屋根修理・屋根工事店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介

屋根修理・屋根工事店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、屋根修理・屋根工事店の集客方法や広告施策を紹介しています。「お客さんを増やしたい」「成約・売上に繋がる広告がないか」と考えている方は参考にしてみてください。

なお、「月間で30件増えて3割は契約している」や「契約単価が1000万円向上した」といった成果を上げたポジショニングメディア施策も紹介しています。

屋根修理・工事業者の集客方法を考える前に、ターゲットを明確にする

集客を成功させるには、まずはターゲットとする顧客を明確にすることが重要です。なぜなら、明確なターゲットなしに打ち出す集客・広告施策は費用ばかりかかり、なかなか成約に繋がらないからです。

集客を行う際には、必ずしも修理内容や価格が決め手ではありません。お客さんに「この業者は自分にピッタリだ」と思ってもらえることが重要です。自社の強みが刺さるターゲットを見つけて、お客さんと自社が両方得する集客を行うことが理想です。

力を入れたい集客・広告手法は、自社のターゲットによって変わってきます。たとえば、50代以上をターゲットとするのであれば、新聞広告が良いでしょう。逆に比較的若い客層の場合はWeb広告のほうが成果が見込めると言えます。

また「特殊で質の高い材料・技術にこだわっている」といった強みも、特定の条件を満たしているユーザーへのアプローチがしやすいインターネット広告が向いています。

それでは、屋根修理店・工事店で使える集客・広告手法を細かく見ていきましょう。

屋根修理・工事業者の宣伝集客方法のアイデア集

ポスティング

ポスティング(チラシなどの投函)はもっとも一般的な集客・広告手法の一つ。業者に依頼すれば住所のリストを事前に作らなくてもすぐに打ち出せる施策です。

ポスティングの主なメリットは、郵便ポストを開けば必然的に情報が目に留まることです。屋根修理や工事のニーズが顕在化している層はもちろん、潜在的な層にもアプローチすることが可能です。

一方デメリットは、チラシっぽいものを迷惑扱いしてよく見もせずそのまま捨てる人も多いことです。顕在層にアプローチできるといっても、覚えてもらえるにはチラシのデザインやメッセージの工夫が必要と思われます。

紹介キャンペーン

修理業者は、業者のスキルにムラがあると考える方も少なくありません。また屋根修理・工事は高価なコストがかかるため、信頼性が求められます。

そこで過去のお客さんに次のお客さんを紹介してもらうのは、信頼を得るのに良い手段なのではないでしょうか。

紹介キャンペーンでもっとも大事となるのは、紹介する人の動機づけです。紹介での依頼があった際につける「特典」などを考えると、紹介してもらえる確率が高くなるでしょう。

新聞雑誌広告

全国の新聞購読率は年々減少しています。ただし、屋根修理や工事が必要になる層が一軒家を持っている層だと考えれば、新聞購読をしている可能性も高いのではないでしょうか。

NHKの「国民生活時間調査」(2020年)によると、日常的に新聞を読んでいる人が25%以上を占めている世代は、50代以上です。
・50代:約25%
・60代:約45%
・70歳以上:約67%
※平日・土曜日・日曜日の平均

こちらの世代をターゲットそるるのであれば、新聞雑誌広告の活用が特に効果的と言えます。

また新聞広告は個人宅だけではなく、民間のセンターや施設などもターゲットにできる可能性があります。

看板

車で通行している人などの目につくように、看板を設置しておくのも昔ながらの広告手法です。大きな看板であれば目に入りやすく、見込み顧客に認知してもらうには効果的です。

当然ながら、看板広告の効果は設置場所・設置エリアによって大きく変わります。広告を打ち出している地域に密着している企業は、特に成果が見込めます。

ホームページ・Webサイト

インターネットを活用する集客手法は多岐にわたりますが、もっとも一般的なのは自社の集客目的で運営するホームページ・Webサイトです。

ここでは、自社ホームページ・Webサイトを活かしたいくつかの選択肢を紹介します。

公式ホームページ

自社の公式ホームページは既に持っている屋根を修理・工事店も多いため、取り組みやすいWeb施策と言えるでしょう。伝えたい情報を自社で自由に選んで掲載できるため、好きな情報を好きな量だけ掲載できるというメリットがあります。

公式ホームページの活用において、一回作ったものをそのまま置きっぱなしにせず、継続的に改善を行うことが重要です。代表的な対策は、下記の2つです。

  1. Googleなどの検索結果の上位に表示されるために内容を編集する(SEO)
  2. ターゲットとしている顧客に自社の魅力が伝わるように内容やデザインを変える(小規模な改善、またはサイトのリニューアル)

SEO対策は自社が欲しいお客さんに見つかりやすくなること、リニューアルは自社を選ぶユーザーの増加を目的としています。インターネットで情報収集を行っている人の割合は右肩上がりのため、うまく対応すれば大きな集客効果が見込めます。

