屋根修理・屋根工事店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介

屋根修理・屋根工事店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

屋根修理・工事業者の集客方法・広告施策を考える前に!ターゲットは明確にする!

集客を成功させるには、まずはターゲットを明確にすることが重要です。ターゲットにしたい顧客層を明確にしなければ、屋根修理や工事業者に適切な集客を行うことができません。

集客を行う際に重要になるのは、修理内容や修理価格ではありません。依頼をしたいと思う人が、「この業者なら依頼できるな」と思ってもらえることが重要です。そのためには自社の強みが刺さるターゲットを見つけて、依頼する側も、される側もwin-winになるような集客を行えることが理想ではないでしょうか。

どのような宣伝方法があるのか、細かく見ていきましょう。

屋根修理・工事業者の宣伝集客方法のアイデア集

ダイレクトメール

事前に住所など情報を回収していることが前提になりますが、ダイレクトメールを送付するというのはいかがでしょうか。

プッシュ型のメディアとなるため、郵便ポストを開けば、必然的に情報が目に留まります。そのため屋根修理や工事のニーズが顕在化している層はもちろん、潜在的な層にもアプローチすることが可能です。

紹介(紹介カード)リピーター集客

修理業者は、業者のスキルにムラがあると考える方も少なくありません。その際「紹介」は、既に技術が安定化していることを前提に、安心して活用できる手法ではないでしょうか。

紹介をしてもらいやすくしてもらうために、紹介カードなどを用意しておくのが良いでしょう。いざという時に紹介してもらえる確率が高くなるかもしれません。

新聞雑誌広告

屋根修理や工事が必要になる層が一軒家を持っている層だと考えれば、新聞購読をしている可能性は高いのではないでしょうか。そのため新聞雑誌広告を活用するのも効果的かもしれません。

また、個人宅だけではなく、民間のセンターや施設などもターゲットにできる可能性があります。大規模な修理や工事を行うことができる場合、新聞雑誌広告も効果的かもしれません。

看板

車で通行している人や、通行人の目につくように、看板を設置しておくというのはいかがでしょうか。大きな看板であれば目に入りやすく、集客という観点では非常に効果的です。

地元密着型の企業などは、特に有効な手法と言えるでしょう。

プレスリリース

個人宅ではなく、業者をターゲットとする場合はプレスリリースも有効です。「プレスリリースなんて見る人いるの?」と考える方もいるかもしれませんが、情報がオンラインで検索できるようになるという観点から、非常に有効です。

ニュースをキーワードで通知されるように設定している人も多く、上手くいけば多くの問い合わせ獲得につなげることができるでしょう。

地域の集客イベント

地元に密着した看板業者の場合、地域の集客イベントに参加するのも非常に効果的だと言えるでしょう。地元で本当に情報が必要な人がイベントへ参加してくるので、マッチングの確率が高くなると言えます。

地元で開催されている場合には、参加費用が安いことも多いため、参加してみるのも良いでしょう。

ホームページ

自社公式ホームページ

最も一般的なのは、自社公式のホームページではないでしょうか。自社に適した情報を自社で選んで掲載できるため、好きな情報を好きな量だけ掲載できるというメリットがあります。

情報を蓄積する場所として置いておくことで、長く継続して情報をオンライン上に置いておくことが可能です。

オウンドメディア、自社ブログ

顕在層ではなく潜在層を獲得するために、関連する情報を掲載するオウンドメディアや自社ブログも、非常に効果的な手法と言えるのではないでしょうか。

一般的な公式ホームページの場合、ニーズが既にある状態で検索するのが一般的です。しかしオウンドメディアや自社ブログの場合、関連している情報を検索していると、自社情報にたどり着く可能性も高く、長期的に効果を狙う施策としては非常に有効です。

ポジショニングメディア

住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
他社にはない強みを打ち出したメディアとして知られるポジショニングメディアは、自社の強みを打ち出す施策として非常に有効です。
こちらは後半でも細かくご紹介します。

SNS・動画

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、Googleマップ上に自店舗の情報を掲載できるものです。
費用は掛からず掲載できるほか、特に修理の場合には自宅からの距離も重要な検討事項となる可能性があります。したがって登録しておいて損はないと言えるでしょう。

Facebookページ

自店舗のFacebookページを公開しておくのも集客には効果的です。
無料で作成できるほか、年齢層が高くなるほどFacebookの利用率が高くなるため、ターゲットが多く閲覧する可能性が高いと言えます。

Twitter

気軽に情報を発信するという観点では、SNSは非常に効果的です。写真なく、テキストのみで発信ができるTwitterは、SNS初心者の方にとっても非常に効果的な使い方を期待することが可能です。

Instagram

修理した屋根の様子を写真で投稿するなら、Instagramがオススメです。
ハッシュタグなどを駆使することで、検索にも引っ掛かりやすくすることが可能です。

LINE@

日常的にコミュニケーションを取りたいという場合には、LINE@がオススメです。
一般的なLINEのように気軽に顧客とのコミュニケーションを取ることができるため、電話を使わなくても細かな調整も可能となります。

その他

その他、動画を投稿するためのYouTubeや、公式ホームページの代わりに情報を掲載しておくエキテンなど、SNSと融合させて活用することで、より効果を期待することが可能となります。

その他リスティング広告などを活用することで、自身が望むページへ積極的に誘導することが可能となります。
どれかひとつではなく、複合的に活用することが重要です。

屋根修理・工事業者が特に検討したい広告宣伝方法はこれ

最も有効なのは、身近な人からの口コミです。日頃何度も利用しない屋根修理や工事だからこそ、良かった業者は既に利用している人の口コミが重要となるのです。そのため、ひとつひとつの戦略はもちろんですが、実際に利用した人の声というのが非常に大きな役割を果たすのです。

もちろん、Web上の戦略も非常に重要となります。公式ホームページはもちろん、Googleマイビジネスなどを駆使することで顧客に見つけてもらいやすくする工夫は非常に重要です。

しかし新規顧客にとって、屋根修理・工事業者というのは、どれも同じように見えているという問題があります。ものすごく特徴がない限り、ユーザーにとって、屋根修理・工事業者というのは、どこも同じに見えてしまうのです。

まず屋根修理・工事業者を選ぶ際には、信頼できそうかどうかを判断します。
その判断するポイントは、以下のようなものが考えられます。

・屋根修理、リフォームを専門としている会社か?
・現地調査をしてくれるか?
・見積もりが適切か?価格設定が明確か?価格設定の裏付けがあるか?
・対応が迅速か?
・アフターサービス・補償があるか?
・顔が見えるか?

ただ最近は業界的に情報提供の水準が上がってきたため、これだけでは差別化が難しくなってきています。むしろ上記のような内容は、最低限提示されるべき情報となってきています。最低限の定義が上がってきたということは、その他の情報で補うことが重要となります。

集客宣伝の前にもっと大切なのは、ポジショニング

ポジショニングとは、自社独自の強みを明確に打ち出すことを指します。ポジショニングを明確に行えば、強みを明確に打ち出した上で、他社との差別化を行うことが可能です。

効果的にブランディングを行うことが可能なため、自社の強みを明確に打ち出し、顧客をファン化させることもできます。ポジショニングメディアの詳細は、以下よりご確認ください。

ポジショニングメディア
について詳しく
web集客のご相談はこちら

ページトップへ