モデルハウス向けランディングページを活用して購買意欲を高める

モデルハウス向けランディングページを活用して購買意欲を高める
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

モデルハウスを展開する工務店向けのランディングページの役割

モデルハウスを展開する工務店向けのランディングページの役割
モデルハウスを展開していくうえで、欠かせないのがランディングページです。ランディングページを制作することでさまざまな効果を得ることができますが、ここではその役割について解説します。

ユーザーをコンバージョンへ誘導する

ランディングページはホームページと間違われやすいですが、あくまで「購買」や「問い合わせ」を向上していくために用いられます。そのため、ランディングページを作成することで目的地へユーザーを誘導する効果が得られます。

目的地、いわゆる最初に設定されたゴールはサイトによって異なりますが、わかりやすいのが問い合わせや見積もり依頼になります。要するに“コンバージョンへ誘導できる”のがランディングページなのです。

このように、ランディングページは目的地が明確でなければ効果は半減してしまいます。ですから作成する際は、しっかりゴールを設定しそれに合わせたページを作っていくことが大切です。

自社のモデルハウスをユーザーに知ってもらうため

もちろん、ユーザーを目的地へ誘導するだけがランディングページの役割ではありません。最終目的は購買と問い合わせですから、それらを促すことが重要になります。そのためには、実績のあるプロや競合他社と差別していく必要があるでしょう。

いかに自社のモデルハウスを知ってもらえるのか、また、自社を利用するとどんなメリットがあるのか、ユーザーにしっかり知ってもらうことが大切です。そのためのポイントは“購買意欲を刺激する”こと。メリットを明確にし、どんどん自社をアピールしていきましょう。

営業のセールストークに代替する役割

会社のメリットを提示し、ユーザーに購買意欲を促すのは営業マンの営業トークと同様です。それを考えると、ランディングページはWeb上の営業マンと考えて良いでしょう。オフラインで行う営業と同じことをオンライン上でも行うと考えると、意外と難しいことではありません。

いかに自社サイトをアプローチできるか、購買意欲を刺激することができるかが重要になってきます。工務店なら「お客さんの成功事例」を書き込んだり、「スムーズに施工できるかをアピール」したりなどがポイントです。

工務店向けのランディングページ制作時のポイント

工務店向けのランディングページ制作時のポイント
ランディングページは、企業によって制作時のポイントが微妙に異なります。ここでは、モデルハウスの工務店向けのランディングページの作り方について簡単に紹介します。

ファーストビューで全て決まる

いわゆる“第一印象”です。営業マンにおいても第一印象が重要になるのと同じで、ランディングページでもそれは欠かせません。特に、ランディングページはWeb上で行いますから、よりファーストビューでユーザーの興味を惹く必要があります。

そのためには、具体的な実績やわかりやすいサービス内容が効果的でしょう。誰が読んでも理解できる、簡潔でキャッチーなメッセージや写真を載せるのもおすすめです。

コンバージョンコンテンツはキャンペーン内容を意識する

コンバージョンコンテンツは、ランディングページを制作するうえで欠かせません。このコンテンツによって売り上げも大きく変わってきますから、内容を意識して作っていく必要があります。おすすめは“キャンペーン内容”です。クーポン券や期間限定の割引券など効果的でしょう。

ユーザーへの問いかけ

ユーザーに寄り添う対応は信頼関係を築くことができ、継続的な購買欲を維持できるようになります。たとえば「悩み相談」です。ユーザーが疑問に感じていることや求めていることなどを言語化し提示することで、安心して利用してもらえるようになります。

ただし、ターゲット設定やペルソナが弱いと、ランディングページを訪問するユーザー層と不釣り合いになるので注意してください。

自社のこだわりや強みを強調する

競合他社と差別化を図るために、自社のこだわりや強みをしっかり強調していきます。ユーザーに「ここでしか利用できない」と思わせることが大切です。そのためには抽象的な表現はNGです。数字や実績を具体化することで伝わりやすくなるでしょう。

自社がユーザーに選ばれる理由を伝える

自社を選ぶと「こんなにお得なことがある」など、自社が選ばれる理由を十分に伝えることも欠かせません。工務店なら、早期申し込みによる割引サービスや木造建築に特化している、などが挙げられます。ひとつ前の強みと差別化して、紹介するようにしてください。

問い合わせからサービス開始まではフローチャート化してわかりやすく

問い合わせの流れがわかりにくいサイトは、2回目も訪問しようとは思いません。また、ユーザーに不安を与えてしまう可能性もあるので、問い合わせからサービス開始まではフローチャート化し、わかりやすくする必要があります。その際、フォントやデザインなどを意識して制作していくと、よりわかりやすくなるでしょう。

ユーザーの声をコンテンツに入れる

いわゆる「お客さまの声」です。体験談をコンテンツに盛り込むことで、ランディングページに訪問したユーザーがイメージしやすく、安心して依頼できるようになります。また、コンバージョン率も高められるので積極的に取り入れてみてください。

Q&Aを入れて疑問点などを払拭しておく

ユーザーに安心感を与えるためには、疑問点をそのままにするのはNGです。「よくある質問」を入れ、不透明な箇所を払拭しておきます。たとえば、過去にあった質問や頻度の多い質問などが効果的です。

Q&A形式で掲載することで、見やすくわかりやすくなるでしょう。工務店なら「施行期間」「対象外の物件」などが挙げられます。

ランディングページ制作の相場・料金

ランディングページ制作の相場・料金
ランディングページ制作にあたり、どれくらいの料金が必要になるのか相場を解説します。ランディングページにも短め・一般的・セールスコピー特化などさまざまな方法がありますので、参考にしてみてください。

短めのランディングページ

必要なコンテンツのみを盛り込んだランディングページの場合、相場は40~50万円程度になります。ボリューム的にはA4用紙6枚分と言うとわかりやすいかもしれません。短めのランディングページでありながら必要な内容はしっかり詰まっているので、費用を抑えたい方におすすめです。

一般的なランディングページ

一般的にはA4用紙およそ8枚分程度になります。相場は70~80万円程度。短めのランディングページに比べて情報量が多いので、十分に伝えたい方に適しています。「どんなランディングページにしたら良いかわからない」という方にも良いでしょう。

セールスコピーを特化させたランディングページ

コンテンツ量を増やしたり、訴求ポイントを整理したい場合に適しています。上記2つのランディングページと違い、セールスコピーに特化しているので料金は高くなりますが、成果率が上がりやすいので十分な効果を得たい方に良いでしょう。

相場は、プロのセールスコピーライターに依頼した場合100~120万円程度。オプションを追加すると高くなりますが、本格的なランディングページが完成します。

「モデルハウスのプロモーションにはランディングページが必要不可欠」

モデルハウスのプロモーションにはランディングページが必要不可欠
モデルハウスは、家を紹介するだけでなく、いかにユーザーの購買意欲を刺激し問い合わせを向上するかが成功のカギになります。そのために欠かせないのがランディングページです。ランディングページは購買・問い合わせ向上を目的としているのでまさにモデルハウスにぴったりです。

モデルハウス向けのランディングページの制作はもちろん、ランディングページを受け皿にWeb集客を検討しているのでしたらキャククル運営元の全研本社までお気軽にご相談ください。

貴社を取り巻く市場環境や競合状況、Web状況を分析した上でマーケティング戦略にのっとったランディングページを制作させていただきます。

ランディングページ制作の
ご相談はこちらから
売れる工務店の
集客方法とは?
注文住宅のマーケティング戦略

ページトップへ