オウンドメディア、自社ブログ

オウンドメディアや自社ブログは、公式ホームページの延長として捉えると分かりやすいかもしれません。

公式ホームページの性質上、主な検索キーワードは会社の名前が多いです。そのため、自社をまだ認知していない(いわゆる潜在層)へのアプローチが難しい場合があります。

オウンドメディアや自社ブログは、ネット上で自社をより広い客層に認知してもらうための手法です。屋根修理・工事や自社の動きに関連するブログ記事などを投稿することによって、将来的に顧客となり得る人との接触・信頼関係構築が可能です。

一方、記事作成などに手間がかり、成約や売上といった「成果」と比較的遠いのはデメリットと言えるでしょう。オウンドメディア・自社ブログを具体的な成果に繋げるには、相当なノウハウが必要です。<

ポジショニングメディア

住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアは、競合との差別化と特定した顧客に対する自社のアピールに特化したWebサイトです。

たとえば同じ地域でも、屋根修理・工事を提供している企業が複数ある場合が多いです。そこで見込み顧客はほとんどの場合、どの業者に依頼すればベストかと、比較検討を行います。

ポジショニングメディアは正に比較検討中のユーザーをターゲットとしています。なぜなら、そういったユーザーが成約に繋がる可能性が高いからです。その可能性を更に高めるため、ポジショニングメディアは比較検討中のユーザーの中でも自社の強みを求めているユーザーにターゲットを絞っています。

ポジショニングメディアを導入した結果、下記のような成果が上がっております。

  • 年間100件以上の会員登録が増え、そこから大体月2棟が契約
  • 飛び込みのお客様が月間で30件増えて3割は契約している
  • 自社コンセプトにマッチした見込み顧客が増え、契約単価が1000万円向上した

ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

自社を選んでもらえる
ポジショニングメディア戦略

SNS・動画

SNSや動画による広告は近年、話題になっています。ここでは、屋根修理・工事店んでも打ち出せるいくつかの施策を紹介します。

Facebookページ

自店舗のFacebookページを公開しておくのも集客には効果的です。無料で作成できるほか、年齢層が高くなるほどFacebookの利用率が高くなるため、ターゲットが多く閲覧する可能性が高いと言えます。

Twitter

気軽に情報を発信するという観点では、SNSは非常に効果的です。写真なく、テキストのみで発信ができるTwitterは、SNS初心者の方にとっても非常に効果的な使い方を期待することが可能です。

Instagram

修理した屋根の様子を写真で投稿するなら、Instagramがオススメです。ハッシュタグなどを駆使することで、検索にも引っ掛かりやすくすることが可能です。

LINE@

日常的にコミュニケーションを取りたいという場合には、LINE@がオススメです。一般的なLINEのように気軽に顧客とのコミュニケーションを取ることができるため、電話を使わなくても細かな調整も可能となります。

その他

その他、動画を投稿するためのYouTubeや、公式ホームページの代わりに情報を掲載しておくエキテンなど、SNSと融合させて活用することで、より効果を期待することが可能となります。

その他リスティング広告などを活用することで、自身が望むページへ積極的に誘導することが可能となります。どれかひとつではなく、複合的に活用することが重要です。

屋根修理・工事業者が特に検討したい広告宣伝方法はこれ

新規顧客にとって屋根修理・工事業者というのは、どれも同じように見えているという問題があります。どの集客施策を講じたり、広告を出したりするにしても、重点を置く点(=自社の強み)とターゲットを決めた上で考えるのがベストです。

見込み顧客が屋根修理・工事業者を選ぶ際には、まず信頼できるかどうかを判断します。その判断するポイントは、以下のようなものが考えられます。

  • 屋根修理、リフォームを専門としている会社か?
  • 現地調査をしてくれるか?
  • 見積もりが適切か?価格設定が明確か?価格設定の裏付けがあるか?
  • 対応が迅速か?
  • アフターサービス・補償があるか?
  • 顔が見えるか?

ただし、最近は業界的に情報提供の水準が上がってきたため、上記の点だけでは差別化が難しくなってきています。むしろ上記のような内容は、最低限提示されるべき情報となってきています。最低限の定義が上がってきたということは、その他の情報で補うことが重要となります。

自社の強みを決めて、ポジショニングを行おう

「自社だけの突出した強みなんてないよ」と考えている屋根修理・工事店も多いのではないでしょうか。

しかし、強みを定義するための条件や競合との比較軸、ターゲットとする見込み顧客を絞り込めば、自社が1番となっている点が必ず見つかります。この点さえ把握して、適切な手法で伝えれば、顧客も集まります。この活動はポジショニングとも呼ばれます。

「色んなことをやってみたが、どうしても反響が取れない」「競合とどう差別化すればいいのかよく分からない」といった悩みを抱えている方は、ぜひ一度キャククルに無料で相談してください。120以上の業界で集客実績を上げてきた経験をもとに、御社の課題に合ったな集客戦略を提案いたします。

Web集客について相談する
ささいなことでもお気軽にお声がけください

ページトップへ