアのことを指します。

建材業界の商品は、購入サイクルが非常に長く企業や商品が認知されにくいため、認知を向上させるオウンドメディアの構築は非常に重要です。

キャククル運営元の全研本社では、オウンドメディアの構築支援も行っております。

全研本社のオウンドメディア構築では、一般的なオウンドメディアよりも購買意欲の高いユーザーにアプローチできるコンテンツを作成し、売上に直結するメディア構築ができる点が特徴です。

先程ご紹介したポジショニングメディアの構築と合わせ、高い効果が期待できますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

建材業界にとってもマーケティング戦略が重要

建材業界でマーケティングを実施するイメージイラスト

コロナ禍の影響や急激なデジタル化の進展などにより、建材業界においてもマーケティング戦略の重要性は日増しに高まっています。

消費者の認知が低く、他社との差別化が難しい建材業界だからこそ、自社の独自の強みを押し出し、ポジショニングを明確にして情報発信するマーケティングが重要です。

キャククル運営元の全研本社では、ポジショニングメディア・オウンドメディアの構築・運用支援をはじめとして、さまざまなマーケティング戦略の構築・運営支援を行っています。

貴社の強みに合わせたマーケティング戦略をご提案させていただきますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Web集客の相談をする

ページトップへ