一条工務店の経営戦略のポイントや強みを知る

一条工務店の経営戦略のポイントや強みを知る
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スローガンは「家は、性能。」、全国で年間1万件以上の注文住宅を手がけている一条工務店は独自の躍進を続けている企業です。

複数の大手ハウスメーカーがテレビCMなどで有名タレントを起用して大々的にプロモーションを行うなか、一条工務店はテレビでの宣伝活動をほとんど行っていません。

それにもかかわらず、これほどまでに成果をあげている理由はどこにあるのでしょうか。ここでは、一条工務店の経営戦略について考えていきます。

一条工務店の経営戦略のポイント

一条工務店公式サイトキャプチャ
引用元:一条工務店公式サイト「https://www.ichijo.co.jp/」

一条工務店の経営戦略のポイントは、家づくりにおいて性能にとことんこだわる姿勢です。

スローガンからわかるとおり、創業から一貫して性能を追求し「お客様の理想の住まいをどうすれば実現できるか」を考え続けているとのこと。高機能・高性能住宅を標準とした家づくりを徹底しています。

高性能を標準仕様で提供

一条工務店は断熱気密性が高い家、全館床暖房の家づくりを得意としています。そして、他のハウスメーカーと比べて自社が選ばれるためにはどうすれば良いかを考えた結果、どんな顧客に対しても「高性能」を提供することが大切という結論にたどり着きました。

断熱性や床暖房の仕様を標準化し、予算を問わず高性能な家が手に入るようにしたのです。

一貫して性能の良さをアピールすることが顧客に印象付けられ、受注へとつながっていきました。

モデルハウスに注力

標準仕様が高性能で充実していることを実際の家で体感してもらうため、モデルハウスの建築に注力しました。しかも、あえて大手ハウスメーカーが出展している展示場に進出して、競合には提供できない「自社の強み」を現場でしっかりとアピールしていきます。

性能の良い家を実感しやすいモデルハウスや見学会でのプレゼンは、これから家を建てたいと考えている顕在層に対して効果的なアプローチとなり、次々と受注に結びつきました。

「百聞は一見にしかず」を実現するシンプルな方法を積み重ねてきたことが、成果としてあらわれたといえます。

一条工務店は全国の総合展示場で棟数を増やし続け、今では住宅業界で出店棟数最多の企業とされています。

「権威付け」で信頼度を向上

一条工務店は、高性能な家や自社の持つ技術をさまざまなコンクールへ積極的にエントリーしてアピールしています。「省エネ大賞 経済産業大臣賞」「グッドデザイン賞」など、多くの公的な賞を受賞することで「評価を見える化」しました。そして、数々の受賞歴を公式サイトやカタログなどでしっかりとアピールしています。

自社の製品やサービスを評価してもらうことが顧客の信頼度アップにつながり、住宅の知識がない人にも分かりやすいアプローチとなりました。さらに、「年間でもっとも売れている注文住宅会社」「最も多くの太陽光搭載住宅を建てた会社」でギネス世界記録を達成するなど、一般のハウスメーカーが取り組んでいないユニークな称号でもプロモーションしています。

「権威付けマーケティング」をうまく活用している企業といえるでしょう。

メリットの合わせ技

1978年の創業以来、省エネ住宅の普及に力を注いできた一条工務店。自社の強みである高気密・高断熱、床暖房を標準仕様にした家が、環境に配慮されているだけでなくさまざまなメリットをもたらすことを上手く伝えています。省エネという地球環境に配慮した取り組みを軸に、快適さ、健康、光熱費削減といった「暮らす人のメリット」に絡めた打ち出し方が秀逸です。

「高性能」という強みを「メリット」や「ベネフィット」に変換し、分かりやすく伝えている点が、成功につながっていると言えるでしょう。

快適と省エネを両立できる家

「高気密・高断熱」の家は夏の暑さや冬の寒さを効果的に軽減できて快適なのはもちろん、冷暖房費も節約できると提案しています。断熱性が優れている自社製品の強みが年中快適さをもたらし、環境へも配慮できるとして説得力を高めています。

温度差のない健康的な家

「全館床暖房」の家にすることで、どの部屋にいても温度差を感じないメリットを得られるほか、トイレや浴室での「ヒートショック」を軽減できるとアピール。快適さと健康的な生活の両方を手にできると上手く伝えています。

一条工務店の経営戦略まとめ

一条工務店の経営戦略とその強みは、「会社の強みである技術力が、消費者にとってはメリットである」と分かりやすく伝えている点にありました。家の性能や品質と真摯に向き合いながらしっかりと魅力を伝えることで、着実に消費者の信頼度を高めてきたといえます。

これからは「超省エネ×超健康」をモットーに、環境と共生しながら省エネ・創エネができる家、住むだけで健康になる家など、性能を進化させることで未来への貢献につながる家を提供していくとのこと。性能の追求を止めない姿勢が、今後も「顧客=ファン」を増やし続けるにちがいありません。

利益が出る!工務店の
経営戦略のポイントを紹介
注文住宅・ハウスメーカーの
集客広告戦略まとめ

ページトップへ